原田 哲志

金融研究部 准主任研究員

原田 哲志(はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド
自己紹介

ヘッジファンドやプライベートエクイティなどオルタナティブ投資について研究を行っています。
低金利、運用難の時代の中で、オルタナティブ投資が拡大しています。こうした投資対象が多様化、運用が高度化する中で投資家が投資や金融の知識を持つことがより重要となっています。
高度・多様化する金融市場を分かりやすく解説し、資産運用に役立つ情報を発信していきます。

経歴 【職歴】
2008年に大和証券SMBC(現大和証券)入社。大和証券投資信託委託株式会社、株式会社大和ファンド・コンサルティングを経て2019年3月より現職

【加入団体等】
 ・公益社団法人 日本証券アナリスト協会 検定会員
 ・修士(工学)

原田 哲志のレポート

2020年08月14日

新しい生活様式による影響と今後の課題-「新しい生活様式」に関するSNS投稿データの分析

65173_ext_03_0_S.jpg

現在、日本では新型コロナウイルス感染拡大防止のために、様々な取り組みが行われている。本稿では、SNS上の投稿データを分析することで、「新しい生活様式」につ...

続きを見る

2020年07月31日

新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化

65049_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの流行の影響を受けて、世界のM&A取引は低調となっている。これは、企業業績の悪化や移動制限により企業買収に必要な現地調査が難しくなってい...

続きを見る

2020年07月17日

楽観的な金融市場と実体経済の乖離-IMF国際金融安定性報告書(GFSR)より

64975_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大により、グローバル金融市場は不安定な状況が続いている。こうした中、国際通貨基金(IMF)は6月25日、国際金融安定性報告書(G...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る