金融政策

「金融政策」の一覧では、日本、米国、ユーロの各金融市場での金利の動き、為替の動向や、2%の物価安定を目標に量的・質的金融緩和を継続する日本銀行、景気回復を受け量的金融緩和の出口に向かう連邦準備制度理事会(FRB)、緩やかな景気回復となり低インフレが続き更なる金融緩和に向かう欧州中央銀行(ECB)等、各国の中央銀行の金融政策の動向をタイムリーに解説し金融市場への影響を予測します。

年で絞り込む

2019年01月11日

ユーロ相場の低迷は続くのか?

60558_ext_03_0_S.jpg

ユーロ円は年初に一時119円台まで円高が進み、足元でも124円台までの戻りに留まっている。また、より長い目でみても、昨年春以降、ユーロは対ドル・対円ともに...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月28日

日銀の追加緩和余地を考える~有効な手段は残っているのか?

60481_ext_03_0_S.jpg

2016年9月の長短金利操作導入以降、日銀が「現在の強力な金融緩和を粘り強く続ける」姿勢を鮮明にしたことから、追加緩和観測が後退し、話題に上ることも少なく...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月18日

2019年も「年初の円高」再来か?~マーケット・カルテ1月号

60387_ext_03_0_S.jpg

ドル円は米中貿易摩擦懸念や米利上げ鈍化観測などにより、12月に入った後にやや下落し、足元では112円台後半で推移している。今後は円高に警戒が必要な時間帯に...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月14日

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の足元の景況感は堅調、設備投資計画も強めだが、先行き懸念は強い

60355_ext_03_0_S.jpg

日銀短観12月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が前回9月調査から横ばいとなり、足元の堅調な景況感が示された。大企業非製造業の業況判断D...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月11日

貸出・マネタリー統計(18年11月)~貸出は伸び悩み、通貨供給量の伸びが急低下

60316_ext_03_0_S.jpg

12月10日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、11月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.17%と前月(同2.22%)からわずかに低下した。...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月07日

2019年はどんな年? 金融市場のテーマと展望

60301_ext_03_0_S.jpg

2018年のこれまでの市場の動きを振り返ると、ドル円は底堅い一方、株価はやや下落している。為替市場では、貿易摩擦への懸念などでリスク回避的に円が買われたが...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年12月06日

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント低下の16と予想

60291_ext_03_0_S.jpg

12月調査短観では、大企業製造業で4四半期連続の景況感悪化が示されると予想する。中国向け受注の減少など、設備投資関連を中心に貿易摩擦の悪影響が顕在化しつつ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年11月20日

ドル高の賞味期限はまだか?~マーケット・カルテ12月号

60161_ext_03_0_S.jpg

11月に入り、ドル円は米国の12月利上げ観測などから一時114円台に乗せたが、その後、中国不安や米ハイテク株安に伴うリスクオフの円買い、FRB要人発言を受...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年11月09日

貸出・マネタリー統計(18年10月)~通貨供給量の伸びは約6年ぶりの低水準に

60081_ext_03_0_S.jpg

11月8日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、10月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.23%と前月(同2.32%)からやや低下した。業態別...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年11月02日

水面下で広がる円高~経済・企業収益への影響も

60030_ext_03_0_S.jpg

10月上旬以降、世界的に株価が下落し、金融市場はリスク回避的な地合いとなったが、円高ドル安の進行は極めて限定的に留まり、むしろドル円の底堅さが際立つ結果と...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年10月24日

世界株安でも円高が進まないワケ~マーケット・カルテ11月号

59950_ext_03_0_S.jpg

10月に入り、ドル円は一時114円台に乗せたが、その後、米金利上昇や中国不安に伴う世界的な株安などから円高に振れた。ただし、円の上値は重く、足元でも112...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年10月22日

日米物品貿易協定(TAG)と為替条項

59934_ext_03_0_S.jpg

2018年10月13日、インドネシアで開かれていたG20財務省・中央銀行総裁会議後、米国のムニューシン財務長官による記者団への発言が注目を集めた。日米の通...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年10月12日

貸出・マネタリー統計(18年9月)~銀行貸出に2つの底入れ感

59864_ext_03_0_S.jpg

10月11日に発表された貸出・預金動向(速報)によると、9月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.33%と前月(同2.16%)から上昇した。上昇は2ヵ...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年10月09日

金相場の低迷はいつまで?~投資家の金離れが鮮明に

59785_ext_03_0_S.jpg

金相場の低迷が続いている。4月上旬に1オンス1360ドルを付けたNY金先物価格は、8月半ばに1200ドルの節目を割り込むまで下落し、直近も1200ドルを割...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年10月03日

平成31年度に向けた予算・税制改正等の動き

59707_ext_03_0_S.jpg

平成31年度予算策定への動きが始まった。医療・年金・介護を含む社会保障費が、過去最大規模を更新し、あるいは防衛費が昨今の国際情勢を背景に増額要求となるなど...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2018年10月01日

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は3四半期連続で悪化、設備投資計画の勢いは弱め

59716_ext_03_0_S.jpg

日銀短観9月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が前回6月調査比で2ポイント低下し、3四半期連続となる景況感の悪化が示された。大企業非製造...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年09月21日

円安の進行を阻むハードルは?~マーケット・カルテ10月号

59663_ext_03_0_S.jpg

9月に入り、ドル円では円安ドル高が進み、足元は112円台後半で推移している。好調な米経済を背景とする利上げ観測によってドル買いが優勢になったためだ。さらに...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年09月14日

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の22と予想

59623_ext_03_0_S.jpg

9月調査短観では、大企業製造業で、わずかながら3四半期ぶりの景況感改善が示されると予想する。設備投資の増加や一部価格転嫁の進展が追い風となる。新興国通貨安...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2018年09月07日

2019年度概算要求-新・財政健全化計画下でのはじめての予算編成に向けて

59562_ext_03_0_S.jpg

9月7日、2019年度の当初予算案に対する各府省の概算要求一覧が公表された。要求額の総額は102兆7,658億円となり、前年度概算要求から1兆8,072億...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2018年09月07日

ここに注目!ドル円相場~円とドルのパワーバランスの行方

59561_ext_03_0_S.jpg

5月以降、ドル円レートは110円付近で方向感のない推移を続けている。年内の主な注目材料を確認すると、海外発の材料では、FRBの利上げ、新興国からの資金流出...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

レポート

アクセスランキング

金融政策のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融政策のレポート Topへ