斎藤 太郎

経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任

斎藤 太郎(さいとう たろう)

研究・専門分野
日本経済、雇用

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 日本経済、雇用
自己紹介

経済予測は当たらないとよく言われますが、少しでも予測精度の向上を図ろうと日々努力しています。日本経済研究センターが実施している「ESPフォーキャスト調査」では過去7回、予測的中率の高い優秀フォーキャスターに選ばれました。労働市場の分析にも力を入れています。日本は本格的な人口減少、少子高齢化時代に突入しており、女性、高齢者を中心に限られた人的資源を最大限活用しなければ、経済の停滞はより一層深刻なものになることが懸念されます。労働市場の分析を通じて日本経済活性化に向けた提言を行いたいと考えています。

経歴 ・ 1992年:日本生命保険相互会社
・ 1996年:ニッセイ基礎研究所へ
・ 2012年より現職

斎藤 太郎のレポート

2019年04月26日

2019年1-3月期の実質GDP~前期比▲0.0%(年率▲0.2%)を予測~

61432_ext_03_0_S.jpg

5/20に内閣府から公表される2019年1-3月期の実質GDPは、前期比▲0.0%(前期比年率▲0.2%)と2四半期ぶりのマイナス成長になったと推計される...

続きを見る

2019年04月26日

鉱工業生産19年3月-1-3月期は消費増税後以来の大幅減産、景気動向指数の基調判断は「悪化」へ

61430_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が4月26日に公表した鉱工業指数によると、19年3月の鉱工業生産指数は前月比▲0.9%(2月:同0.7%)と2ヵ月ぶりに低下し、事前の市場予想(...

続きを見る

2019年04月19日

消費者物価(全国19年3月)-食料の値上げが目立つが、物価全体への影響は限定的

61352_ext_03_0_S.jpg

総務省が4月19日に公表した消費者物価指数によると、19年3月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.8%(2月:同0.7%)...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2019年01月30日 2019年春季労使交渉・労使協議準備セミナー 「2019年 日本経済の展望」 一般社団法人東京経営者協会
2019年01月21日 生保労連 中央委員会 「2019春闘を巡る情勢について」 全国生命保険労働組合連合会
2018年12月17日 経理部長会 月例講演会 「2019年日本経済の課題と展望」 一般財団法人産業経理協会

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2019年03月27日 値上げの春について TBS 「Nスタ」
2019年02月26日 GW10連休の経済効果 テレビ朝日 「報道ステーション」
2019年01月20日 実感なき景気回復の理由 NHK(総合) 「NHKニュースおはよう日本」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2019年04月23日 日本経済新聞 朝刊 3面 通年採用 経団連と大学合意 脱・終身雇用 さらに
2019年04月18日 日本経済新聞 夕刊 13面 フリーター 立場一転
2019年04月16日 読売新聞 朝刊 10面 同一労働同一賃金 手探り

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2019年05月07日号 週刊エコノミスト 104P 【独眼経眼】 基調判断「悪化」でも景気後退に直結せず
2019年04月号 SC JAPAN TODAY 消費増税による個人消費への影響~手厚い増税対策で消費腰折れは回避か~
2019年03月26日号 週刊エコノミスト 90P 【独眼経眼】 消費増税対策の恩恵は高所得者が大きい

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る