渡邊 布味子

金融研究部 准主任研究員

渡邊 布味子(わたなべ ふみこ)

研究・専門分野
不動産市場、不動産投資

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 不動産市場、不動産投資
自己紹介

これまで様々な用途の国内不動産に投資運用する実務に関わってきました。
不動産は買う・売るだけでなく、持つ・借りる・利用するなど私たちの身近に存在し、人の活動の変化とともに利用の仕方や価値が変わる面白さがあります。また、資産でもある不動産の分析には、取り巻く市場の流れを見ることも大切です。実務の知識と経験を踏まえ、こうした不動産についての情報を中心に発信して参ります。

経歴 【職歴】
 2000年 東海銀行(現三菱UFJ銀行)入行
 2006年 総合不動産会社に入社
 2018年5月より現職

・不動産鑑定士
・宅地建物取引士
・不動産証券化協会認定マスター
・日本証券アナリスト協会検定会員

渡邊 布味子のレポート

2020年08月13日

新型コロナで住宅市場は更に減速、ホテル・商業は厳しさを増す-不動産クォータリー・レビュー2020年第2四半期

65164_ext_03_0_S.jpg

未だ終息の見えないコロナ禍によって厳しい経済ショックに見舞われるなか、各種経済対策が打ち出されてはいるが、幅広い分野での需要急減の影響は、不動産市場におい...

続きを見る

2020年07月31日

低迷する宿泊施設はコロナ禍から抜け出せるか-国内旅行客の動向とGo Toキャンペーンを考える

65065_ext_03_0_S.jpg

国内外旅行の自粛から、観光業にとっては厳しい状態が続いている。国境閉鎖によるインバウンド需要の消失と、訪日客よりも客数の多い国内旅行客の移動自粛により、客...

続きを見る

2020年07月07日

コロナショックはマンション価格を下げるのか-新築・中古マンションの価格推移から考える

64865_ext_03_0_S.jpg

これまで首都圏のマンション価格は新築、中古とも7年連続で上昇を続けてきた。不動産経済研究所によれば、2019年の新築マンションの平均価格は5,980万円と...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2020年07月30日 大和不動産塾 Basic 「第7回 不動産投資・不動産市場分析の基礎」 大和不動産鑑定株式会社
2020年04月15日 大和不動産塾 特別座談会 「新型コロナウイルス感染拡大のなかの不動産市況について」(WEBサイトライブ配信) 大和不動産鑑定株式会社
2020年03月04日 大和不動産塾 講演 「不動産市場」 大和不動産鑑定株式会社

講演・学会報告をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年08月05日 朝日新聞 朝刊 25面 新築マンション コロナで下落?

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年07月04日号 週刊東洋経済 47P 特集「激震!不動産」「PART1 荒れる不動産市場 正念場の宿泊・商業施設」
2020年11号 Housing Tribune 22-23P 家賃モラトリアム長期化で不動産価格は下落 コロナ禍理由の家賃延滞は契約解除が困難
2020年05月13日 ニューズウィーク日本版 コロナショック後はマンションの買い時か――新築・中古マンションの価格推移から考える

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る