年金資産運用

リーマンショック後に低迷を続けてきた証券市場もアベノミクス効果を映じて、株価は大幅な上昇、急激な円安と証券市場を巡る環境は大きく変動しています。また長く続いたデフレ経済からの脱却も視野に入り年金運用も変革期にあります。この「年金資産運用」の一覧では、アセットアロケーション、運用規制、ベンチマーク、マネージャー評価、オルタナティブ投資、社会的責任投資等、年金運用にかかわる諸問題について解説し提言します。

年で絞り込む

2020年08月05日

リバランス再論

65020_ext_03_0_S.jpg

新型コロナの感染の広がりをきっかけにした、2月から3月末までの世界株価の下落幅は30%を超えた。ところがその後株価は回復し、6月末までにおよそ8割を戻した...

続きを読む

2020年08月05日

企業型DCの指定運用方法の選定について

65022_ext_03_0_S.jpg

企業型DCで指定運用方法の新たな枠組みが2018年5月から施行されている。これを契機に、投資信託が指定運用方法に選定されるケースが増えている。しかし、元本...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2020年08月05日

投信市場で存在感が高まる積立投資

65023_ext_03_0_S.jpg

2020年上半期は金融市場の混乱や対面販売の自粛など厳しい販売環境であったにも関わらず、投資信託の販売は堅調であった。冷静に行動した投資家が多かった上に、...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年07月24日

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業

65011_ext_03_0_S.jpg

まもなく2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が本格化する。例年このタイミングで業績予想を変更する企業は少ないが、年度末まで9ヶ月残っているにもかか...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年07月03日

ESGの考慮が求められつつある企業年金運用

64805_ext_03_0_S.jpg

機関投資家の行動規範であるスチュワードシップ・コードは今年3月に再改訂されたが、5つある改訂点の一つに“サステナビリティ(ESG要素を含む中長期的な持続可...

続きを読む

2020年07月03日

ウィズコロナの時代における年金運用

64807_ext_03_0_S.jpg

日本での新型コロナウイルスによる感染症の影響は、緊急事態宣言の解除に見られるように、ある程度収まったかに見える。しかし、雇用や所得、消費等経済に対しては、...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2020年07月03日

日本銀行による国債買入れの今後の展望

64815_ext_03_0_S.jpg

日本銀行はイールドカーブコントロール導入後より長期国債の買入れペースを減少させてきたが、ネットベースでの買入れ方針について「80兆円めど」から「上限を設け...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹

金融研究部

2020年07月03日

FRB社債購入の市場への影響~金融緩和による市場のゆがみ

64816_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの流行による米国社債市場の混乱を受けて、FRBは社債等の購入を開始した。こうした取り組みは、企業の資金調達を支援し金融市場の安定化に寄与...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年06月19日

老後資金の取崩し(5)-早期に誤りを認めて修正するという英断も重要

64750_ext_03_0_S.jpg

大多数の人はリスクを避けたがる。正しくリスクを避けるためには、最も避けたいリスクを明確に理解し、更にリスクへの対処法を検討することが重要である。では、老後...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2020年06月09日

日経平均2万3000円回復 今後の展開は?

64690_ext_03_0_S.jpg

日経平均が2万3,000円を回復した。3月の最安値から3ヶ月弱で40%の急上昇だ。国内外で経済活動が段階的に再開され市場の期待は膨らんでいるが、今後は先行...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月05日

「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方

64668_ext_03_0_S.jpg

年金に関する批判的な報道が再び増えそうだ。新型コロナウイルスの影響で世界中の株価が急落し、年金積立金の運用が大幅な損失となった可能性が高いからだ。一部のメ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月03日

日本銀行によるETF 買入がもたらす市場の歪み

64530_ext_03_0_S.jpg

今般のコロナ禍による株価の急激な下落に対し、日本銀行は上場投資信託(ETF)を積極的に買い入れ、株価を支えている。この金融政策はどこまで許容されるのだろう...

続きを読む

川北 英隆
2020年06月03日

「顧客本位の業務運営に関する原則」で投信の手数料は低下したか?

64532_ext_03_0_S.jpg

金融庁は2016年に「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表した。同原則は、金融機関に対して顧客の利益を優先する等の業務運営の実現を求めるものである。そこ...

続きを読む

北村 智紀
2020年06月01日

確定拠出年金法改正の概要-加入や受給に係る要件の緩和と、今後の課題-

64598_ext_03_0_S.jpg

年金制度を見直す年金制度改正法案が5月29日に成立した。高齢者の就労が拡大していることを踏まえるとともに、長期化する高齢期の経済基盤の充実をサポートするこ...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2020年05月22日

老後資金の取崩し(4)-資産運用のゴールを自ら決定する

64513_ext_03_0_S.jpg

自分自身で運用し老後資金を準備するiDeCoなど確定拠出年金における運用可能な期間は、受給開始年齢までとゴールが明確に決まっている。それまでに老後に望む生...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2020年05月22日

株式市場が急落する中で収益を獲得した投資戦略-2020年1-3月期の各種ヘッジファンド戦略のパフォーマンス

64516_ext_03_0_S.jpg

2020年1-3月期のヘッジファンドのパフォーマンスは、新型コロナウイルスによる世界的な株価急落の影響を受けて幅広い類型で軒並みマイナスとなった。こうした...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年05月18日

新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価

64456_ext_03_0_S.jpg

上場企業の決算発表がピークを越えた。新型コロナウイルスが世界経済を揺さぶる中、今年度の業績予想を公表できない企業が急増するという異例の事態となっている。株...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年05月08日

どうやって利回りを稼ぐのか

64290_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルス(COVID-19)による肺炎の影響が世界経済全体を脅かす中で、GPIFが3月末に新しい中期計画と基本ポートフォリオを公表している。資産...

続きを読む

2020年05月08日

GPIFの運用を考える

64291_ext_03_0_S.jpg

コロナ・ショックによる世界的な株価急落の影響で、GPIFの2019年度運用実績はリーマン・ショックが発生した2008年度に次ぐ規模の損失となった模様だ。メ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年04月24日

老後資金の取崩し(3)-運用収益率の見通しが甘いと、どうなるか

64288_ext_03_0_S.jpg

資産運用については、若いうちほど積極的にリスクをとり、年齢が高まるほどリスクを抑えるべきだとよく言われている。これは、長期投資には収益率を安定させる効果が...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

アクセスランキング

年金資産運用のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金資産運用のレポート Topへ