金 明中

生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

金 明中(きむ みょんじゅん)

研究・専門分野
労働経済学、社会保障論、日・韓における社会政策や経済の比較分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 労働経済学、社会保障論、日・韓における社会政策や経済の比較分析
自己紹介

日本と韓国における社会保障制度や雇用政策、そして経済政策などを中心に研究活動を進めています。最近の関心事は新型コロナウイルス、働き方改革、テレワーク、ギグワーカー(クラウドワーカー)、外国人労働者、育児政策、日韓関係などです。
具体的な活動内容として、直近では東洋経済日報の「曲がり角の韓国経済」、ニューズウィーク日本版の「日韓を読み解く」、時事通信社の『厚生福祉』の連載を担当しながら、日韓における雇用政策や社会保障政策、韓国の経済政策等について拙見を述べています。
また、大学において教鞭をとっていて、日本女子大学、横浜市立大学、専修大学、日本大学で経済学、統計学、そして社会保障論等の授業を担当しています。授業では学生と一緒に学ぶという姿勢を大事にしています。
例えば、映像を使った資料投影をしたり、参加型の授業スタイルにしたりと、学生が楽しめる授業環境整備に尽力しています。経済学や統計学といった難しい分野でも、学生が楽しく学べるよう努めていきます。

経歴 プロフィール
【職歴】
独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年9月ニッセイ基礎研究所へ、2020年から現職

・2011年~ 日本女子大学非常勤講師
・2015年~ 日本女子大学現代女性キャリア研究所特任研究員
・2021年~ 横浜市立大学非常勤講師
・2021年~ 専修大学非常勤講師
・2021年~ 日本大学非常勤講師
・2019年労働政策研究会議準備委員会準備委員
・東アジア経済経営学会理事
・2021年第36回韓日経済経営国際学術大会準備委員会準備委員

【加入団体等】
・日本経済学会
・日本労務学会
・社会政策学会
・日本労使関係研究協会
・東アジア経済経営学会
・現代韓国朝鮮学会
・韓国人事管理学会
・博士(慶應義塾大学、商学)

金 明中のレポート

2021年09月07日

韓国は本当に人口減少で消滅するのだろうか?

韓国の合計特殊出生率(以下、出生率)の低下が止まらない。韓国の2020年の出生率は0.84(暫定)で、2019年の0.92を大きく下回る見通しだ。出生率が...

続きを見る

2021年08月30日

韓国で男性の育児休業取得率が増加、その理由は?

出生率の低下が続いている韓国で男性の育児休業取得率が増加している。2002年に男性の育児休業取得者数は78人で、取得割合はわずか2.1%に過ぎなかったが、...

続きを見る

2021年08月05日

テレワークがもたらす職場のメンタルヘルスケアの変化について

新型コロナウイルスが長引く中で、うつ病などメンタルヘルス不調者に対する企業の対応が注目されている。厚生労働省が15歳以上の男女を対象に2020年9月に実施...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

金 明中のパブリシティ

著書

  • 日本における医療費の公私の役割分担と医療費の適正化対策(韓国語)
    日本における医療費の公私の役割分担と医療費の適正化対策(韓国語)
    著者:
    ベ ジュンホ(著)/金 明中(著)
    出版社:
    韓国租税財政研究院(KIPF)
    発行年月:
    2021年08月
    定価:
     



    ※当研究所、金明中が共同執筆。


    本書は、日本における健康保険制度の変遷と現状を考察すると共に、医療費(Health Expenditure)の公私の役割分担と日本政府の医療費適正化対策について分析を行った。

  • 東アジア国家の少子化の争点と育児政策比較:日中韓の育児政策の比較分析(韓国語)
    東アジア国家の少子化の争点と育児政策比較:日中韓の育児政策の比較分析(韓国語)
    著者:
    ドナムヒ(著)/イジョンウォン(著)/金明中(著)/金ビョンチョル(著)/相馬直子(著)/姚建平(著)
    出版社:
    育児政策研究所
    発行年月:
    2020年12月
    定価:
      



    ※当研究所、金明中が日本部分を担当・執筆(共著)。


    本書では、日中韓における職場と社会の子育て環境と、政府のワーク・ライフ・バランス対策に対する比較分析を行った。

  • コロナ以後の東アジア:変動の力学
    コロナ以後の東アジア:変動の力学
    著者:
    東大社研現代中国研究拠点 (編)
    出版社:
    東京大学出版会
    発行年月:
    2020年09月
    定価:
    ¥1,700(税抜き)



    ※当研究所、金明中が「II 日本・韓国 韓国は新型コロナウイルスにどう対応したか」を執筆。


    2020年、世界は新型コロナウイルス感染症(COVID19)のパンデミックによって大きく変化した。新型コロナウイルス感染症がいち早く発見された中国はどのように感染症に対応したのだろうか? 中国、台湾、香港、韓国、そして東南アジアがいまどのような状況にあるのかをそれぞれの第一線の研究者が分析する。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年08月21日 2021年度国際学術大会(日韓共同学術大会) 「新型コロナウイルスが企業の人事・労務管理に与えた影響とテレワーク実施の決定要因に対する分析」 東アジア経済経営学会
2021年08月21日 2021年度国際学術大会(日韓共同学術大会) 「コロナ禍における労働相談のケース分析」 東アジア経済経営学会
2021年08月17日 2021年度勉強会 「日本企業における福利厚生制度の現状と課題」 サムスン経済研究所

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2021年08月21日 障がい者、分身ロボットで働く:IT技術を活用したテレワークの普及が障がい者等の雇用に与える影響 チャンネルA(東亜日報系列) 「ニュースA」
2021年05月26日 厳しさ増す 韓国の就職難 NHKラジオ 「三宅民夫のマイあさ!」
2021年05月11日 韓国のコロナワクチンの接種状況 TBS 「ひるおび!」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年08月22日 読売新聞 朝刊 3面 [スキャナー]テレワーク 定着に壁 コロナ後「縮小」4割
2021年08月22日 東京新聞 朝刊 17面 こちら特報部 企業内大学 好評(下) 大学回帰 低調 「実務と距離」「必要性感じない」
2021年08月19日 北海道新聞 朝刊 8面 テレワーク 自己管理必要

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年09・10月号 Learning Design 68P 議論白熱:ギグワークの課題と可能性-海外のギグワーカー処遇改善事例を参考にした、法制度・法解釈の推進を
2021年08月27日 ニューズウィーク日本版 日韓を読み解く:韓国で男性の育児休業取得率が増加、その理由は?
2021年08月17日号 厚生福祉 2-6P 政治的不安定が続く韓国の社会保障政策に対する考察(9)-日韓における医療費の増加要因は?-医療保険制度の変遷と今後の課題(下)

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

同じ領域の研究員紹介

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る