渡邊 布味子

金融研究部 准主任研究員

渡邊 布味子(わたなべ ふみこ)

研究・専門分野
不動産市場、不動産投資

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場、不動産投資
自己紹介

これまで様々な用途の国内不動産に投資運用する実務に関わってきました。
不動産は買う・売るだけでなく、持つ・借りる・利用するなど私たちの身近に存在し、人の活動の変化とともに利用の仕方や価値が変わる面白さがあります。また、資産でもある不動産の分析には、取り巻く市場の流れを見ることも大切です。実務の知識と経験を踏まえ、こうした不動産についての情報を中心に発信して参ります。

経歴 【職歴】
 2000年 東海銀行(現三菱UFJ銀行)入行
 2006年 総合不動産会社に入社
 2018年5月より現職

・不動産鑑定士
・宅地建物取引士
・不動産証券化協会認定マスター
・日本証券アナリスト協会検定会員

渡邊 布味子のレポート

2021年05月12日

2020年のマンション市場と今後の動向-今マンションは買うべきなのか

2020年のマンション市場では、コロナ禍により販売戸数が大きく減少した。一方で、現在のマンション価格は高値水準にある。マンションを買いたい人は、今買うべき...

続きを見る

2021年04月12日

2021年のホテルの市場動向-ターゲット層は国内観光客、求められる積極的な運営姿勢

コロナ禍が収束すれば、優れた観光資源が多く、競争力もある日本には、以前と同様に、毎年多くの訪日外国人客が訪れ、ホテルの収益性の改善が期待できるとともに、投...

続きを見る

2021年04月05日

強気が続く不動産売買市場、ただし一部投資家は消極姿勢に変化か

2020年の不動産市場の売買総額は一昨年と同水準となり、勢いが衰える様子はない。ただし、全体的に築浅の賃貸住宅へ選好が強くなっており、投資家の投資方針は保...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年06月07日 令和3年度 特別講演会 「コロナ後の日本の地価はどうなる?」 一般社団法人埼玉県資産経営協会
2021年05月24日 資本市場を考える会 「コロナ禍における不動産市場の動向」 公益財団法人日本証券経済研究所
2021年03月10日 大和不動産塾 第11回 「不動産の市場分析」 大和不動産鑑定株式会社

講演・学会報告をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年08月05日 朝日新聞 朝刊 25面 新築マンション コロナで下落?

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年05月31日 NHK NEWS WEB 都心のマンション なぜ値上がり?
2021年03月09日 ニューズウィーク日本版 2020年のマンション市場と今後の動向──コロナ禍で高まる需要、今マンションは買うべきなのか
2021年01月03日 MONEY PLUS 将来の値下がりを待つべき?2021年のマンション市場の相場見通し-価格の下げ圧力は生じにくい

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る