QE速報・予測

四半期毎に内閣府より公表され、経済全体の動きをとらえることができ、民間消費、住宅投資、設備投資、公的需要、外需の需要項目に従い、解説、予測を行います。

年で絞り込む

2020年08月03日

2020年4-6月期の実質GDP~前期比▲8.1%(年率▲28.8%)を予測~

65074_ext_03_0_S.jpg

8/17に内閣府から公表される2020年4-6月期の実質GDPは、前期比▲8.1%(前期比年率▲28.8%)と3四半期連続のマイナス成長になったと推計され...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年07月30日

「札幌オフィス市場」の現況と見通し(2020年)~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえた市場見通し

65039_ext_03_0_S.jpg

札幌市では、IT関連企業やコールセンターを中心として新規開設および拡張移転の動きが活発で、空室が減少している。需給環境の逼迫により空室率が低下するなか、募...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2020年07月15日

「仙台オフィス市場」の現況と見通し(2020年)~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえた市場見通し

64936_ext_03_0_S.jpg

仙台のオフィス空室率は、2013年以降、新規供給が限定的であることを反映し、低下傾向で推移している。需給の逼迫に伴い、募集賃料も上昇基調で推移している。一...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2020年06月15日

「大阪・名古屋オフィス市場」の現況と見通し~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえて見通しを改定

64721_ext_03_0_S.jpg

大阪と名古屋のオフィス市場では、まとまった空室を確保することが困難な状況が続いている。逼迫した需給環境を反映し、公表されている統計数値等を見る限り、募集賃...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2020年05月27日

「東京都心部Aクラスビル市場」の現況と見通し~新型コロナウィルスの感染拡大を踏まえて見通しを改定

64535_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う外出自粛要請並びに緊急事態宣言の発令は、民間消費や建設投資、設備投資など経済活動に対して広範囲にわたって甚大な影響をもた...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2020年05月18日

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比▲0.9%(年率▲3.4%)-2四半期連続のマイナス成長、新型コロナの影響本格化は4-6月期

64454_ext_03_0_S.jpg

2020年1-3月期の実質GDPは、前期比▲0.9%(年率▲3.4%)と2四半期連続のマイナス成長となった(当研究所予測4月30日:前期比▲0.9%、年率...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年04月30日

2020年1-3月期の実質GDP~前期比▲0.9%(年率▲3.6%)を予測~

64339_ext_03_0_S.jpg

5/18に内閣府から公表される2020年1-3月期の実質GDPは、前期比▲0.9%(前期比年率▲3.6%)と2四半期連続のマイナス成長になったと推計される...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年02月17日

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比▲1.6%(年率▲6.3%)-民需総崩れで大幅マイナス成長

63716_ext_03_0_S.jpg

2019年10-12月期の実質GDPは、前期比▲1.6%(年率▲6.3%)と5四半期ぶりのマイナス成長となった(当研究所予測1月31日:前期比▲1.1%、...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年02月17日

「東京都心部Aクラスビル市場」の現況と見通し(2020年)

63707_ext_03_0_S.jpg

東京都心部Aクラスビル の空室率は、2018年第4四半期以降、1%を下回る低水準で推移しており、足元では過去最低水準の0.6%に達した。成約賃料は、極めて逼...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2020年02月10日

オフィス・物流市場は一段と改善、住宅市場は弱含みで推移-不動産クォータリー・レビュー2019年第4四半期

63627_ext_03_0_S.jpg

19年7-9月期実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.4%に上方修正された。今後の実質GDP成長率は2019年度0.8%、2020年度0.6%、202...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2020年01月31日

2019年10-12月期の実質GDP~前期比▲1.1%(年率▲4.4%)を予測~

63557_ext_03_0_S.jpg

2/17に内閣府から公表される2019年10-12月期の実質GDPは、前期比▲1.1%(前期比年率▲4.4%)と5四半期ぶりのマイナス成長になったと推計さ...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年01月28日

経済予測はどのくらいはずれるのか(3)~四半期別GDP速報の予測精度(個別機関vsコンセンサス予測)~

63517_ext_03_0_S.jpg

四半期別GDP速報(1次速報)における実質GDP成長率(前期比年率)の予測誤差(民間調査機関の平均、コンセンサス)は、2000年1-3月期から2019年7...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年11月14日

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比0.1%(年率0.2%)-消費増税前にもかかわらず低成長

62999_ext_03_0_S.jpg

2019年7-9月期の実質GDPは、前期比0.1%(年率0.2%)と4四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測10月31日:前期比0.1%、年率0.2...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年11月08日

オフィスは需給逼迫が継続。REIT指数は上昇基調を強める。-不動産クォータリー・レビュー2019年第3四半期

62970_ext_03_0_S.jpg

2019年4-6期の実質GDPは3四半期連続のプラス成長となった。ただし、10月の消費増税により、民間消費を中心に国内需要が一定程度落ち込むことは避けられ...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年10月31日

2019年7-9月期の実質GDP~前期比0.1%(年率0.2%)を予測~

62912_ext_03_0_S.jpg

11/14に内閣府から公表される2019年7-9月期の実質GDPは、前期比0.1%(前期比年率0.2%)と4四半期連続のプラス成長になったと推計される。外...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年08月09日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.4%(年率1.8%)-外需の悪化を好調な内需がカバーし、3四半期連続の高成長

62230_ext_03_0_S.jpg

2019年4-6月期の実質GDPは、前期比0.4%(年率1.8%)と3四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測7月31日:前期比▲0.1%、年率▲0....

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年07月31日

2019年4-6月期の実質GDP~前期比▲0.1%(年率▲0.2%)を予測~

62166_ext_03_0_S.jpg

8/9に内閣府から公表される2019年4-6月期の実質GDPは、前期比▲0.1%(前期比年率▲0.2%)と3四半期ぶりのマイナス成長になったと推計される。...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年05月20日

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.5%(年率2.1%)-予想を大きく上回る高成長も、表面上の数字より内容は悪い

61580_ext_03_0_S.jpg

2019年1-3月期の実質GDPは、前期比0.5%(年率2.1%)と2四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測4月26日:前期比▲0.0%、年率▲0....

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年04月26日

2019年1-3月期の実質GDP~前期比▲0.0%(年率▲0.2%)を予測~

61432_ext_03_0_S.jpg

5/20に内閣府から公表される2019年1-3月期の実質GDPは、前期比▲0.0%(前期比年率▲0.2%)と2四半期ぶりのマイナス成長になったと推計される...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年02月14日

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.4%)-2四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

60877_ext_03_0_S.jpg

2018年10-12月期の実質GDPは、前期比0.3%(年率1.4%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。自然災害の影響で7-9月期に減少した民間消費(前...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

QE速報・予測のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

QE速報・予測のレポート Topへ