金 明中

生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

金 明中(きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
労働経済学、社会保障論、日・韓における社会政策や経済の比較分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 労働経済学、社会保障論、日・韓における社会政策や経済の比較分析
自己紹介

日本と韓国における社会保障制度や雇用政策、そして経済政策などを中心に研究活動を進めています。最近の関心事は新型コロナウイルス、働き方改革、テレワーク、ギグワーカー(クラウドワーカー)、外国人労働者、育児政策、日韓関係などです。
具体的な活動内容として、直近では東洋経済日報の「曲がり角の韓国経済」、ニューズウィーク日本版の「日韓を読み解く」、時事通信社の『厚生福祉』の連載を担当しながら、日韓における雇用政策や社会保障政策、韓国の経済政策等について拙見を述べています。
また、大学において教鞭をとっていて、日本女子大学、横浜市立大学、専修大学、日本大学で経済学、統計学、そして社会保障論等の授業を担当しています。授業では学生と一緒に学ぶという姿勢を大事にしています。
例えば、映像を使った資料投影をしたり、参加型の授業スタイルにしたりと、学生が楽しめる授業環境整備に尽力しています。経済学や統計学といった難しい分野でも、学生が楽しく学べるよう努めていきます。

経歴 プロフィール
【職歴】
独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年9月ニッセイ基礎研究所へ、2020年から現職

・2011年~ 日本女子大学非常勤講師
・2015年~ 日本女子大学現代女性キャリア研究所特任研究員
・2021年~ 横浜市立大学非常勤講師
・2021年~ 専修大学非常勤講師
・2021年~ 日本大学非常勤講師
・2019年労働政策研究会議準備委員会準備委員
・東アジア経済経営学会理事
・2021年第36回韓日経済経営国際学術大会準備委員会準備委員

【加入団体等】
・日本経済学会
・日本労務学会
・社会政策学会
・日本労使関係研究協会
・東アジア経済経営学会
・現代韓国朝鮮学会
・韓国人事管理学会
・博士(慶應義塾大学、商学)

金 明中のレポート

2022年01月20日

2020・2021年度特別調査 「第7回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」 調査結果概要

オミクロン株による爆発的な感染拡大を受け、ワクチンの三回目接種が前倒しで進められています。年末の調査実施時点では、三回目接種に対して様子見層と積極層が多く...

続きを見る

2021年12月15日

韓国の新規感染者数が7日連続で5000人超え-新型コロナウイルスの感染拡大がもたらす世代間の対立と宗教間の対立-

韓国では、新型コロナウイルスの感染拡大と共に世代間と宗教間の対立が深刻化している。12月7日の1日あたりの新規感染者数は7,174人で過去最高を記録した。...

続きを見る

2021年11月26日

韓国の新規感染者数が初の4000人超え-なぜ、韓国では新規感染者数が増加し続けているのか?

日本では新型コロナウイルス感染症の1日あたりの新規感染者数(以下、新規感染者数)が二桁まで減少していることとは対照的に、韓国では新規感染者数が爆発的に増加...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

金 明中のパブリシティ

著書

  • 韓国における社会政策のあり方-雇用・社会保障の現状とこれからの課題
    韓国における社会政策のあり方-雇用・社会保障の現状とこれからの課題
    著者:
    金 明中(著)
    出版社:
    旬報社
    発行年月:
    2021年09月
    定価:
    ¥5,000(税抜き)



    ※当研究所、金明中が執筆。


    本書は、韓国の労働政策・社会保障政策を戦後から現在に至るまで、豊富な統計データを交えながら詳細に分析したものである。出生率の低下にともなう人口減少、非正規労働者の急増、女性の社会進出の遅れなど、多くの点で類似した問題を抱える韓国と日本。女性の雇用対策、外国人労働者受け入れ政策、医療保険制度については日韓比較を行い、両国の社会政策の課題も明らかにする。

  • 日本における医療費の公私の役割分担と医療費の適正化対策(韓国語)
    日本における医療費の公私の役割分担と医療費の適正化対策(韓国語)
    著者:
    ベ ジュンホ(著)/金 明中(著)
    出版社:
    韓国租税財政研究院(KIPF)
    発行年月:
    2021年08月
    定価:
     



    ※当研究所、金明中が共同執筆。


    本書は、日本における健康保険制度の変遷と現状を考察すると共に、医療費(Health Expenditure)の公私の役割分担と日本政府の医療費適正化対策について分析を行った。

  • 東アジア国家の少子化の争点と育児政策比較:日中韓の育児政策の比較分析(韓国語)
    東アジア国家の少子化の争点と育児政策比較:日中韓の育児政策の比較分析(韓国語)
    著者:
    ドナムヒ(著)/イジョンウォン(著)/金明中(著)/金ビョンチョル(著)/相馬直子(著)/姚建平(著)
    出版社:
    育児政策研究所
    発行年月:
    2020年12月
    定価:
      



    ※当研究所、金明中が日本部分を担当・執筆(共著)。


    本書では、日中韓における職場と社会の子育て環境と、政府のワーク・ライフ・バランス対策に対する比較分析を行った。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年12月20日 韓国大統領選を読む(2) 「韓国社会の現状と李在明、尹錫悦大統領候補者の公約について」 日本記者クラブ
2021年12月07日 国際セミナー 「シニアビジネスと地域コミュニティの活性化~自治体&企業の協働事例を中心に~」 韓国 50+センター
2021年11月29日 2021年度韓国銀行東京事務所主催経済セミナー 「日韓における働き手・働き方の多様化の現状と課題」 韓国銀行東京事務所

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2021年12月11日 日本の物価と賃金について チャンネルA(東亜日報系列) 「ニュースA」
2021年08月21日 障がい者、分身ロボットで働く:IT技術を活用したテレワークの普及が障がい者等の雇用に与える影響 チャンネルA(東亜日報系列) 「ニュースA」
2021年05月26日 厳しさ増す 韓国の就職難 NHKラジオ 「三宅民夫のマイあさ!」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年12月29日 朝鮮日報 朝刊 9面 日本の健康寿命が最長記録を更新、女性75.38歳・男性72.68歳(韓国語)
2021年12月03日 読売新聞(西部版) 夕刊 9面 社員の交流 取り戻す コロナ下 企業が知恵 仮想空間 ランチ会
2021年11月22日 西日本新聞 朝刊 4面 韓国の学歴社会 変わるか 教育環境 進む見直し エリート養成校を一般高校に 地元出身の大学入学枠を拡大 日本への進学希望生徒は増加

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年01月14日 東洋経済日報 3面 曲がり角の韓国経済(73) 新型コロナ感染拡大がもたらす世代間と宗教観の対立-韓国社会分担の危機解決が急務
2022年01月01日 東洋経済日報 4面 カーボンニュートラルにどう取り組むべきか-待ったなしの温暖化対策 社会全体の意識改革が必要
2021年12月30日 朝鮮日報 CHOSUN Online 日本の健康寿命が最長記録を更新、女性75.38歳・男性72.68歳

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る