アジア・新興国

中国、韓国をはじめとする、アジア、新興国の経済や保険マーケット、雇用・人事管理など、幅広い情報をタイムリーにレポートとして提供していきます。とりわけ、中国については定期的に経済の見通しや主要な経済指標、人民元の動向等について、また、成長を続ける新興国地域については経済見通しに加えて、不動産市場動向についても解説を行ってまいります。保険市場については、注目を集めている中国、インド等成長を続けるアジアの保険市場を解説します。

年で絞り込む

2019年03月22日

【アジア・新興国】東南アジア経済の見通し~底堅い成長続くも、輸出の停滞色強まり減速へ

61146_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、18年10-12月期の成長率が上昇し、底堅い成長が続いている。輸出は減速傾向が強まり、投資も政府主導のインフラプロジェクトの進展による公...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2019年03月19日

中国経済に忍び寄る人口問題-日本にとってはビジネスチャンスも!

61110_ext_03_0_S.jpg

中国の人口構成は、改革開放直後の「富士山型」から「つぼ型」へと変化してきており、人口増加率の低下、生産年齢人口の減少、従属人口比率の上昇などで経済成長には...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年03月14日

韓国の貧富の格差がさらに拡大―持てる者(5大財閥グループ)の土地資産は急増、持たざる者(所得下位20%世帯)の所得は大きく減少―

61098_ext_03_0_S.jpg

韓国の5大財閥グループが保有している土地の帳簿価格は2007年の23.9兆ウォンから2017年には67.5兆ウォンに43.6兆ウォンも増加している。5大グ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年03月13日

韓国の合計特殊出生率、ついに1を切る

61073_ext_03_0_S.jpg

韓国の出生率がついに1を切った。韓国統計庁が2019年2月27日に発表した「2018年出生・死亡統計(暫定)」 では、2018年の合計特殊出生率(一人の女性...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年03月05日

【アジア・新興国】ベトナム保険市場(2017年版)

61008_ext_03_0_S.jpg

2017年ベトナム経済は世界経済の好調さを受け、実質成長率6.8%と堅調な成長を見せた。その中でもベトナム生命保険市場は保有契約の収入保険料が対前年31....

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2019年03月04日

インド経済の見通し~農家支援策により消費は持ち直しへ向うも、輸出の停滞色が強まり、緩慢な成長が続く(2019年度+7.2%、2020年度+7.5%)

61007_ext_03_0_S.jpg

インド経済は10-12月期の成長率が+6.6%となり、過去5四半期で最も低い水準となった。高額紙幣廃止や物品・サービス税(GST)導入に伴う経済の混乱から...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2019年02月18日

中国経済の見通し-景気対策強化も エンジンを噴かすようなことは慎み 成長率は6%台前半へ

60898_ext_03_0_S.jpg

18年10-12月期の経済成長率は実質で前年比6.4%増となった。党大会前に実施した景気対策で債務が膨張したため、中国政府は18年に入り債務圧縮(デレバレ...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年01月25日

中国経済の現状と今後の注目点~債務圧縮(デレバレッジ)と景気対策には矛盾点、19年成長率目標は引き下げか

60632_ext_03_0_S.jpg

18年10-12月期の経済成長率は実質で前年比6.4%増となった。党大会前に実施した景気対策で債務が膨張したため、中国政府は18年に入り債務圧縮(デレバレ...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年01月22日

あなたの‘信用’、何点ですか?―中国12都市をモデルに進む「社会信用システム」とは?

60596_ext_03_0_S.jpg

中国政府は2020年までに、国民の社会秩序の向上を目指す「社会信用システム」の構築を目指している。アリババのゴマスコアなど商用の信用偏差値とは別の、国によ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2019年01月15日

中国の生命保険市場(2017年版)基礎データ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(35)

60570_ext_03_0_S.jpg

急成長を続ける中国の生命保険市場は、2017年にアメリカに次いで2番目の規模となった。上位5カ国の収入保険料の伸び率を見てみると、中国がその他の4カ国を遥...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2019年01月11日

米中対立と習近平経済学(シーコノミクス)

60555_ext_03_0_S.jpg

習近平政権が誕生した2012-13年の中国経済は、改革開放後に始めた成長モデルの成功で世界第2位の経済大国になっていたものの、その成長モデルが限界に達し「...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年01月10日

【アジア・新興国】韓国政府、国民年金制度の改正案を提示-高齢者の貧困率改善や年金の持続可能性の拡大に繋がるだろうか-

60531_ext_03_0_S.jpg

韓国政府は2018年12月14日に国民年金と基礎年金(65歳以上の高齢者のうち、所得認定額が下位70%に該当する者に支給される年金)を合わせ、月100万ウ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年01月08日

【アジア・新興国】韓国の生命保険市場の現状-2018年のデータを中心に-

60499_ext_03_0_S.jpg

2018年における生命保険の世帯加入率は85.9%で、2017年の84.9%に比べて1.0%ポイント上昇した。一方、生命保険加入世帯の平均加入件数は3.7...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年12月26日

ソウル市の7割の私立幼稚園で会計不正―サムスンの改革より難しい幼稚園改革は成功できるだろうか―

60421_ext_03_0_S.jpg

韓国では2018年10月10日から29日まで国政監査が行われた。その中で最も大きな話題となったのが、私立幼稚園を巡る会計不正事件である。ソウル市だけをみる...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年12月21日

【アジア・新興国】東南アジア経済の見通し~19年は底堅い成長も、輸出鈍化と利上げの影響で減速傾向

60415_ext_03_0_S.jpg

東南アジア経済は、18年7-9月期の成長率が低下したものの、引き続き内需を中心に底堅い成長が続いている。民間消費は良好な雇用・所得環境と物価の安定を背景に...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2018年12月21日

中国経済:景気指標の総点検(2018年冬季号)~新たに開発した「景気インデックス」は6ヵ月連続低下し6.38%!

60410_ext_03_0_S.jpg

2018年の中国経済は、党大会後の債務圧縮(デレバレッジ)による景気下押し圧力と、米中貿易戦争による先行き不透明感の強まりを背景に、経済成長の鈍化が鮮明と...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年12月18日

中国大手プラットフォーマーBATJによる保険分野への進出【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(34)

60389_ext_03_0_S.jpg

中国では、大手プラットフォーマーであるBATJ(B:百度(バイドゥ)、A:阿里巴巴(アリババ)、T:騰訊(テンセント)、J:京東(ジンドン))を中心に、保...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2018年12月07日

米中貿易戦争はどうなるのか?

60288_ext_03_0_S.jpg

2018年は米中貿易戦争が世界の注目を浴びる1年となった。7月に米国が中国から輸入する産業機械や電子部品など(340億ドル)に制裁関税を課すと、中国も米国...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年12月06日

豪州の7-9月期GDPは前期比0.3%増~民間消費は低い伸びが続く見通し~

60290_ext_03_0_S.jpg

12月5日、オーストラリア統計局(ABS)は、2018年7-9月期のGDP統計を公表した。7-9月期の実質GDP成長率は前期比0.3%増(季節調整済系列)...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年12月05日

インド経済の見通し~金利上昇と輸出環境の悪化により、勢いを欠いた成長を予想 (2018年度+7.6%、2019年度+7.3%)

60277_ext_03_0_S.jpg

インド経済は7-9月期の成長率が+7.1%まで鈍化した。高額紙幣廃止や物品・サービス税(GST)導入に伴う経済の混乱からの反動増が景気を押し上げる効果が一...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

アジア・新興国のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アジア・新興国のレポート Topへ