三原 岳

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳(みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 医療・介護・福祉、政策過程論
自己紹介

どのように生きて、どのように暮らし、どのような最期を迎えるのか、そのための費用をどう社会で分かち合うのか。
医療・介護・福祉政策を語る時、その問いは欠かせません。そして、当然のことながら答えは社会の構成員一人ひとりで違います。

医療・介護・福祉政策を考える上では、それぞれで異なる意見に考慮しつつ、当事者である患者や利用者、費用を負担する納税者、制度を現場で支える専門職、市民団体など、できるだけ多くの関係者の声や知恵を政策に反映することが求められます。

しかし、医療・介護・福祉制度は難解かつ複雑であり、ややもすると突っ込んだ議論は敬遠されがちです。
さらに、多くの場合で利害が対立するだけでなく、借金や負担を負わされる将来世代の利益にも考慮する必要があるため、意見集約や合意形成は容易ではありません。
こうした多様な意見を反映する政策形成には政策責任者の努力だけでなく、社会の構成員が主体的に物事を考え、社会的な合意を作っていく必要があります。
以上のような問題意識の下、私は市民や現場に近い視点から医療・介護・福祉制度の現状や課題を分析し、できるだけ分かりやすい言葉で伝えたいと思います。

さらに、医療・介護・福祉制度が複雑なのは長い歴史を経過していることも影響しています。私は日本近現代史を中心とする歴史にも関心を持っているため、制度改正の経緯や背景など歴史的な視点を加味しつつ、現状や課題を読み解く分析も試みたいと思っています。

経歴 プロフィール
【職歴】
 1995年4月~ 時事通信社
 2011年4月~ 東京財団研究員
 2017年10月~ ニッセイ基礎研究所
 2019年7月から現職

【加入団体等】
・社会政策学会
・日本財政学会
・日本地方財政学会
・自治体学会

【著書・寄稿など】
『医薬経済』に『現場が望む社会保障制度』を連載中(毎月)
「"森友問題"で空回りした法改正論議」(2017年8月12日&19日合併号、『週刊ダイヤモンド』介護特集)
「障害者政策の変容と差別解消法の意義」「合理的配慮の考え方と決定過程」日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク編『トピック別 聴覚障害学生支援ガイド』(2017年3月、共著)
「『混合介護』という幻想」『介護保険情報』(2016年11月号)
「介護報酬複雑化の過程と問題点」『社会政策』(通巻第20号、2015年7月)

三原 岳のレポート

2021年02月19日

20年を迎えた介護保険の再考(21)ケアラー支援-介護離職対策に関心、現金給付は創設時に論争に

加齢による要介護リスクをカバーする社会保険制度として、介護保険制度が発足して昨年4月で20年を迎えました。介護保険制度の創設時、必ずしも意識されなかったテ...

続きを見る

2021年02月05日

骨太方針に盛り込まれた「社会的処方」の功罪を問う-薬の代わりに社会資源を紹介する手法の制度化を巡って

2021年度政府予算案の調整では「社会的処方(Social rescribing)」の制度化に向けた議論が進んだ。これはストレスや孤立などを感じている人に対...

続きを見る

2021年02月04日

20年を迎えた介護保険の再考(20)人材確保問題-制度の制約条件となりつつある人手不足

加齢による要介護リスクをカバーする社会保険制度として、介護保険制度が発足して昨年4月で20年を迎えました。昨年まで計19回のコラムを継続しましたが、今年度...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

三原 岳のパブリシティ

著書

  • 地域医療は再生するか~コロナ禍における提供体制改革~
    地域医療は再生するか~コロナ禍における提供体制改革~
    著者:
    三原 岳(著)
    出版社:
    医薬経済社
    発行年月:
    2020年11月
    定価:
    ¥1,500(税抜き)


    ※当研究所、三原岳が執筆。


    高齢化、コロナ、財政危機…。医療界には提供体制改革が喫緊の課題だ。
    政府や自治体の動向、論点や課題、処方箋を示す。

  • 必携自治体職員ハンドブック 第4次改訂版
    必携自治体職員ハンドブック 第4次改訂版
    著者:
    公職研編集部(編)
    出版社:
    公職研
    発行年月:
    2019年04月
    定価:
    ¥2,400(税抜き)


    ※当研究所、三原岳が第1編 第3章「少子高齢時代の福祉政策」を執筆。


    地方公務員として必要な基本知識をまとめた1冊。新任・中堅職員等の研修や自己啓発のテキストとして、また昇任昇格試験の参考文献に最適です。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年01月14日 第124回医療と福祉を語る会 「地域医療にどう参画するか~コロナ禍で考える現状と将来~」 患医ねっと
2020年12月24日 多職種協働による在宅チーム医療を担う人材育成研修会 「介護保険20年を機に原点を振り返る~ケアマネジメントの本質、ケアマネジャーの役割を問う~」 豊明東郷医療介護サポートセンター
2020年11月05日 医療情報総合演習II 「ちょっと得する? 介護の知識」 東京医療保健大学

講演・学会報告をもっと見る

イベント シンポジウム

講演日 講演タイトル 主催
2020年10月09日 「健康な社会」実現のために 企業にできること 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社

イベント シンポジウムをもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2020年10月27日 コロナ後遺症の生活支援について NHK(総合) 「クローズアップ現代+」
2020年08月30日 一体なぜ?コロナ禍なのに病院が減る!? TBS 「噂の!東京マガジン」
2019年11月29日 医療機関統廃合について NHK(札幌放送局) 「北海道クローズアップ」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年02月13日 日本経済新聞 朝刊 20面 健康保険の仕組みと課題 現役世代、高齢化で負担増
2021年01月19日 日本経済新聞 朝刊 5面 介護報酬 リスクに備え 全サービス、4月引き上げ 事業者の経営基盤強化
2020年12月11日 日本経済新聞 朝刊 5面 75歳以上、年収200万円から2割 医療費、世代格差解消遠く

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年02月13日号 東洋経済 24-25P コロナ医療危機の深層 感染症法改正では解決できない! ベッドが足りない根本理由
2021年02月号 月刊自治研 Vol.63 55-61P コロナ禍のもと、地域医療構想はどう進むか
2021年02月号 ガバナンス 132P 【基礎研Report Head Line】 Z世代の情報処理と消費行動(2)-Z世代と4つの市場変化

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る