資産運用・資産形成

年で絞り込む

2020年08月13日

コロナ禍でも正常化に向かう投信市場~2020年7月の投信動向~

65162_ext_03_0_S.jpg

2020年7月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国株式に6,000億円を超える資金流入があった。国内...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2020年08月11日

気候変動のリスク指数開発-アクチュアリーは異常気象による損害リスクを、どう表現するのか?

65139_ext_03_0_S.jpg

アメリカでは、気候リスク指数が開発され、2020年1月に、アクチュアリー会のホームページで公表されている。この指数は、日本での気候変動関連のリスク管理にお...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2020年08月06日

「老後2,000万円」騒動から1年、コロナ襲来で「つみたて投資」はやめるべきか、続けるべきか

65092_ext_03_0_S.jpg

去年6月の「老後2,000万円」騒動をきっかけに、つみたて投資を始めた人は多い。。一念発起して投資家の仲間入りしたものの、1年も経たずにコロナ禍に見舞われ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2020年08月05日

リバランス再論

65020_ext_03_0_S.jpg

新型コロナの感染の広がりをきっかけにした、2月から3月末までの世界株価の下落幅は30%を超えた。ところがその後株価は回復し、6月末までにおよそ8割を戻した...

続きを読む

2020年08月05日

投信市場で存在感が高まる積立投資

65023_ext_03_0_S.jpg

2020年上半期は金融市場の混乱や対面販売の自粛など厳しい販売環境であったにも関わらず、投資信託の販売は堅調であった。冷静に行動した投資家が多かった上に、...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2020年07月31日

新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化

65049_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの流行の影響を受けて、世界のM&A取引は低調となっている。これは、企業業績の悪化や移動制限により企業買収に必要な現地調査が難しくなってい...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志
金融研究部

2020年07月30日

国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識

65045_ext_03_0_S.jpg

国内外の株式に投資をする場合、どうしたら良いのだろうか。初心者が投資を始める場合は一般的に投資信託のインデックスファンドからスタートすることが多いと思われ...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

2020年07月28日

新型コロナによる大封鎖が不動産市場に与えた影響-不確実性の高まる世界において。不動産投資を再考する(3)

65018_ext_03_0_S.jpg

新型コロナによる大封鎖(The Great Lockdown)では、「ヒトの流れ」が止まったことが、経済的な落ち込みの主たる原因である。一方、2007年以降の...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠
金融研究部

2020年07月27日

つみたてNISA、意外と多い短期志向?~積立投資と合わせて長期投資は根付くのか~

65016_ext_03_0_S.jpg

30代、40代を中心に広がってきた つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。改めて四半期ごとの つみたてNISAの口座数...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2020年07月24日

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業

65011_ext_03_0_S.jpg

まもなく2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が本格化する。例年このタイミングで業績予想を変更する企業は少ないが、年度末まで9ヶ月残っているにもかか...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2020年07月17日

楽観的な金融市場と実体経済の乖離-IMF国際金融安定性報告書(GFSR)より

64975_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大により、グローバル金融市場は不安定な状況が続いている。こうした中、国際通貨基金(IMF)は6月25日、国際金融安定性報告書(G...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志
金融研究部

2020年07月15日

30代、40代の活用が進むつみたてNISA

64938_ext_03_0_S.jpg

2018年1月から始まった つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。つみたてNISA口座からの買付金額が、2年目の20...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2020年07月07日

株式ファンドは戻り売りで資金流出~2020年6月の投信動向~

64886_ext_03_0_S.jpg

2020年6月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国債券、外国株式から資金流出があり、国内株...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2020年07月03日

日本銀行による国債買入れの今後の展望

64815_ext_03_0_S.jpg

日本銀行はイールドカーブコントロール導入後より長期国債の買入れペースを減少させてきたが、ネットベースでの買入れ方針について「80兆円めど」から「上限を設け...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2020年07月03日

FRB社債購入の市場への影響~金融緩和による市場のゆがみ

64816_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの流行による米国社債市場の混乱を受けて、FRBは社債等の購入を開始した。こうした取り組みは、企業の資金調達を支援し金融市場の安定化に寄与...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志
金融研究部

2020年06月30日

TOPIXと日経225の違い-どちらに投資した方が有利なのか

64829_ext_03_0_S.jpg

投資の初心者が日本株に投資する場合、一般的に投資信託でインデックスファンドに投資をするのが良いと勧められるケースが多い。ただ、投資信託とは何か、インデック...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

2020年06月24日

不確実性の高まる世界において。不動産投資を再考する(2)-世界金融危機時のパフォーマンスから不動産のリスクと不確実性を考察する

64772_ext_03_0_S.jpg

本稿では、過去に不確実性が顕在化した局面として、米国のサブプライム住宅ローン危機を発端とした2007年以降の世界金融危機における不動産のインカムリターンを...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠
金融研究部

2020年06月22日

「老後2,000万円」騒動から1年 コロナ襲来で「つみたて投資」はやめるべきか、続けるべきか

64755_ext_03_0_S.jpg

「老後2,000万円騒動」から1年が過ぎた。騒動をきっかけに「つみたて投資」を始めた矢先のコロナ禍で株価が急落。肝を冷やした人も少なくないだろう。幸い株価...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2020年06月19日

老後資金の取崩し(5)-早期に誤りを認めて修正するという英断も重要

64750_ext_03_0_S.jpg

大多数の人はリスクを避けたがる。正しくリスクを避けるためには、最も避けたいリスクを明確に理解し、更にリスクへの対処法を検討することが重要である。では、老後...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子
金融研究部

2020年06月18日

金融リテラシーが高い15歳の特徴-PISA「Are Students smart about money?」からわかること

64746_ext_03_0_S.jpg

全国の25,000人(18~79歳)に対して行われた金融広報中央委員会「金融リテラシー調査」(2019)によると、学校において金融教育を「行うべき」との意...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那
金融研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る