前山 裕亮

金融研究部 研究員

前山 裕亮(まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

前山 裕亮のレポート

2017年12月07日

国内株式内での中小型株シフトが顕著に~2017年11月の投信動向~

57346_ext_03_0_S.jpg

2017年11月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外の資産クラスでは資金流入していた。その中で、特に外国株式の資...

続きを見る

2017年12月05日

確定拠出年金と親和性が高いロボ・アドバイザーツール

57250_ext_03_0_S.jpg

近年、様々なロボ・アドバイザーツール、通称ロボアドが提供されてきている。ロボアドとはインターネット上でポートフォリオを提案してくれる新しいサービスである。...

続きを見る

2017年11月21日

伸び悩むキャッシュ・フロー~日本株式の重石になる可能性も~

57220_ext_03_0_S.jpg


9月中旬から右肩上がりに上昇してきた日本株式ですが、11月8日に高値をつけた後は調整しました。株価が調整した要因の一つとして、キャッシュ・フローから見た割...

続きを見る

2017年11月07日

国内中小型株のアクティブ・ファンドが健闘~2017年10月の投信動向~

57073_ext_03_0_S.jpg

2017年10月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、9月から引き続き国内株式からの資金流出が大きく、流出金額は3,000億円に迫...

続きを見る

2017年11月01日

資本コストから見たPBR効果2~リーマン・ショック以降、なぜ効果が見られにくくなったのか~

57026_ext_03_0_S.jpg


日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも、高い収益が得られる傾向があります。近年、PBR効果があまり見られなくなっていました...

続きを見る

2017年10月04日

アクティブ・ファンドは当たり外れが大きい?~2017年9月の投信動向~

56825_ext_03_0_S.jpg

2017年9月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式からの資金流出が大きく、流出金額は2,000億円を超えた。9月の国内株...

続きを見る

2017年09月08日

新興国株式投資は分散が重要?~2017年8月の投信動向~

56594_ext_03_0_S.jpg

2017年8月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外は資金流入しており、全体で5,000億円を超える資金流入があっ...

続きを見る

2017年09月05日

資本コストから見たPBR効果~要因分析から今後の動向を考える~


日本の株式市場では、低PBR銘柄への投資は高PBR銘柄へ投資するよりも高い収益が得られる傾向があります(本稿ではこの傾向を「PBR効果」と呼びます)。アベ...

続きを見る

2017年08月07日

人気に陰りが見え始めた毎月分配型~2017年7月の投信動向~

56349_ext_03_0_S.jpg

2017年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式から資金流出していたものの、流出金額は30億円程度と小額であった。国内...

続きを見る

2017年07月06日

注目が集まる?中国A株ファンド~2017年6月の投信動向~

56125_ext_03_0_S.jpg

2017年6月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、5月から引き続き国内株式からの資金流出が大きかった【図表1】。流出金額は、5月...

続きを見る

2017年06月07日

逆張りされる国内株式ファンド~2017年5月の投信動向~

55915_ext_03_0_S.jpg

2017年5月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式からの資金流出が大きく4,000億円に迫った【図表1】。内外REITに...

続きを見る

2017年05月10日

ハイリスク・ハイリターンな新興国株式~2017年4月の投信動向~

55681_ext_03_0_S.jpg

2017年4月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型に資金流入していた。2つの流入金額はともに1,000億円を...

続きを見る

2017年04月07日

メキシコ関連ファンドが好調~2017年3月の投信動向~

55452_ext_03_0_S.jpg

2017年3月の国内公募追加投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、外国株式とバランス型への資金流入が大きかった。流入金額はともに2,000億円を超...

続きを見る

2017年04月05日

例年、楽観的な市場関係者の業績予想

株式市場では、新年度の企業業績に注目が集まってきている。足元、新年度は二桁増益で2年連続の最高益更新との声がある。しかし、過去振り返ると証券会社などの市場...

続きを見る

2017年03月09日

ヘルスケア・バイオ系ファンドが復調?~2017年2月の投信動向~

55241_ext_03_0_S.jpg

2017年2月の国内公募追加投信(ETFを除く)の資金の流出入の推計値を見ると、1月から引き続き国内株式と外国REITの資金流出が大きかった。ただし、流出...

続きを見る

2017年02月23日

国内の新興市場株ファンドが健闘~2017年1月の投信動向~

55129_ext_03_0_S.jpg

2014年にNISA(少額投資非課税制度)がスタートし、さらに2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の加入対象者が拡大するなど、個人の...

続きを見る

2017年01月11日

日本株式の年初の見通しはなぜ強気になりやすいのか~背景にあるのは楽観的な業績見通し~


2017年が始まりました。2016年の株式市場は大荒れでしたが、「申酉(さるとり)騒ぐ」の相場格言どおりに、酉年の今年も荒れる相場になるのでしょうか。株式...

続きを見る

2016年12月08日

ロボ・アドバイザー入門

54511_ext_03_0_S.jpg


2016年も残りわずかになりました。今年の流行のひとつとして、AI(Artificial Intelligence:人工知能)が間違いなく挙げられるのではな...

