若年層市場・マーケット

若年層市場・マーケットについてレポートします。

年で絞り込む

2020年08月13日

スマホ時代の動画視聴の3つの特徴-好きなときに、好きなモノを、好きなように-

65161_ext_03_0_S.jpg

「令和元年度情報通信白書」によると、個人の「スマートフォン」の保有者の割合が64.7%であった。また、参考値ではあるがNTTドコモ モバイル社会研究所の「一...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年07月21日

コロナ禍の10代の見通し

64987_ext_03_0_S.jpg

15~19歳では、ネット通販やキャッシュレス決済、各種サービスのオンライン対応など消費行動のデジタル化は半数以上が進むと考えている。一方、友人づきあいや授...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年07月20日

ジェネレーションαの時代-Z世代の次を考える

64985_ext_03_0_S.jpg

変わりゆく消費文化の中で、その先頭にいたのはいつも「若者」であり、若者の消費を理解することは、現代消費文化そのものの理解に繋がると筆者は考える。筆者は昨今...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年07月16日

コロナ禍の10代の不安

64955_ext_03_0_S.jpg

最も多いのは「自分の感染」(60.2%)であり、次いで僅差で「家族の感染」(60.0%)、「友人・知人の感染」(56.9%)、「自分が感染源になる」(42...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年07月14日

コロナ禍の10代で増えた行動、減った行動

64928_ext_03_0_S.jpg

ニッセイ基礎研究所では、7月3日にスマートフォン世代である15~19歳の男女420名を対象に、コロナ禍の生活行動の変化や不安などに関する調査を実施。メディ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年07月10日

若者に関するエトセトラ(2)-若者言葉について考える2-推ししか勝たん-

64923_ext_03_0_S.jpg

前回のレポートで筆者は、若者の間で使われる従来の使用方法とは異なる接尾辞“み”について論じた。これは、“新しいみ形”と呼ばれており、例えばやばい、うれしい...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年06月24日

若者に関するエトセトラ(1)-若者言葉について考える1-やばみ、わかりみ-

64774_ext_03_0_S.jpg

以前発表したレポートの中で筆者は「有効的である」という言葉を使用して、上司から指摘を受けた。私生活でも無意識に使っており、誤用していたという意識がなかった...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年06月18日

金融リテラシーが高い15歳の特徴-PISA「Are Students smart about money?」からわかること

64746_ext_03_0_S.jpg

全国の25,000人(18~79歳)に対して行われた金融広報中央委員会「金融リテラシー調査」(2019)によると、学校において金融教育を「行うべき」との意...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2020年06月17日

あなたの金融リテラシーは高い?-OECDの問題に基づく15歳への金融教育

64742_ext_03_0_S.jpg

OECDを中心とするPISAプログラムは、15歳の金融リテラシーに関する調査を2018年に実施した。試験は、金融リテラシーに関する問題43問を1時間、学生...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2020年06月05日

若者の消費行動の現在と10年後の未来-消費のデジタル化、新型コロナで変化が加速

64667_ext_03_0_S.jpg

近年、若者を中心に消費行動のデジタル化が進んでいる。インターネット通販や動画配信などのサブスクリプションサービス、キャッシュレス決済サービスの利用に加えて...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年04月27日

ニッポンの離婚はいつ起こっているのか?(1)-離婚統計2018年齢ゾーン考察

64309_ext_03_0_S.jpg

婚姻届の分析結果から、50歳以降において初婚の男女が結婚することは発生確率的にみればほぼゼロに近いが、その50歳時点で結婚歴がない男女に、人口割合ならびに...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2020年04月20日

若者の現在と10年後の未来~働き方編-「働き方改革」の理想と現実のギャップ、アフターコロナに期待

64268_ext_03_0_S.jpg

若者(20~34歳の未婚者)の働き方についての価値観は、『キャリア重視』志向が高く、『勤務先忠誠』志向が低い。背景には、大企業神話の崩壊やグローバル化によ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年04月17日

Z世代の情報処理と消費行動(9)-若者の消費行動からみる流行についての試論

64260_ext_03_0_S.jpg

若者のブランド消費行動において、筆者が着目しているのは、「準拠集団をモノ消費に見えるコト消費によって肯定している」という点である。準拠集団とは、個人の行動...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年04月15日

若者の現在と10年後の未来~消費行動編-消費のデジタル化、新型コロナで変化が加速

64251_ext_03_0_S.jpg

ニッセイ基礎研究所が今年3月に実施した定量調査を用いて、若者(20~34歳の未婚者)の現在の消費行動を分析した。若者は『長く使えるものを買う』等の消費者共...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2020年04月07日

Z世代の情報処理と消費行動-若者マーケティングにおける試論的考察

64163_ext_03_0_S.jpg

変わりゆく消費文化の中で、その先頭にいたのはいつも「若者」であり、若者の消費を理解することは、現代消費文化そのものの理解に繋がると筆者は考える。本レポート...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年04月03日

Z世代の情報処理と消費行動(8)-「ウチら」と「わたし」の消費文化論(2) 

64170_ext_03_0_S.jpg

現代のブランドに対する意識は変化しており、特にZ世代のブランド消費に対する意識は特徴的である。もちろん、従来の消費文化同様にZ世代においても、ブランド消費...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

若年層市場・マーケットのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若年層市場・マーケットのレポート Topへ