斎藤 太郎

経済研究部 経済調査部長

斎藤 太郎(さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済、雇用
自己紹介

経済予測は当たらないとよく言われますが、少しでも予測精度の向上を図ろうと日々努力しています。日本経済研究センターが実施している「ESPフォーキャスト調査」では過去8回、予測的中率の高い優秀フォーキャスターに選ばれました。労働市場の分析にも力を入れています。日本は本格的な人口減少、少子高齢化時代に突入しており、女性、高齢者を中心に限られた人的資源を最大限活用しなければ、経済の停滞はより一層深刻なものになることが懸念されます。労働市場の分析を通じて日本経済活性化に向けた提言を行いたいと考えています。

経歴 ・ 1992年:日本生命保険相互会社
・ 1996年:ニッセイ基礎研究所へ
・ 2019年8月より現職

斎藤 太郎のレポート

2021年05月12日

コロナ禍における労働市場の動向-失業率の上昇が限定的にとどまる理由

日本の労働市場は長期にわたり改善傾向を続けてきたが、新型コロナウイルス感染症の影響で悪化した。有効求人倍率は、2019年3月の1.63倍から2020年10...

続きを見る

2021年04月30日

2021年1-3月期の実質GDP~前期比▲0.9%(年率▲3.6%)を予測~

5/18に内閣府から公表される2021年1-3月期の実質GDPは、前期比▲0.9%(前期比年率▲3.6%)と3四半期ぶりのマイナス成長になったと推計される...

続きを見る

2021年04月30日

鉱工業生産21年3月-緊急事態宣言下でも回復が続く製造業の生産活動

経済産業省が4月30日に公表した鉱工業指数によると、21年3月の鉱工業生産指数は前月比2.2%(2月:同▲1.3%)と2ヵ月ぶりに上昇し、事前の市場予想(...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

動画

2020・2021年度日本経済見通し


動画をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年04月28日 公開WEBセミナー 「コロナ禍の日本経済と労働市場」 ニッセイ基礎研究所
2021年01月08日 FPCJプレス・ブリーフィング 「2021年の日本経済-コロナ・ショックからの回復に向けて」 公益財団法人フォーリン・プレスセンター
2020年10月22日 日本経済研究センターWebセミナー 「スガノミクスの焦点:ポストコロナの潜在成長率の引き上げ策」 日本経済研究センター

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2020年09月24日 失業者6万人超・経済活発化の環境整備を NHK(総合) 「ニュースウオッチ9」
2020年04月21日 コロナショック 苦渋の解雇の裏で NHK(総合) 「クローズアップ現代+」
2020年01月04日 アベノミクス7年間の成果、2020年の日本経済見通し 日本テレビ 「ウェークアップ!ぷらす」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年05月01日 読売新聞 朝刊 8面 求人46年ぶり下げ幅 昨年度1.10倍 雇用維持へ出向増
2021年05月01日 朝日新聞 朝刊 3面 失業率低下、内実伴わず 職探し断念、増加 3月2.6%
2021年04月28日 日本経済新聞 朝刊 5面 上がらぬ物価 米欧と差 日銀、今年度見通し下げ

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年04月16日 東洋経済 ONLINE 新型コロナへの過剰反応をいつまで続けるのか
2021年04月06日号 週刊エコノミスト 37P 【独眼経眼】 手厚い雇用対策のしわ寄せ若者に
2021年03月02日号 週刊エコノミスト 86P 【独眼経眼】 再び落ち込む対面型サービス消費

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る