高齢化問題(全般)

高齢社会白書によれば、高齢者人口は今後、「団塊の世代」が65 歳以上となる2015年には3,395万人となり、2042年に3,878万人でピークを迎えます。高齢化率も上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。この「高齢化問題(全般)」の一覧では、高齢者市場、QOL(生活の質)、医療・介護、認知症、雇用、家計・資産・金融行動について考察します。

年で絞り込む

2020年08月04日

「ワーケーション」「二地域居住」定着のカギは地方のモビリティ~ウィズコロナ時代の新しい働き方に応じた交通インフラ整備を~

65082_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大は多くの企業にテレワークを広げ、ワーカーたちが働く場所を見直すきっかけになった。そこで注目が集まっているのが、地方の観光地で休...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2020年08月04日

20年を迎えた介護保険の再考(9)地域包括ケア-多義的で曖昧な言葉遣いに要注意?

65086_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第8回まで介護保険制度の創設に至る議論や考え方...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月30日

20年を迎えた介護保険の再考(8)給付管理入門-制度のカラクリを10分で理解できるサービス利用票別表のススメ

65047_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。介護保険を再考するコラムの第1回では制度導入時...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月22日

20年を迎えた介護保険の再考(7)自己負担を考える-医療と介護の対比で見える特色

65008_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第1回~第5回は費用抑制のメカニズムとして導入...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月16日

ケアプランの有料化で質は向上するのか-報酬体系の見直し、独立性の確保が先決

65024_ext_03_0_S.jpg

2019年末に決着した2021年度の介護保険制度改正論議では、介護保険サービスを受ける際の前提となるケアプラン(介護サービス計画)の有料化が一つの焦点とな...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月16日

認知症と損害賠償-認知症の人の家族の損害賠償責任の考え方

64991_ext_03_0_S.jpg

厚生労働省の資料によれば、2020年の認知症の人の数は600万人を超え、2025年には約700万人になるものと推計されている。この数は日本の人口の約5%を...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2020年07月16日

20年を迎えた介護保険の再考(6)契約制度を考える-自己選択や対等な関係性の現れ

64956_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第1回は制度創設時の時代背景、第2~5回までは...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月13日

超高齢社会の移動手段と課題~「交通空白」視点より「モビリティ」視点で交通体系の再検証を~

64925_ext_03_0_S.jpg

高齢者ドライバーによる重大交通事故が後を絶たない。2022年からは、ボリュームの多い団塊世代が後期高齢者になってくることから、今後は事故の増加も懸念されて...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2020年07月09日

20年を迎えた介護保険の再考(5)ケアプランとは何か-「介護保険を受けるための計画」という誤解を解く

64910_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第2~4回では費用抑制のメカニズムとして、要介...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年07月02日

20年を迎えた介護保険の再考(4)ケアマネジメント-サービス担当者会議、ケアマネジャーの代理人機能の重要性

64848_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第2~3回では保険給付の範囲を限定することで、...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月29日

20年を迎えた介護保険の再考(3)限度額とは何か-保険給付の上限を定める意味合い

64817_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第1回では、介護保険制度が必要とされた時代背景...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月26日

20年を迎えた介護保険の再考(2)要介護認定とは何か-費用抑制を目指したサービスへの「入口」

64801_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。第1回では、医学的な必要度が低いのに高齢者が入...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月24日

20年を迎えた介護保険の再考(1)時代背景を探る-映画『花いちもんめ』に見る老人病院の経緯と論点

64773_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えました。介護保険制度の創設に至る議論や制度改正の経緯、...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月23日

新型コロナが及ぼす医療制度改革への影響-高齢者負担増は審議ストップ、地域医療構想は見直し不可避

64757_ext_03_0_S.jpg

新型インフルエンザ対策等特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が解除されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大は一応の収束を見たが、昨年末までに想定されていた医...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月15日

新型コロナへの対処として、介護現場では何が必要か-感染拡大防止や人材支援などの備えを

64719_ext_03_0_S.jpg

新型インフルエンザ対策等特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が全国で解除され、新型コロナウイルスは一応の収束を見たが、今後の感染再拡大が懸念されている。こう...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年06月02日

超高齢社会のモビリティと道路空間を考える~「ゆっくり・安全」志向の超小型EVと専用レーンの導入を~

64600_ext_03_0_S.jpg

2020年1月7日から10日にかけて、米国ネバダ州ラスベガスで開かれた見本市「CES2020」で、トヨタ自動車(以下、トヨタ)が発表した大規模プロジェクト...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2020年05月21日

新型コロナ対策で見えてきた高齢者向けモビリティサービス~貨客混載×自家用有償旅客運送と地方型MaaSへの可能性~

64494_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大により人々が外出自粛を余儀なくされる中、ニーズに押される形で増加した新たなサービスの一つが、タクシーによる弁当の宅配である。消...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

生活研究部

2020年04月21日

数字で振り返る介護保険制度の20年-サービス利用、保険料の変遷などで浮き彫りになる光と影

64271_ext_03_0_S.jpg

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えた。既に(上)(下)2回の企画として、介護保険制度の理...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2020年04月13日

何でこうなるの? 年金額見直しの仕組み

64232_ext_03_0_S.jpg

話題のキーワードや出来事を動画で解説する「ニッセイ基礎研ビデオレポート」です。今回は、年金額の見直しと年金制度のポイントについてお話しします。2020年度...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2020年04月13日

強まる東京一極集中(総数編)社会純減2019都道府県ランキング分析-最新純減ランキングにみる新たな動向-

64230_ext_03_0_S.jpg

これまでのコラムで、人口移動について最も注目すべきは「グロスでみた流出数、流入数の大きさ」ではなく、その差としての「ネットの純増減である」と伝えてきた。一...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

高齢化問題(全般)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢化問題(全般)のレポート Topへ