原田 哲志

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志(はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 資産運用、オルタナティブ投資、ヘッジファンド
自己紹介

ヘッジファンドやプライベートエクイティなどオルタナティブ投資について研究を行っています。
低金利、運用難の時代の中で、オルタナティブ投資が拡大しています。こうした投資対象が多様化、運用が高度化する中で投資家が投資や金融の知識を持つことがより重要となっています。
高度・多様化する金融市場を分かりやすく解説し、資産運用に役立つ情報を発信していきます。

経歴 【職歴】
2008年に大和証券SMBC(現大和証券)入社。大和証券投資信託委託株式会社、株式会社大和ファンド・コンサルティングを経て2019年3月より現職

【加入団体等】
 ・公益社団法人 日本証券アナリスト協会 検定会員
 ・修士(工学)

原田 哲志のレポート

2021年06月24日

ESG投資の実際の手法を学ぼう~代表的なESG投資手法とその特徴

ESG投資は一つの手法ではなく、様々な観点、アプローチによって行われており、代表的な7つの手法に大きく分類される。現在のESG投資には課題点もあり、ESG...

続きを見る

2021年05月21日

2021年1-3月期のグローバルM&Aマーケットの動向~経済の回復見込みやクリーンエネルギー政策を背景に活発なM&A取引が続く

2021年1-3月期の世界のM&A取引は昨年に引き続き活発な状況が続いた。経済の回復見込みや各国政府のクリーンエネルギー政策が背景となっている。その一方で...

続きを見る

2021年05月10日

外資系ファンドによる日本企業の買収は本当に不幸なのか-英CVCキャピタルが東芝へ買収を提案

今年4月、英国を本拠とするプライベートエクイティファンド(PEファンド)であるCVCキャピタル・パートナーズ(CVC)が東芝に買収提案を行った。CVCはそ...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年04月06日号 金融財政事情 28-31P 米国で急増する「空箱」への投資、SPACの功罪
2021年02月08日号 金融財政ビジネス 14-18P 活発化する世界のベンチャー投資-日本のスタートアップ成長に向けた課題
2020年10月12日号 金融財政ビジネス 4-8P アフターコロナのグローバルM&A-世界各国で相次ぐ外資規制強化

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る