高山 武士

経済研究部 准主任研究員

高山 武士(たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、国際経済

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 欧州経済、国際経済
自己紹介

いち早く産業革命を経験した欧州は、EU発足・ユーロ創設など、単一市場の形成を目指しました。実際にひとつの市場として見られる「欧州」ですが、域内には所得格差問題・英国離脱など様々な課題も抱えています。新型コロナウィルスは、各国市場を封鎖させており、グローバル化・単一市場への新たな脅威になっています。
一方、世界では中国に代表される新興国が台頭し、米中の覇権争いが激化しています。また新型コロナウイルスの感染拡大が世界の分断化を加速させるとも言われます。こうした状況で、「欧州」は引き続き、世界での主導権・影響力を維持することができるのでしょうか。世界経済はどうなっていくのでしょうか。
これまでの職歴では、エコノミスト業務の他、短期資金マーケットで日本最後の利上げを経験、円貨・外貨の決済や資金繰り、内外有価証券の会計・税務処理、デリバティブの時価評価、システム開発、SWIFT(国際銀行間通信協会)の導入など、資産運用関係の様々な実務経験も積んできました。こうした経験も活かしつつ、グローバルな視点から欧州・世界経済の状況について、わかりやすい情報発信をしていきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2002年 東京工業大学入学(理学部)
 2006年 日本生命保険相互会社入社(資金証券部)
 2009年 日本経済研究センターへ派遣
 2010年 米国カンファレンスボードへ派遣
 2011年 ニッセイ基礎研究所(アジア・新興国経済担当)
 2014年 同、米国経済担当
 2014年 日本生命保険相互会社(証券管理部)
 2020年 ニッセイ基礎研究所(現職)

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会 検定会員

高山 武士のレポート

2021年01月22日

ECB政策理事会-政策変更なし、経済見通しも想定内

今回は前回12月にコロナ禍対応の緊急策をまとめて拡充したこともあり、金融政策は現状の政策を維持した。景気見通しについては、足もとで感染拡大が続きロックダウ...

続きを見る

2021年01月12日

ユーロ圏失業率(2020年11月)-再ロックダウンでも雇用は底堅い動き

11月の失業率は8.3%となり、10月(8.4%)からの悪化を見込んでいた市場予想(8.5%)に反して改善した。失業率は7月をピーク(8.7%)に4か月連...

続きを見る

2021年01月08日

ユーロ圏消費者物価(12月)-エネルギー価格に上昇の兆し

12月のHICP上昇率(前年同月比)は、全体で▲0.3%、「コア部分(=エネルギーと飲食料を除く総合)」で+0.2%となり、いずれも9月から4か月連続で横...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2020年08月27日 コロナ禍と世界経済の動向 産業経理協会
2014年02月18日 アジア投資セミナー 「ETF・ETNを活用したアジア投資」 東京証券取引所×松井証券:共催
2013年11月11日 連携授業 「貿易ゲームでグローバル経済を体験」 東海大学付属浦安高等学校中等部

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2020年11月05日 コロナ禍を上手く乗り切っているのはどの国か? フジテレビ 「バイキングMORE」
2020年08月14日 新型コロナウイルス感染・分かれる各国の対応・”感染防止か?””経済か?”世界の対策とは 日本テレビ 「スッキリ」
2020年07月08日 コロナ禍・・・世界の対策「成功」と「失敗」 フジテレビ 「とくダネ!」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年01月20日 日本経済新聞 朝刊 17面 ロシアルーブル 上昇一服 政治リスクが再燃
2020年10月31日 四国新聞 朝刊 1面 50カ国のコロナ対応 日本4位、高い評価
2020年10月29日 日本経済新聞 朝刊 1面 パクスなき世界 コロナに揺れる「安心網」

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年12月26日・2021年01月02日新年合併号 週刊ダイヤモンド 56P 特集│総予測2021 欧州経済 英国・ユーロ圏とも4%成長
2020年12月22日号 週刊エコノミスト 69P 英・イングランド銀行金融政策委員会(12月17日) 感染第2波と離脱交渉の再評価
2020年12月14日号 金融財政事情 55P 欧州経済 経済活動再停止により10~12月期はマイナス成長の公算大

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る