アジア・新興国

中国、韓国をはじめとする、アジア、新興国の経済や保険マーケット、雇用・人事管理など、幅広い情報をタイムリーにレポートとして提供していきます。とりわけ、中国については定期的に経済の見通しや主要な経済指標、人民元の動向等について、また、成長を続ける新興国地域については経済見通しに加えて、不動産市場動向についても解説を行ってまいります。保険市場については、注目を集めている中国、インド等成長を続けるアジアの保険市場を解説します。

年で絞り込む

2019年01月15日

中国の生命保険市場(2017年版)基礎データ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(35)

60570_ext_03_0_S.jpg

急成長を続ける中国の生命保険市場は、2017年にアメリカに次いで2番目の規模となった。上位5カ国の収入保険料の伸び率を見てみると、中国がその他の4カ国を遥...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2019年01月11日

米中対立と習近平経済学(シーコノミクス)

60555_ext_03_0_S.jpg

習近平政権が誕生した2012-13年の中国経済は、改革開放後に始めた成長モデルの成功で世界第2位の経済大国になっていたものの、その成長モデルが限界に達し「...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年01月10日

【アジア・新興国】韓国政府、国民年金制度の改正案を提示-高齢者の貧困率改善や年金の持続可能性の拡大に繋がるだろうか-

60531_ext_03_0_S.jpg

韓国政府は2018年12月14日に国民年金と基礎年金(65歳以上の高齢者のうち、所得認定額が下位70%に該当する者に支給される年金)を合わせ、月100万ウ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年01月08日

【アジア・新興国】韓国の生命保険市場の現状-2018年のデータを中心に-

60499_ext_03_0_S.jpg

2018年における生命保険の世帯加入率は85.9%で、2017年の84.9%に比べて1.0%ポイント上昇した。一方、生命保険加入世帯の平均加入件数は3.7...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年12月26日

ソウル市の7割の私立幼稚園で会計不正―サムスンの改革より難しい幼稚園改革は成功できるだろうか―

60421_ext_03_0_S.jpg

韓国では2018年10月10日から29日まで国政監査が行われた。その中で最も大きな話題となったのが、私立幼稚園を巡る会計不正事件である。ソウル市だけをみる...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年12月21日

【アジア・新興国】東南アジア経済の見通し~19年は底堅い成長も、輸出鈍化と利上げの影響で減速傾向

60415_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、18年7-9月期の成長率が低下したものの、引き続き内需を中心に底堅い成長が続いている。民間消費は良好な雇用・所得環境と物価の安定を背景に...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年12月21日

中国経済:景気指標の総点検(2018年冬季号)~新たに開発した「景気インデックス」は6ヵ月連続低下し6.38%!

60410_ext_03_0_S.jpg

2018年の中国経済は、党大会後の債務圧縮(デレバレッジ)による景気下押し圧力と、米中貿易戦争による先行き不透明感の強まりを背景に、経済成長の鈍化が鮮明と...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年12月18日

中国大手プラットフォーマーBATJによる保険分野への進出【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(34)

60389_ext_03_0_S.jpg

中国では、大手プラットフォーマーであるBATJ(B:百度(バイドゥ)、A:阿里巴巴(アリババ)、T:騰訊(テンセント)、J:京東(ジンドン))を中心に、保...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年12月07日

米中貿易戦争はどうなるのか?

60288_ext_03_0_S.jpg

2018年は米中貿易戦争が世界の注目を浴びる1年となった。7月に米国が中国から輸入する産業機械や電子部品など(340億ドル)に制裁関税を課すと、中国も米国...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年12月06日

豪州の7-9月期GDPは前期比0.3%増~民間消費は低い伸びが続く見通し~

60290_ext_03_0_S.jpg

12月5日、オーストラリア統計局(ABS)は、2018年7-9月期のGDP統計を公表した。7-9月期の実質GDP成長率は前期比0.3%増(季節調整済系列)...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年12月05日

インド経済の見通し~金利上昇と輸出環境の悪化により、勢いを欠いた成長を予想 (2018年度+7.6%、2019年度+7.3%)

60277_ext_03_0_S.jpg

インド経済は7-9月期の成長率が+7.1%まで鈍化した。高額紙幣廃止や物品・サービス税(GST)導入に伴う経済の混乱からの反動増が景気を押し上げる効果が一...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年12月04日

ブラジルの7-9月期GDPは前期比0.8%増~今後は新政権の政治手腕に注目

60259_ext_03_0_S.jpg

11月30日、ブラジル地理統計院(IBGE)は、2018年7-9月期のGDP統計を公表した。7-9月期の実質GDP成長率は前期比0.8%増(季節調整済系列...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年11月22日

中国経済の見通し-さらに減速し6%台前半へ、不良債権問題への波及や企業家精神への打撃に要注意

60175_ext_03_0_S.jpg

中国経済の成長鈍化が鮮明になってきた。中国国家統計局が公表した18年第3四半期(7-9月期)の経済成長率は実質で前年比6.5%増と、第2四半期(4-6月期...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年11月19日

インドにおけるリスクベースの監督(Risk-based Supervision)を巡る動向-IMFのFSAPでの指摘等を受けてのIRDAIの動き-

60150_ext_03_0_S.jpg

インドの保険監督当局であるIRDAI(Insurance Regulatory and Development Authority of India)は、10月4日に...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2018年11月12日

加入者が1日100万人?-アリババ会員向け重大疾病保障とは?

60083_ext_03_0_S.jpg

アリババグループのネットサービスを利用するアリ会員向けに開発された重大疾病保障が話題となっている。オンラインでの加入受付を開始した10月16日以降、わずか...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年11月05日

7%台半ばの堅調な成長続くも、先行きのインフレリスクに注意

59969_ext_03_0_S.jpg

インド経済は回復して2年ぶりの8%成長に達したが、これは昨年の物品サービス税導入に伴う景気減速の反動による影響が大きい。今後ベース効果が剥落して成長率は低...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年10月16日

地方から始まる?年金危機-年金積立金を使い果たした黒龍江省【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(33)

59893_ext_03_0_S.jpg

中国の東北地域に位置する黒龍江省。7月に省内のハルピン市などで年金の支払いが遅れるという報道がなされた。近年、黒龍江省では基本年金基金への収入が支出を上回...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年09月28日

中国経済:景気指標の総点検(2018年秋季号)~「景気悪化」のサインが継続

59704_ext_03_0_S.jpg

供給面の景気指標を点検すると、国内総生産(GDP)に大きく影響する工業生産(実質付加価値ベース)が4-6月期の同6.6%増を大きく下回っており、9月も同水...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年09月21日

【アジア・新興国】東南アジアの経済見通し~貿易摩擦の過熱で下振れリスクが強まるも、底堅い成長を維持

59665_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、内需を中心とする堅調な景気が続いている。民間消費は雇用・所得環境の改善と物価の安定を背景に更に加速し、投資は企業業績の改善や設備稼働率の...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年09月18日

【アジア・新興国】タイの生命保険市場(2017年版)

59627_ext_03_0_S.jpg

2017年のタイ生命保険市場の正味収入保険料(返戻金控除前)は前年比5.5%増の5,914億バーツ(約2.0兆円)と、前年の同7.0%増を下回り、3年連続...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジア・新興国のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国のレポート Topへ