アジア・新興国

中国、韓国をはじめとする、アジア、新興国の経済や保険マーケット、雇用・人事管理など、幅広い情報をタイムリーにレポートとして提供していきます。とりわけ、中国については定期的に経済の見通しや主要な経済指標、人民元の動向等について、また、成長を続ける新興国地域については経済見通しに加えて、不動産市場動向についても解説を行ってまいります。保険市場については、注目を集めている中国、インド等成長を続けるアジアの保険市場を解説します。

年で絞り込む

2020年08月07日

新型コロナウイルスと各国経済-封じ込めは限界?コロナとの共生を模索する各国

65120_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの封じ込めでは、初期に感染が拡大した中国で強固なロックダウン(都市封鎖)がなされ、一定の効果を挙げたこともあって、その後に感染が拡大した...

続きを読む

高山 武士

高山 武士

経済研究部

2020年08月06日

フィリピンGDP(4-6月期)-前年同期比16.5%減、統計開始以来最大の落ち込み

65116_ext_03_0_S.jpg

2020年4-6月期の実質GDP成長率は前年同期比16.5%減と、前期の同0.2%減から一段と低下し、市場予想(同9.4%減)を大きく下回る結果となった。...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2020年08月06日

政治的不安定が続く韓国の社会政策に対する考察-社会保障や労働市場関連政策を中心に-

65109_ext_03_0_S.jpg

韓国の政治体制は日本と異なり、国民が直接選挙で大統領を選ぶ大統領制を採用しており、任期は5年で再選(重任)を禁じている。再選が認められておらず、政策の実施...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2020年08月05日

【インドネシアGDP】4-6月期は前年同期比5.32%減~アジア通貨危機以来21年ぶりのマイナス成長

65101_ext_03_0_S.jpg

インドネシアの2020年4-6月期の実質GDP成長率 は前年同期比(原系列)5.32%減(前期:同2.97%増)と大幅に低下、市場予想 (同▲4.72%)を下...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2020年08月05日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(8月号)~6月の輸出は段階的な経済再開を反映して減少幅が縮小

65099_ext_03_0_S.jpg

20年6月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て、通関ベース)は前年同月比2.4%減(前月:同21.2%減)とマイナス幅が縮小した。輸出の伸び率は、今年1...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2020年08月03日

世界各国の金融政策・市場動向(2020年7月)-株価は過去最高値を記録する国も

65078_ext_03_0_S.jpg

7月に世界各国 で実施された金融政策および、株価・為替の動きは次の通り。【7月の株価・対ドル為替レートの動き】・中国を中心に新興国株価が大幅上昇。過去最高値...

続きを読む

高山 武士

高山 武士

経済研究部

2020年07月31日

中国経済の現状と今後の見通し-現実味を帯びてきたV字回復への道筋

65050_ext_03_0_S.jpg

中国では経済が持ち直してきた。1-3月期には国内総生産(GDP)が前年比6.8%減とマイナスに落ち込んだが、経済活動を再開した4-6月期には同3.2%増ま...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2020年07月21日

【アジア・新興国】ミャンマーの保険商品-健康保険の内容-健康保険は新型コロナウイルス感染症(Coronavirus disease (COVID-19))も保障

64989_ext_03_0_S.jpg

本稿では情報量が比較的多く公表されているCapital Taiyo Life Insuranceのホームページをもとに、日本における医療(保障)保険にあたる健康...

続きを読む

小林 直人

小林 直人

保険研究部

2020年07月16日

中国経済の強みと弱み-SWOT分析と今後の展開

65122_ext_03_0_S.jpg

2018年12月、中国では改革開放から40周年を迎えて記念式典が開催された。国内総生産(GDP)はその間に245倍に増え世界第2位の経済大国となった。経済...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2020年07月16日

中国REIT市場の現状と見通し-公募REIT、2020年からついに始動 

65088_ext_03_0_S.jpg

世界の不動産投資信託(REIT)市場の資産規模をみると、米国は約9,071億ドル(約98兆円)、日本は1,340億ドル(約15兆円)、豪州は約943億ドル...

続きを読む

胡 笳

胡 笳

社会研究部

2020年07月16日

中国‘P2P互助’の進撃-「相互宝」加入者1億人、平安保険によるポイントで支払う「歩歩奪宝」の誕生

65038_ext_03_0_S.jpg

2019年11月、アント・フィナンシャルは、「相互宝」の加入者がわずか1年ほどで1億人を突破したと発表した。相互宝は、中国EC最大手アリババ・グループがユ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2020年07月14日

インドにバッタの大群侵入、蝗害がコロナに続く新たなリスクに

64935_ext_03_0_S.jpg

インドは新型コロナ感染の封じ込めに失敗し、ワクチンが出るまで収束の見通しが立たない状況にあるなか、現在「アフリカの角」(アフリカ大陸東部)で大発生している...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2020年07月10日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(7月号)~5月の輸出は新型コロナの影響で一段と減少

64924_ext_03_0_S.jpg

20年5月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て、通関ベース)は前年同月比21.7%減(前月:同13.0%減)と一段と減少した。輸出の伸び率は、今年1-2...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2020年07月07日

中国経済の現状と今後の見通し-新型コロナ禍に“新型インフラ”で応じる中国の出口戦略

64860_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が中国経済に与えた打撃は凄まじかった。。中国国家統計局が公表した20年1-3月期の国内総生産(GDP)は前年比...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2020年07月07日

ライブコマースで保険販売(中国)-保険業界発のインフルエンサーは誕生するのか。

64883_ext_03_0_S.jpg

商品をネットでライブ(動画)配信し、視聴者がその場でやり取りをしながら、購入できるライブコマース。視聴者側はライブ配信を見ながら質問ができたり、配信者側は...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2020年07月03日

新型コロナウイルスと各国経済-コロナ禍を上手く乗り切っているのはどの国か?49か国ランキング

64863_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスが世界的に流行、WHOがパンデミック宣言した3月11日から4か月近くが経過した。各国は新型コロナの感染拡大を防ぐために様々な手段を講じて...

続きを読む

高山 武士

高山 武士

経済研究部

2020年07月01日

世界各国の金融政策・市場動向(2020年6月)-欧州で追加緩和、株はFOMC前後で乱高下

64846_ext_03_0_S.jpg

6月に世界各国で実施された金融政策および、株価・為替の動きは次の通り。【6月の株価・対ドル為替レートの動き】・株価は米国FOMC(10日)の前後で乱高下す...

続きを読む

高山 武士

高山 武士

経済研究部

2020年06月26日

中国経済:景気指標の総点検(2020年夏季号)~景気インデックスはプラス成長を示唆!

64799_ext_03_0_S.jpg

新型コロナ禍で経済活動をほぼ全面停止した1-3月期、中国の国内総生産(GDP)は実質で前年比6.8%減と大幅なマイナス成長を記録した。特に宿泊飲食業、卸小...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2020年06月25日

IMF世界経済見通し(改定)-30か国中24か国で下方修正

64789_ext_03_0_S.jpg

6月24日、国際通貨基金(IMF)は世界経済見通し(WEO;World Economic Outlook)の改定版を公表し、内容は次の通りとなった。【世界の実...

続きを読む

高山 武士

高山 武士

経済研究部

2020年06月19日

【アジア・新興国】東南アジア経済の見通し~経済活動の再開進むも、外需悪化が長引き景気回復ペースは緩やかに

64754_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が明らかになり始めており、景気が急激に悪化している。消費者物価上昇率は、今後も原油価格下落...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

アジア・新興国のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国のレポート Topへ