高齢化問題(全般)

高齢社会白書によれば、高齢者人口は今後、「団塊の世代」が65 歳以上となる2015年には3,395万人となり、2042年に3,878万人でピークを迎えます。高齢化率も上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。この「高齢化問題(全般)」の一覧では、高齢者市場、QOL(生活の質)、医療・介護、認知症、雇用、家計・資産・金融行動について考察します。

年で絞り込む

2019年05月16日

人生100年時代を見据えた保険・金融業界の最新動向

61554_ext_03_0_S.jpg

「平成」から「令和」の時代へ、日本は新たな未来へ歩み始めた。迎える未来は本格的な高齢化が進む、人生100年時代とも言われる“超高齢未来”である。そうした未...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2019年05月13日

データで知る、「本当の少子化」の震源地-47都道府県 子ども人口の推移(2)~子ども人口シリーズ 四半世紀・25年間でみた子ども人口の推移

61507_ext_03_0_S.jpg

前回の研究員の眼においては、1950年~2015年戦後の超長期間でみた47都道府県子ども人口の変化を俯瞰した。超長期でみると、国全体としての少子化とは逆の...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2019年05月13日

デジタル・ガバメントに向けた取組み-政府の取組みは進むも、国民への浸透は進まず

61508_ext_03_0_S.jpg

世界的にデジタル化の流れが加速している。米中の巨大プラットフォーマーがインターネットを通じて、消費者にあらゆる便利なサービスを提供している。製造の現場でも...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2019年05月10日

高齢者による運転免許返納の都道府県差 ~団塊世代の免許保有率は高く、今後高齢ドライバーは増加する

61492_ext_03_0_S.jpg

高齢ドライバーの操作ミスが原因と思われる交通事故への注目が高まり、対策として、運転免許の自主返納が進められている。本稿では、自主返納の地域差、およびその他...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年05月10日

認知症・相続対策としての民事信託ー成年後見制度を補完する可能性としての信託

61497_ext_03_0_S.jpg

最近、寝たきりや認知症になる前の準備として、民事信託や家族信託と呼ばれる家族による信託が提案されており、さまざまなセミナーや勉強会が行われている。

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2019年05月09日

新しい時代の年金のあり方

61445_ext_03_0_S.jpg

元号とは、決して単なる年を数えるためのものだけではないだろう。「昭和」では、未曾有の大戦争を経験した後、焦土となった日本は復興から高度経済成長という強い成...

続きを読む

2019年04月26日

データで知る、「本当の少子化」の震源地-47都道府県 子ども人口の推移(1)~子ども人口シリーズ 戦後65年・超長期でみた真の勝ち組エリアとは?

61428_ext_03_0_S.jpg

今月発表した基礎研レポート において、「地域(以下、エリアと表記)少子化」におけるエリア出生率比較の計算上の意味を考察し、エリア出生率高低比較だけでは、エリ...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2019年04月23日

政策指標としての「健康寿命」が抱える課題

61417_ext_03_0_S.jpg

2018年10月、厚生労働省は「2040年を展望した社会保障・働き方改革」を掲げ、多様な就労・社会参加の環境整備、健康寿命の延伸、医療・福祉サービスの改革...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年04月22日

データで見る「エリア出生率比較」政策の落とし穴-超少子化社会データ解説-エリアKGI/KPIは「出生率」ではなく「子ども人口実数」

61393_ext_03_0_S.jpg

2045年には総人口が2015年の83%に減少すると推計される日本。しかし、この総人口にはまだ、1年間に200万人も生まれていた団塊ジュニア人口が含まれて...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2019年04月05日

高齢者の高齢化という問題- 求められる国民的な議論

61256_ext_03_0_S.jpg

日本は人口構造の高齢化が急速に進んでおり、2065年には65歳以上の高齢者は総人口の38.4%に達して2.6人に一人が高齢者という状況となると予想されてい...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2019年03月26日

議員立法で進む認知症基本法を考える-人権規定やスティグマ解消に向けた視点が重要

61162_ext_03_0_S.jpg

認知症に関する基本法は必要か、その際に重視すべき点は何か――。筆者は今月2日、議員立法による議論が進みつつある「認知症施策推進基本法」の論点などを話し合う...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2019年03月22日

高齢者による運転免許返納率の都道府県差

61145_ext_03_0_S.jpg

警察庁の「運転免許統計」によると、2017年に運転免許を自主返納したのは、およそ42.4万人(75歳以上が25.4万人)と、2016年と比べると7.8万人...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年03月04日

平成における消費者の変容(1)-変わる家族の形と消費~コンパクト化する家族と消費、家族のモデル「標準世帯」の今

60990_ext_03_0_S.jpg

平成の30年余りで消費者の暮らしや価値観は大きく変わり、消費行動の土台が変化している。平成時代の大きな変化には、「家族」「女性」「若者」「インターネット」...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年02月28日

高齢者の高齢化という問題~求められる国民的な議論~

60977_ext_03_0_S.jpg

日本は人口構造の高齢化が急速に進んでおり、2018年には65歳以上の高齢者は総人口の28.1%となった。今後も高齢者の割合は上昇が続き、2065年には38...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2019年02月26日

介護保険料の納付開始年齢はなぜ40歳なのか-年齢引き下げを巡る論点を探る

60959_ext_03_0_S.jpg

2000年度に創設された介護保険は40歳以上の国民全員を被保険者とし、加齢に伴って心身に不具合が生じた際の要介護リスクをカバーしている。しかし、なぜ保険料...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2019年02月25日

シリーズ・AI/IT婚時代の「運命の人の探し方」-第5回 情報オーバーロードが生み出す、ネット婚活樹海に打ち勝つためには?

60938_ext_03_0_S.jpg

筆者の周りでも、結婚相談所・アプリ利用などアクセス方法は色々あるものの、ネット検索によって結婚相手探しに成功し、真剣な交際や成婚に移行した人々が、20代か...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2019年02月18日

都道府県別にみた宿泊施設の稼働率予測~インバウンド拡大に伴うホテル建設が進み、一部地域では供給過剰も~

60899_ext_03_0_S.jpg

訪日外国人は、2018年に3,000万人を突破した。政府は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人を目指しており、今後も増加が見込まれる。訪...

続きを読む

白波瀨 康雄
2019年02月18日

認知症・相続対策としての民事信託-成年後見制度を補完する可能性としての信託

60897_ext_03_0_S.jpg

家族が認知症になってしまった場合においては成年後見制度が唯一の対応する法制度であるが、成年後見人選任に当たって家庭裁判所の審判を要するなどハードルが高い。...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2019年02月12日

住宅資産を老後資金に-転居せずに老後資金の不足を補う新たな方法を考える

60854_ext_03_0_S.jpg

人生100年を前提にすると、老後の生活資金として2,500万円程度用意する必要がある。しかし、大部分が退職一時金を受け取っているであろう60~69歳世帯で...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2019年02月08日

社会保障関係法の「自立」を考える-映画『こんな夜更けにバナナかよ』を一つの題材に

60822_ext_03_0_S.jpg

社会保障における自立とは何か――。現在、公開されている映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』を観て、そんなことを強く感じた。これは筋ジストロフィーの...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

高齢化問題(全般)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢化問題(全般)のレポート Topへ