高岡 和佳子

金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター・ジェロントロジー推進室・ESG推進室兼任

高岡 和佳子(たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 リスク管理・ALM、価格評価、企業分析
自己紹介

資産運用にまつわるリスク管理や複雑な金融商品の価格評価など、一般の方には馴染みの薄い分野を主な研究領域としています。最近は、これら金融技術を活用し、フィナンシャル・ジェロントロジーといった領域にも取り掛かってます。

経歴 【職歴】
 1999年 日本生命保険相互会社入社
 2006年 ニッセイ基礎研究所へ
 2017年4月より現職

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会検定会員

高岡 和佳子のレポート

2021年10月07日

ESGのSとは-具体的事例でS に対する理解を深める

ESGとは、企業が持続的成長を遂げるために重要な3つの要素、環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の頭文字をとった造語である。異常気象、買物袋の有料化な...

続きを見る

2021年09月30日

ふるさと納税:3割5割は関係ない~2019年度は減少したというのは本当か、その理由は?

2019年6月から始まった返礼品の割合を3割以下に抑制する新制度の影響で、2019年度のふるさと納税額は減少に転じた。しかし、返礼品の割合低下がふるさと納...

続きを見る

2021年09月07日

ふるさと納税はなぜ3割か?-課税状況データを基に最適な返礼品の割合を考える

「ふるさと納税の返礼品が一種の還付となっており、所得が多いほど受けるメリットが大きい」という指摘がある。事実、高額納税者ほど、ふるさと納税利用率は高い。2...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る