高齢者市場・マーケット

高齢者市場は100兆円市場にまで拡大し、今後毎年1兆円規模で成長を続けます。ライフスタイルや意識、身体機能の変化に配慮し高齢者向けに工夫を凝らした携帯電話、電動アシスト自転車、配食サービス、介護ロボット等、高齢者の多様なニーズに応える商品・サービスが次々と生まれてきています。この「高齢者市場・マーケット」の一覧では、拡大する高齢者市場の開拓に向けた様々な取り組みについてレポート、分析を行います。

年で絞り込む

2020年08月04日

20年を迎えた介護保険の再考(9)地域包括ケア-多義的で曖昧な言葉遣いに要注意?

65086_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第8回まで介護保険制度の創設に至る議論や考え方...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月13日

超高齢社会の移動手段と課題~「交通空白」視点より「モビリティ」視点で交通体系の再検証を~

64925_ext_03_0_S.jpg

高齢者ドライバーによる重大交通事故が後を絶たない。2022年からは、ボリュームの多い団塊世代が後期高齢者になってくることから、今後は事故の増加も懸念されて...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2020年05月21日

新型コロナ対策で見えてきた高齢者向けモビリティサービス~貨客混載×自家用有償旅客運送と地方型MaaSへの可能性~

64494_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大により人々が外出自粛を余儀なくされる中、ニーズに押される形で増加した新たなサービスの一つが、タクシーによる弁当の宅配である。消...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2019年11月25日

ケアマネジャーは何を担う職種なのか-ケアマネジメント有料化と地域共生社会をリンクさせて再考する

63066_ext_03_0_S.jpg

2021年度に予定されている3年に一度の介護保険制度改正に向け、社会保障審議会(厚生労働相の諮問機関)介護保険部会の議論が大詰めを迎えている。焦点の一つは...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2019年11月08日

年金不安の陰で増加する金融トラブルー投資勧誘より優先すべき金融知識の向上に向けた取り組みー

62948_ext_03_0_S.jpg

いわゆる「老後2,000万円問題」として注目された金融審議会市場ワーキンググループの報告書については、世帯によりそれぞれ家計の状況が異なるなか、一律に平均...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2019年09月11日

コンビニ24時間営業の是非-高齢化する来店客、持ち回り深夜営業でインフラ機能を維持しては

62481_ext_03_0_S.jpg

日本のコンビニは「時間」と「距離」、「品揃え」という3つの利便性を柱に発展し、「多様化したサービスの提供」や「丁寧な接客」という面でも進化し続けている。高...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年07月11日

新しい放送メディアの開発と超高齢社会での活用-4K・8Kの普及やパブリックビューイングの展開を期待

62033_ext_03_0_S.jpg

毎年、5月下旬にNHK放送技術研究所(世田谷区砧)の一般公開が行われ、2019年は73回目の「技研公開2019」が開催された。同研究所は、1930(昭和5...

続きを読む

青山 正治
2019年07月05日

人生100年時代を見据えた保険・金融業界の最新動向

61973_ext_03_0_S.jpg

「平成」から「令和」の時代へ、日本は新たな未来へ歩み始めた。迎える未来は本格的な高齢化が進む、人生100年時代とも言われる“超高齢未来”である。そうした未...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2019年05月16日

人生100年時代を見据えた保険・金融業界の最新動向

61554_ext_03_0_S.jpg

「平成」から「令和」の時代へ、日本は新たな未来へ歩み始めた。迎える未来は本格的な高齢化が進む、人生100年時代とも言われる“超高齢未来”である。そうした未...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2019年03月05日

歩道領域の自動運転システム開発へ-利用者のラストマイルを支援しQOLを向上-

61010_ext_03_0_S.jpg

近年、カーシェアリングや配車サービスなどの普及、さらに自動運転車の開発・実証試験に続きMaaS(マース)という新しい概念の移動サービスが世界的にも注目され...

