健康寿命 

「健康寿命」とは、厚生労働省が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」と定義しています。生物学的な生存期間を指す平均寿命に対して、病気や怪我などによる支障が少なく、自立して暮らしていける期間を指しています。日本では、2016年時点の平均寿命が男性80.98歳、女性87.14歳であるのに対し、健康寿命は男性72.14歳、女性74.79歳です。平均寿命と健康寿命の間には、男性で8.84歳、女性で12.35歳もの差があります。健康寿命が過ぎた後は、医療や介護を受けながら暮らしていくことになります。
日本は世界屈指の長寿大国ですが、平均寿命を延ばすだけでなく、健康寿命を延伸することが、個人の人生をより豊かにすると考えられます。政府も、個人の健康増進と、社会保障費抑制の観点から、健康寿命の延伸を政策目標に掲げています。
また、健康寿命の長さには、「社会活動寿命」や「資産寿命」のコーナーで紹介する、社会的、経済的要因が影響していることも明らかになっています。従って、個人が生活習慣の見直しなどによって健康づくりに取り組むだけでなく、国と自治体、企業などが連携してその環境整備を進める必要性が指摘されています。
健康寿命のコーナーでは、老化に伴って身体や脳の状態がどのように変化するかといった基礎的な話題から、健康寿命の格差問題、海外での議論まで、幅広く取り上げていきます。


【ジェロントロジーを学ぼう】

地域・市場・社会の側から「人生100年を支え、導くうえで有益な情報」を、人生100年を支える重要な柱である「健康寿命」「社会活動寿命」「資産寿命」のカテゴリーに分けてお届けします。

ジェロントロジー総論_レポート 健康寿命_レポート 社会活動寿命_レポート 資産寿命_レポート

年で絞り込む

  • 2020年11月26日

    生きがいとは?その効果とは?

    一般に“生きがい”とは、「生きるはりあい」、あるいは「しあわせを感じるもの」、「生きる価値や経験を実現できるもの」と考えられています。ただ、概念は非常に曖昧で必ずしも定見が定まっているとは言えません。

  • 2020年11月26日

    フレイル、オーラル・フレイルとは?

    健康を維持していくために大事なことは様々あります。食事(栄養)や運動に気をつけて、生活習慣病にならないようにする、いわゆる“メタボ(メタボリックシンドローム)”にならないように気をつけることは代表的なことでしょう。

  • 2020年11月12日

    認知症とは何か?

    結論を先取りすると、認知症は「病気」ではありません。介護保険法は認知症について、「脳血管疾患、アルツハイマー病その他の要因に基づく脳の器質的な変化により、日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能及びその他の認知機能...

  • 2020年10月07日

    健康寿命にも格差が?~『長生きできる町』から考える健康寿命と健康格差

    最近、平均寿命の上昇と共に健康寿命に関する関心も高まっています。健康寿命とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間として定義されており、文字通り健康でいられる寿命のことです。そこで、本稿では20...

  • 2020年10月07日

    年を重ねると脳は衰えるだけなのか?

    「年をとると脳は衰える一方である」、そうした先入観を持たれている人は少なくないでしょう。ただ、身体の健康のことと同様に、脳の健康についても飽くまで個人差がある話です。その上でのことにはなりますが、心理学研究における...

  • 2020年10月07日

    年を重ねると健康状態はどう変化するのか?

    当然ながら、健康状態は人によって異なります。いつ病気になるか、また老いるスピードも人によって様々です。ただ、年を重ねると健康状態がどのように変化していくのか、参考になる貴重なデータがあります。それは、日本の高齢者約...

  • 2020年10月07日

    健康寿命の延伸とは?

    健康寿命には様々な定義、計算方法が存在します。政府が毎年、公表している健康寿命は「日常生活に制限のない期間の平均」を指しており、一般的に「医療・介護が必要のない状態」と言えます。平均寿命だけでは、高齢者の生活・健康...

関連カテゴリ

アクセスランキング

健康寿命のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

健康寿命のレポート Topへ