続きを見る

2016年10月05日

低PBR株の復活は時期尚早か

リーマン・ショック以降、日本の株式市場で低PBR株のパフォーマンスが相対的に低迷してきた。足元やや復調の兆しが見えるが、これまで低迷してきた要因を考えると...

続きを見る

2016年08月23日

消えたPBR効果~足元の復調は続くのか~


PBR(Price to Book-value Ratio)とは、株価を自己資本で割った指標です。自己資本に対してPBRが大きいほど株価は割高、小さいほど株価は...

続きを見る

2016年06月27日

プログラミング教育は必要か?~初等中等教育での必修化について考える~

53232_ext_03_0_S.jpg

小学校、中学校でプログラミング教育が必修化されるかもしれません。政府は2020年度を目標に初等中等教育でプログラミング教育の導入を検討しています。そもそも...

続きを見る

2016年03月24日

リスク・パリティによるスマートベータの合成


2013年ごろから投資家の間で徐々に注目され始め、2014年にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が採用したことで一段と注目度が高まったスマートベー...

続きを見る

2016年03月15日

目減りする企業の資産~外貨建資産、有価証券の評価損にご注意を~


株式市場では、外部環境が大きく変動する中、企業業績に対する不透明感が増しています。そのため、企業が保有している資産を元にした指標であるPBR(Price B...

続きを見る

2016年01月08日

追い風参考記録にはご注意を!!-中長期的に株式市場を見通す上で

株式市場は時価総額が25年ぶりに最高額を塗りかえた。一部ではバブルを警戒する声もあるが、足元の好業績を踏まえると、株式市場に過熱感はなくその兆候は見られな...

続きを見る

2016年01月04日

時間を味方にするのも大変~積立貯蓄の真実~

51871_ext_03_0_S.jpg

2016年が始まりました。昨年までのことを一旦リセットして、新たな気持ちで迎えられた方も多いと思います。中には今年こそ貯蓄をするぞと意気込んだ方もいるので...

続きを見る

2015年11月20日

追い風参考記録にはご注意を!!~中長期的に株式市場を見通す上で~


株式市場では時価総額が25年ぶりに最高額をつけました。一部ではバブルの再来を懸念する声があります。足元の好業績を踏まえると、株式市場に過熱感はなくバブルの...

続きを見る

2015年11月05日

手放しでは喜べない最高益更新

東証一部企業は2013年度、2014年度に2期連続で最高益を更新した。2015年度も二桁増益が見込まれ、3期連続の更新が期待されている。しかし、キャッシュ...

続きを見る

2015年07月27日

対岸の火事か、他山の石か~中国株式のバブル懸念と日本株式~

日本株式にとっては対岸の火事か 中国経済の減速懸念がある中で急伸していた中国株式が6月の高値からたった1か月で3割下落しました。6月までの上昇スピードが速く...

続きを見る

2015年07月02日

目にする数値ほど強くないかも?~企業業績と株価をキャッシュ・フローから検証~

■要旨アベノミクスも3年目。2015年に入ってから株価はほぼ右肩上がりで堅調そのもの。年初からの上昇率は一時20%に迫りました。また、東証一部の時価総額(...

続きを見る

2015年05月19日

散髪と資産運用

筆者は1-2カ月に1回の頻度で髪を切ります。普段、割安なチェーン店に行くため対応してもらう理容師は毎回異なります。偶然、同じ方に対応してもらう場合でも、前...

続きを見る

2015年04月16日

自社株買いは株価にとってプラスか?~2014年度の自社株買いを振り返って~

2014年度は大規模な自社株式の取得枠の設定が相次ぎ、自社株買いの実施金額が3兆円を超える水準まで急回復しました【図表1】。2015年度も業績拡大と合わせ...

続きを見る

2015年02月26日

企業業績を強気に見やすい季節?

1年前を思い出してみると・・・ 日経平均株価が一時1万8500円を超え、TOPIXも7年ぶりの高値。日本株式は年明け直後こそ海外情勢を受けてややもたついたも...

続きを見る

2014年12月25日

業績拡大が押し上げた2014年の株式市場

3年連続の上昇 2014年も残りわずか。年初の米国の大寒波、アルゼンチン・ペソ暴落からはじまり、さらにはロシア・ウクライナ問題、中東情勢の混乱など、さまざま...

続きを見る

2014年12月05日

日本企業の今後の収益性を占う

日本企業の収益性が大幅に改善 アベノミクスや日銀の異次元緩和による円安効果もあって、2013年度は輸出企業を中心に多くの日本企業の業績が回復しました。法人企...

続きを見る

2014年10月24日

日本企業の今後の収益性を占う

2013年度は日本企業の収益性が大幅に改善 アベノミクスや日銀の異次元緩和による円安効果もあって、2013年度は輸出企業を中心に多くの日本企業の業績が回復し...

続きを見る

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る