財政・税制

バブル経済崩壊以降現在に至る税収の伸び悩みや社会保障関係費の増加等による歳出の拡大から、日本の財政状況が悪化を辿り、消費税増税、歳出構造の見直し等、財政再建に向けた取り組みが続いています。「財政・税制」の」一覧では、2020年度までのプライマリーバランスの黒字化の目標が掲げられる一方、金利高騰・通貨下落のリスクが指摘される中、わが国の財政政策、地方財政、税制についての分析、提言を行います。

年で絞り込む

2018年10月31日

消費増税へのハードル-増税対策は、費用対効果を考えて

59988_ext_03_0_S.jpg

消費税率の10%への引き上げまで1年を切った。財政健全化や社会保障の持続可能性を高めるためには、消費増税を実現して新たな税収源を確保することが欠かせない。...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年10月03日

平成31年度に向けた予算・税制改正等の動き

59707_ext_03_0_S.jpg

平成31年度予算策定への動きが始まった。医療・年金・介護を含む社会保障費が、過去最大規模を更新し、あるいは防衛費が昨今の国際情勢を背景に増額要求となるなど...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2018年09月21日

地方の自立とふるさと納税

59666_ext_03_0_S.jpg

「ふるさと納税」の寄付額が過去最高を更新している。2017年度の総額は3,653億円と前年度の2,844億円に比べて28%増えた。特に、ここ数年は、認知度...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2018年09月07日

2019年度概算要求-新・財政健全化計画下でのはじめての予算編成に向けて

59562_ext_03_0_S.jpg

9月7日、2019年度の当初予算案に対する各府省の概算要求一覧が公表された。要求額の総額は102兆7,658億円となり、前年度概算要求から1兆8,072億...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2018年09月07日

拡大する所有者不明土地-求められる対策とは?

59498_ext_03_0_S.jpg

日本全国で所有者不明土地が増加している。所有者不明土地とは、不動産登記簿等の公簿情報などをもとに調査しても所有者が判明しない、または判明しても所有者と連絡...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年09月05日

「消費税還元セール」は有効か?~反動減対策について考える

59471_ext_03_0_S.jpg

消費増税の反動減対策として、増税前後の需要変動に応じて事業者が自由に価格を設定できるようにするための工夫や「消費税還元セール」の解禁が検討されている。だが...

続きを読む

中里 透
2018年08月24日

導入迫る軽減税率-その仕組みと残された課題

59453_ext_03_0_S.jpg

消費税率の引き上げが2019年10月に予定されている。今回注目されるのは、日本で初の導入となる軽減税率である。軽減税率の導入は、低所得者対策として打ち出さ...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年07月18日

拡大する所有者不明土地-求められる対策とは?

59084_ext_03_0_S.jpg

日本全国で所有者不明土地が増加している。所有者不明土地とは、不動産登記簿等の公簿情報などをもとに調査しても所有者が判明しない、または判明しても所有者と連絡...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年07月13日

「地方財源不足額」は本当に解消されているのか?―先送りされ続ける臨時財政対策債の償還財源確保

59068_ext_03_0_S.jpg

地方財政計画策定途上で生ずる「地方財源不足額」は、これを解消するための財源対策が総務省と財務省の協議によって事前に講じられているため、実際には顕在化してい...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

2018年07月09日

3割上限ルールの影響-結局、返礼品割合の高い自治体が選ばれる

59023_ext_03_0_S.jpg

先日公表された「ふるさと納税に関する現況調査結果(平成29年度実績)」によると、2017年度のふるさと納税額は3,653億円であった。対前年増加額は809...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年07月05日

2022年問題の不動産市場への影響-生産緑地の宅地化で、地価は暴落しない

59009_ext_03_0_S.jpg

生産緑地の30年買取り申出 によって多くの生産緑地が一斉に宅地として放出され、不動産市場に大きな影響を与えるのではないかとの懸念が生産緑地の2022年問題と...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年07月02日

ふるさと納税の使途に注目が集まれば-都市部ほど有利だと考える根拠

58961_ext_03_0_S.jpg

2017年9月26日に発出された総務大臣書簡を機に、ふるさと納税の使途に注目する向きがある。その書簡において、ふるさと納税の更なる活用のために重要なことが...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年06月25日

190兆円の社会保障費をどのようにとらえるか-「2025年問題」の虚像と実像

58888_ext_03_0_S.jpg

2040年度に社会保障給付費が190兆円に達するとの政府試算(5月21日公表)は、大きな衝撃をもって受けとめられた。6月15日に閣議決定された「骨太の方針...

続きを読む

中里 透
2018年04月11日

国保の都道府県化で何が変わるのか(上)-制度改革の背景と意義を考える

58410_ext_03_0_S.jpg

2018年4月から国民健康保険の運営が市町村単位から都道府県単位に変わった。これは約50年ぶりと言われる大規模な制度改革であり、恒常的な赤字財政に苦しむ国...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2018年03月20日

2022年問題の不動産市場への影響~生産緑地の宅地化で、地価は暴落しない~

58199_ext_03_0_S.jpg

生産緑地の2022年問題をはじめに指摘したコラムを執筆したのは筆者である。しかしその後の意向調査結果、市街化区域内農地の状況、一連の法制度改正等を含めて分...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月20日

地方公会計制度とその改革~その2 地方公会計制度改革の経緯と課題~

58200_ext_03_0_S.jpg

本来地方公会計の果たすべき役割を踏まえると、現金主義・単式簿記による会計方式のみを前提とした地方公会計制度では不十分な面がある。そこで、総務省は現金主義・...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年03月13日

那覇=粟国(あぐに)路線の運休問題-資金不足なら、ふるさと納税を使ってはどうですか

58140_ext_03_0_S.jpg

来月から、那覇=粟国路線の運休が決まった。当路線は、今年1月に運航が再開したばかりであるが、再開当初から4月以降の運航は不透明であった。当時の新聞記事 によ...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年03月05日

なぜ賃金上昇の実感が乏しいか

57982_ext_03_0_S.jpg

安倍首相は経済団体首脳に対して、今年も賃金の3%アップを要請したと言う。業績好調な企業が賃上げを行うことは、ステークホルダーである従業員への還元という意味...

続きを読む

2018年03月05日

平成30年度税制改正について

57984_ext_03_0_S.jpg

平成30年度税制改正大綱は、昨年末に与党が公表し、閣議決定を経て、現在、国会審議に進んでいるところである。年金関係では、公的年金等控除が縮小(増税)される...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2018年02月27日

税制改正がもたらす国保財政の悪化-税制と社会保険料の整合的な議論を

57980_ext_03_0_S.jpg

政府・与党が昨年末に決定した税制改正が今後、農林水産業従事者や自営業者を主な対象として想定している国民健康保険制度の財政悪化をもたらす可能性がある。具体的...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

財政・税制のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

財政・税制のレポート Topへ