三原 岳

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳(みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 医療・介護・福祉、政策過程論
自己紹介

どのように生きて、どのように暮らし、どのような最期を迎えるのか、そのための費用をどう社会で分かち合うのか。
医療・介護・福祉政策を語る時、その問いは欠かせません。そして、当然のことながら答えは社会の構成員一人ひとりで違います。

医療・介護・福祉政策を考える上では、それぞれで異なる意見に考慮しつつ、当事者である患者や利用者、費用を負担する納税者、制度を現場で支える専門職、市民団体など、できるだけ多くの関係者の声や知恵を政策に反映することが求められます。

しかし、医療・介護・福祉制度は難解かつ複雑であり、ややもすると突っ込んだ議論は敬遠されがちです。
さらに、多くの場合で利害が対立するだけでなく、借金や負担を負わされる将来世代の利益にも考慮する必要があるため、意見集約や合意形成は容易ではありません。
こうした多様な意見を反映する政策形成には政策責任者の努力だけでなく、社会の構成員が主体的に物事を考え、社会的な合意を作っていく必要があります。
以上のような問題意識の下、私は市民や現場に近い視点から医療・介護・福祉制度の現状や課題を分析し、できるだけ分かりやすい言葉で伝えたいと思います。

さらに、医療・介護・福祉制度が複雑なのは長い歴史を経過していることも影響しています。私は日本近現代史を中心とする歴史にも関心を持っているため、制度改正の経緯や背景など歴史的な視点を加味しつつ、現状や課題を読み解く分析も試みたいと思っています。

経歴 プロフィール
【職歴】
 1995年4月~ 時事通信社
 2011年4月~ 東京財団研究員
 2017年10月~ ニッセイ基礎研究所
 2019年7月から現職

【加入団体等】
・社会政策学会
・日本財政学会
・日本地方財政学会
・自治体学会

【著書・寄稿など】
『医薬経済』に『現場が望む社会保障制度』を連載中(毎月)
「"森友問題"で空回りした法改正論議」(2017年8月12日&19日合併号、『週刊ダイヤモンド』介護特集)
「障害者政策の変容と差別解消法の意義」「合理的配慮の考え方と決定過程」日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク編『トピック別 聴覚障害学生支援ガイド』(2017年3月、共著)
「『混合介護』という幻想」『介護保険情報』(2016年11月号)
「介護報酬複雑化の過程と問題点」『社会政策』(通巻第20号、2015年7月)

三原 岳のレポート

2022年05月16日

2022年度診療報酬改定を読み解く(上)-新興感染症対応、リフィル処方箋、オンライン診療の初診緩和など

2022年4月から新しい診療報酬体系がスタートした。医療サービスの対価として医療機関に支払われる診療報酬本体は2年に1回の頻度で見直されており、2022年...

続きを見る

2022年04月28日

社会保障から見たESGの論点と企業の役割(3)-法定率のクリアだけで十分?障害者雇用を再考する

近年、企業経営や投資の世界では「ESG」という言葉を見聞きします。これは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(...

続きを見る

2022年03月25日

社会保障から見たESGの論点と企業の役割(2)-試金石となる?障害者の合理的配慮義務化に向けた対応

近年、企業経営や投資の世界では「ESG」 という言葉をよく目にします。これは「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

三原 岳のパブリシティ

著書

  • 介護経営白書2021年度版 ポストコロナ時代の介護再構築――今こそ問う変革期の経営戦略
    介護経営白書2021年度版 ポストコロナ時代の介護再構築――今こそ問う変革期の経営戦略
    著者:
    青木 正人(編)/川渕 孝一(編)/ヘルスケア総合政策研究所(企画・制作)
    出版社:
    日本医療企画
    発行年月:
    2021年12月
    定価:
    ¥4,000(税抜き)


    ※当研究所、三原岳が参加した、序章「特別座談会 ポストコロナ時代の介護経営──不確実性の中の戦略と実践」が掲載。


    コロナによって明らかにされた介護の実態を探り、新しい時代に向けた介護経営のあり方を徹底検証。ポストコロナ時代を見据えた財政や社会保障、政策の行方、介護教育、ケアの在り方、介護経営人材、業界団体の動向など、専門家、有識者の方々の見解を提示し、新型コロナが明らかにした介護のさまざまな実態を探り、介護経営を多様な視点から概観し、新しい時代に求められる経営戦略を追究します。

  • 必携自治体職員ハンドブック 第5次改訂版
    必携自治体職員ハンドブック 第5次改訂版
    著者:
    公職研編集部(編)
    出版社:
    公職研
    発行年月:
    2021年05月
    定価:
    ¥2,640


    ※当研究所、三原岳が第1編 第3章「少子高齢時代の福祉政策」を執筆。


    最新制度改正、SDGsやICT/AIほかの「地方行政の動向・課題」、自治法・地公法・財政制度の「地方自治の諸制度」など職員必須の基本知識をこの一冊で。新たに、令和時代の職員に求められる「経営管理のポイント」を書き下ろし。

    ※こちらの書籍は公費購入専用書籍「自治体職員ハンドブック第10版」に「『経営管理』のポイント」加筆した一般販売用書籍です。

  • 地域医療は再生するか~コロナ禍における提供体制改革~
    地域医療は再生するか~コロナ禍における提供体制改革~
    著者:
    三原 岳(著)
    出版社:
    医薬経済社
    発行年月:
    2020年11月
    定価:
    ¥1,500(税抜き)


    ※当研究所、三原岳が執筆。


    高齢化、コロナ、財政危機…。医療界には提供体制改革が喫緊の課題だ。
    政府や自治体の動向、論点や課題、処方箋を示す。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2022年03月05日 自治研センター講演会「コロナ禍と地域医療のこれから~国と地方は何をすべきか~」 千葉県地方自治研究センター
2022年02月25日 地域ケア関係機関連絡会議 「「65 歳の壁」はなぜ生まれるのか~介護保険と障害者福祉の狭間で~」 広島県身体障害者更生相談所
2022年02月02日 令和3年度 実践型地域づくり人材育成プログラム 「成果報告会(市町村版)」 コメンテーター 株式会社NTTデータ経営研究所

講演・学会報告をもっと見る

イベント シンポジウム

講演日 講演タイトル 主催
2020年10月09日 「健康な社会」実現のために 企業にできること 株式会社ニッセイ基礎研究所│後援:日本生命保険相互会社

イベント シンポジウムをもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2021年11月10日 コロナ禍で浮き彫りになった医療制度の課題は NHKラジオ 「Nらじ」
2021年05月15日 健康保険組合の危機 CBCラジオ 「北野誠のズバリサタデー」
2021年03月13日 オンライン診療について CBCラジオ 「北野誠のズバリ」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年04月16日 下野新聞 朝刊 16面 「科学的介護」沸く業界 国がシステム導入 後押し データで自立支援 ニーズ軽視の懸念も
2022年04月13日 宮崎日日新聞 夕刊 10面 「科学的介護」に業界注目 運動能力/生活状態 国がデータ活用推進
2022年04月08日 産経新聞 朝刊 15面 科学的介護 湧く業界 国、システム導入を後押し データ偏重 ニーズ軽視も

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年05月17日号 厚生福祉 2-7P 医療提供体制改革の今後を展望する(1) 地域医療構想とは何か-通称「424リスト」公表に至る経緯
2022年05月号 PHASE3 44-45P 医療政策とオンライン診療 患者と医師との「信頼財」を増やす視点なしでは普及しない
2022年04月02日号 週刊東洋経済 13P 認定かかりつけ医制度に国民の支持は集まるか

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る