ジェロントロジー推進室

ニッセイ基礎研究所では、高齢化する日本の未来を見据え、いち早くジェロントロジーの重要性を理解するなか2001年よりジェロントロジー研究に着手しました。2006年からは、日本生命・セコム・大和ハウスの3社の寄付により東京大学に設置した「東京大学総括プロジェクト機構ジェロントロジー寄付研究部門」と、2009年からは当寄付研究部門が発展した「東京大学高齢社会総合研究機構(IOG;Institute of Gerontology)」とともにジェロントロジー研究を推進してきています。

ジェロントロジー関連レポートはこちら

【主要研究テーマ】
ジェロントロジーは、加齢や高齢化に関する諸問題を学際的に研究します。1960年代に米国で大きな発展を遂げ、いまでは世界的にも広く取り組まれている学問です。

研究員一覧

専務取締役 推進室長       宮垣 淳一

取締役 研究理事         松澤 登

担当部長            鈴木 寧

上席研究員            梅内 俊樹

主任研究員            高岡 和佳子

主任研究員            前田 展弘

主任研究員            三原 岳

准主任研究員           金 明中

准主任研究員           塩澤 誠一郎

准主任研究員           坊 美生子

研究員              乾 愛

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る