個人年金

少子・高齢化が進む中、財政破綻を招かないためには、消費税増税をはじめとする負担の増加とあわせて公的年金を含む社会保障関係費用の支出の見直しが避けられません。この「個人年金」の一覧では、削減が避けられない公的年金を補完し今後ともますます重要性を増す個人年金について、その商品性、加入動向、税制優遇などの自助努力を支える制度等について、先行する海外事例を交えわかりやすい解説、提言を行います。

年で絞り込む

2019年02月05日

マイナス金利債券は投資に値しないのか

60597_ext_03_0_S.jpg

金融緩和政策が続く中、国債利回りは低空飛行を続けている。10年債の利回りはゼロ近傍、残存7、8年でもマイナス利回りである。このため年金基金には、マイナス金...

続きを読む

2019年02月04日

積立投資の存在感が増す投信市場~2019年1月の投信動向~

60768_ext_03_0_S.jpg

2019年1月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内債券、外国債券以外の資産では資金流入があった。特に、外国REITは201...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2019年01月10日

見直され始めた国内REIT~2018年12月の投信動向~

60533_ext_03_0_S.jpg

2018年12月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式とバランス型には資金流入が続いていたが、2年以上資金流入が続いてい...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2019年01月08日

60歳を迎えて老後の生活資金を考える-お得な年金受取方法と資産運用とは何か-

60495_ext_03_0_S.jpg

年金の受取り方と老後の資産運用をどうすべきかについて、会社員や公務員を主な対象に、基本的なことに関しての考え方について私見を述べていきたい。まず、厚生年金...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

2018年12月05日

大型新規公開株の影響が投信市場に~2018年11月の投信動向~

60273_ext_03_0_S.jpg

2018年11月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型に資金流入があった。ただ、国内株式と外国株式...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年12月05日

今こそ確定拠出年金制度の見直しが必要

60193_ext_03_0_S.jpg

従業員向けの退職給付制度として確定拠出年金(DC)を採用する企業数は年々増加している。DBで生じ得る企業側の思わぬ負担増を抑制するためには合理的な行動であ...

続きを読む

2018年11月07日

新興国株式から逃げる投資家~2018年10月の投信動向~

60064_ext_03_0_S.jpg

2018年10月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式と外国株式への資金流入が顕著で共に3,000億円を超えた。国内株式...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年10月04日

国内REITからの資金流出が止まった!!?~2018年9月の投信動向~

59765_ext_03_0_S.jpg

2018年9月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、外国株式、バランス型への資金流入が続いていたが、外国株式が3,000億円から...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年09月06日

売るに売れなかった?トルコ関連ファンド~2018年8月の投信動向~

59551_ext_03_0_S.jpg

2018年8月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型は資金流入し、その一方で外国債券と外国REIT...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月08日

苦戦する国内中小型株ファンド~2018年7月の投信動向~

59302_ext_03_0_S.jpg

2018年7月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入自体は続いたが、6月より鈍化した。国...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年08月03日

余命にみる高齢者の多様性

59174_ext_03_0_S.jpg

2016年の簡易生命表によれば、男女の平均寿命はそれぞれ81歳、87歳に達し、男性では60人に1人、女性なら15人に1人が100歳まで生きると言う。人生1...

続きを読む

2018年07月31日

日米で異なる高齢期の収入構成

59213_ext_03_0_S.jpg

やや古い情報になるが、米国の従業員福利厚生研究所の2012年時点のデータによれば、65歳以上の平均収入において、公的年金が占める割合は38.0%であり、労...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年07月04日

確定拠出年金からの資金流入が増加~2018年6月の投信動向~

58976_ext_03_0_S.jpg

2018年6月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入が続いた。流入金額は、国内株式が1,...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年07月04日

多くの人の確定拠出年金は、ほとんどをリスク性資産に

58949_ext_03_0_S.jpg

企業型DCや個人型DC(iDeCo)の平均的な資産配分では、預金や保険といった元本確保型商品が5 割以上を占めている。しかし、世帯の保有する資産全体を見た時...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年06月07日

AI関連ファンドの人気は短命かも?~2018年5月の投信動向~

58803_ext_03_0_S.jpg

2018年5月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国株式、バランス型への資金流入が続いた。流入金額は、国内株式が90...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年06月05日

DC改正法施行後も求められる高齢期の所得確保策の検討

58745_ext_03_0_S.jpg

2016年5月に成立したDC制度の普及拡大を促す改正法が、この5月にすべて施行されるに至った。しかし、施行から1年半が経過する個人型DC(iDeCo)の普...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年04月09日

マイナス金利政策による投資家の運用資産の保有割合の変化

58358_ext_03_0_S.jpg

マイナス金利政策導入後、日本の短期金融市場ではマイナス金利が常態化している。家計と確定給付年金は、現預金の保有にコストがかかるため、現預金の保有割合を減少...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2018年04月06日

逆張り投資に利用される国内株パッシブ~2018年3月の投信動向~

58354_ext_03_0_S.jpg

2018年3月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、国内株式と外国株式への資金流入が続き、流入金額は共に3,000億円に迫った。バ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2018年04月04日

確定給付型年金と行動経済学上のバイアス

58257_ext_03_0_S.jpg

確定拠出型と同様に、確定給付型年金にも行動経済学の成果が応用できる。運用責任者や運用委員会のメンバーが、資産配分やマネージャーの選択における、行動経済学が...

続きを読む

臼杵 政治
2018年04月04日

マイナス金利が常態化した短期金融市場と現預金への影響

58258_ext_03_0_S.jpg

2016 年1 月末のマイナス金利政策の導入後より、日本の短期金融市場ではマイナス金利の状況が常態化しており、その背景として民間金融機関による日銀当座預金を用...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

レポート

アクセスランキング

個人年金のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

個人年金のレポート Topへ