続きを読む

青山 正治
2018年12月18日

超高齢社会の深化で必要性高まる多彩なハイテク福祉機器-「H.C.R.2018」の開発最前線に見るアートやICT、IoTの活用-

60385_ext_03_0_S.jpg

2018年10月中旬に第45回国際福祉機器展2018(主催:一般財団法人 保健福祉広報協会)が東京ビッグサイトで開催された。3日間の会期で約12万人の来場...

続きを読む

青山 正治
2018年10月18日

なぜ今、シェアリングサービスなのか?-市場拡大の3つの理由、既存サービスとの違いは

59902_ext_03_0_S.jpg

シェア経済が拡大している。内閣府の推計では2016年の市場規模は約5,000億円、うち6割が「モノ」のシェアだ。シェアが伸びる理由は消費者の節約志向で語ら...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年10月05日

「インクルーシブ」なデジタル社会へ 

59779_ext_03_0_S.jpg

「Society5.0」が成長戦略の柱に据えられ、デジタル・ガバメント、スマホ(QRコード)によるキャッシュレス等、日常生活の身近なところでもデジタル化が...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年09月13日

コンビニは若者からシニアのものへ-来店客は人口以上に高齢化~消費者の今を知る

59608_ext_03_0_S.jpg

コンビニ市場のシェア4割を占めて業界首位のセブン-イレブンの来店客の年齢分布を見ると、1989年から2017年にかけて、20代以下は6割から2割へ、50歳...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月21日

増え行く単身世帯と消費市場への影響(2)-勤労者世帯は食や買い物先で利便性重視、外食志向が強いものの近年は中食へシフト

59399_ext_03_0_S.jpg

総務省「家計調査」を用いて単身世帯の具体的な消費内容を捉えた。可処分所得は、壮年(35~59歳)男性>若年(~35歳)男性>壮年女性>若年女性の順に多く、...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年05月09日

増え行く単身世帯と消費市場への影響(1)-家計消費は2020年頃をピークに減少、2040年には現在の1割減、うち単身世帯3割弱、高齢世帯が半数へ

58631_ext_03_0_S.jpg

未婚化や核家族化、高齢化の進行で単身世帯の存在感が増している。現在、全体の世帯数の3割を超え、2040年には約4割となる。単身世帯の内訳を見ると、かつては...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年03月29日

もっと知ろう!福祉用具や介護ロボットのこと-国際福祉機器展や福祉用具のセミナーに参加してみよう-

58273_ext_03_0_S.jpg

英国の世界的な物理学者スティーヴン・ホーキング博士(76歳)が3月14日(現地時間)に亡くなった。博士は「車いすの物理学者」として世界的に知られ、難病(A...

続きを読む

青山 正治
2018年03月15日

多彩な小型ロボットが活躍する超高齢社会(その1)-膝の上やリビングから果ては疲労気味の心の中まで-

58156_ext_03_0_S.jpg

近年、コミュニケーションロボットの分野に様々な動きがある。その一部事例が、ユニークなエンタテインメント用の新世代ロボットの登場や、シンプルな構造でユニーク...

続きを読む

青山 正治
2018年02月07日

超高齢社会の人の“移動”を支援する機器開発の動き-「東京モーターショー2017」に見るパーソナルモビリティやコンセプトモデル

57807_ext_03_0_S.jpg

2017年10月27日から10日間、東京ビッグサイトで「第45回東京モーターショー2017」が開催され、多数の来場者で賑わった。本稿では、主催者テーマ展示...

続きを読む

青山 正治
2018年01月23日

「家族」というシェアリングエコノミー~「世帯」の縮小と「家族機能」の拡大

57670_ext_03_0_S.jpg

「家族」とは、どのような範囲を指すのだろうか。それは配偶者、子ども、両親など戸籍や親等数で捉えられることが多いが、血縁関係に関わらず、同居し生計をともにし...

続きを読む

土堤内 昭雄

関連カテゴリ

アクセスランキング

高齢者市場・マーケットのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者市場・マーケットのレポート Topへ