島田 壮一郎

社会研究部 研究員

島田 壮一郎(しまだ そういちろう)

研究・専門分野
都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成

  • Xでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェアする

03-3512-1817

取材・講演依頼

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 都市・地域計画、住民参加、コミュニケーション、合意形成
自己紹介

1968年の都市計画法改正以降、都市計画において住民参加の手続きが取り入れられるようになりました。住民説明会、パブリックコメント、ワークショップなどの様々な手法が用いられています。その中では、住民間や行政と住民との間でのコミュニケーションが必要不可欠です。しかし、コミュニケーションの得手不得手には個人差があり、それによって住民参加の効果が左右される可能性があります。
また、都市が抱える問題に対応する際に表出している問題を無くすだけでは根本の解決にならず、かえって問題が見えなくなる恐れがあります。それを避けるためにはコミュニケーションを行い、問題の原因を突き止めることが必要です。このように、都市の発展に重要なコミュニケーションを促進および支援するための方策について提案をしていきたいと考えています。

経歴 【職歴】
 2022年 名古屋工業大学大学院 工学研究科 博士(工学)
 2022年 ニッセイ基礎研究所 入社

【加入団体等】
 ・土木学会
 ・日本都市計画学会
 ・日本計画行政学会

島田 壮一郎のレポート

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る