不動産市場

穏やかな回復基調にある国内景気と2020年の東京オリンピック開催を追い風に、国内はもとより世界中から日本の不動産マーケットに熱い視線が注がれています。この「不動産市場」の一覧では不動産クォータリーレビュー、東京のオフィス市場の賃料予測、主要都市のオフイス市場動向についてのレポートをはじめ、不動産市場が抱える課題をタイムリーに取り上げ調査・提言を行います。調査の中ではオフィスだけでなく住宅や土地など様々な関連情報を集計しレポートとして提供いたします。

年で絞り込む

2019年03月18日

堅実な30代の住宅ローン返済-変動金利の割合が増加するも、貯蓄を行い金利上昇に備え

61109_ext_03_0_S.jpg

住宅ローンにおける30代の存在感が増している。銀行の住宅ローンビジネスの積極化、金融緩和による金利低下などを背景に、30代の世帯で住宅ローンを支払っている...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2019年03月08日

大阪オフィス市場の現況と見通し(2019年)

61049_ext_03_0_S.jpg

大阪のオフィス市場では、まとまった空室を確保することが困難な状況が続いている。このような需給環境を反映し、成約賃料は上昇している。今後も、新規供給計画は限...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年03月07日

オフィス市況は一段と改善。REIT指数(配当込)は最高値を更新ー不動産クォータリー・レビュー2018 年第4 四半期

61042_ext_03_0_S.jpg

10-12月期のGDP成長率は2四半期ぶりのプラス成長となった。住宅市場は価格が高値圏で推移するなか横ばいの動きとなっている。東京オフィス市場は、空室率が...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2019年03月04日

企業不動産(CRE)の意味合い-街づくりの視点でも重要に

61006_ext_03_0_S.jpg

企業が事業活動に利活用する不動産、いわゆる「CRE:Corporate Real Estate)」の意味合いについて本コラム等で取り上げていきたい。今回は、そ...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2019年02月28日

昨年上場したソフトバンク株。J-REITとの共通点、相違点~皆さんはどちらの証券に投資しますか?~

60971_ext_03_0_S.jpg

昨年12月の大手通信会社「ソフトバンク(以下、SB)」の新規株式公開は、その知名度の高さや規模の大きさから金融市場の注目を大いに集めました。売り出し金額は...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2019年02月19日

不動産開発と容積率について考える

60924_ext_03_0_S.jpg

不動産開発とは、新しい建物を建てて街づくりをすることの総称で、そのうち既存の建物を取り壊して新しい建物を建築することを建替え、これまで有効利用されていなか...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2019年02月15日

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2019年)

60891_ext_03_0_S.jpg

東京都心部Aクラスビルの需給改善は継続しており、2018年第4四半期の空室率は1%を下回り、2000年以降で過去最低水準となった。極めて逼迫した需給環境を...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年02月08日

オフィス市況は一段と改善。REIT指数(配当込)は最高値を更新-不動産クォータリー・レビュー2018年第4四半期

60820_ext_03_0_S.jpg

2018年7-9月期のGDP成長率は企業の設備投資が減少し大幅なマイナス成長となった。住宅市場は価格が高値圏で推移するなか横ばいの動きとなっている。201...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2019年02月08日

良好な環境が続くも、見通しはやや悲観的に~価格のピークは今年中が最多、米中関係に注視-第15回不動産市況アンケート結果

60819_ext_03_0_S.jpg

不動産市況の現状および今後の方向性を把握すべく、不動産分野の実務家・専門家を対象に「不動産市況アンケート」(第15回)を実施した(回答者数114名、回収率...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年02月07日

リーマン・ショックから10年。その後の不動産収益率を振り返るー不動産の生み出すインカム収益がJリートの本源的価値

60730_ext_03_0_S.jpg

世界的な金融危機の引き金を引いたリーマン・ショックから昨年9月で10年が経過した。この間、Jリート(不動産投資信託)市場も厳しい不動産市況の悪化と信用収縮...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2019年01月10日

もし、J-REITに100万円を投資したならばー J-REIT を個人の不動産投資のものさしに

60534_ext_03_0_S.jpg

「もし、J-REIT(不動産投資信託)に100万円を投資したならば、年間の分配金はいくら受け取れるか?」。この問いに対して、J-REITをご存知であれば、...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2019年01月08日

深刻化する建設業の人手不足と外国人労働者への期待

60473_ext_03_0_S.jpg

建設業では、都心部での再開発や東京オリンピック関連施設の建設が佳境に入り、人手不足が深刻化している。その影響を受け、不動産の新規供給と価格に大きな影響を及...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年12月07日

オフィスは需給逼迫が継続。 Jリートは物件の入替を積極化。 ~不動産クォータリー・レビュー2018年第3四半期~

60292_ext_03_0_S.jpg

日本経済は、2018年に入り基調として回復ペースが鈍化している。こうしたなか、オフィス市場は全国的に過去最低水準の空室率が継続しており、東京都心部Aクラス...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2018年12月03日

急増する外国人の居住状況

60251_ext_03_0_S.jpg

総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態および世帯数」によれば、日本人は減少し続けているのに対し、外国人が著しく増加している。特に、住宅の需要に大きな影...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年11月30日

はじめての不動産投資入門(2)~不動産の価格を求める手法について~

60232_ext_03_0_S.jpg

前回の『はじめての不動産投資入門(1)』では、個人投資家が不動産投資をする際に大切にしたい心得として『不動産投資の心得5か条』を、まとめました。今回は、「1...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2018年11月30日

リーマン・ショックから10年。その後の不動産収益率を振り返る~不動産の生み出すインカム収益がJ-REITの本源的価値~

60231_ext_03_0_S.jpg

リーマン・ショックから今年9月で10年が経過した。この間、東証REIT指数(配当込み)は一時70%近く下落したが現在は最高値を更新している。現在の市場環境...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2018年11月28日

若年層と中壮年層に着目した外国人の人口動態

60216_ext_03_0_S.jpg

総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態および世帯数」によれば、日本人は減少し続けているのに対し、外国人が急速に増加している。人口減少局面に入った日本に...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年11月21日

「子育て支援住宅」認定制度の導入状況と普及への課題~東京都墨田区の賃貸マンション「ネウボーノ菊川」に学ぶ成功の鍵~

60171_ext_03_0_S.jpg

自治体の子育て支援策として、一定の広さや安全性、子育て支援サービスを備えた集合住宅を「安心して子育てしやすい住宅」として認定する制度が徐々に増えている。し...

続きを読む

坊 美生子

坊 美生子

社会研究部

2018年11月09日

オフィスは需給逼迫が継続。Jリートは物件の入替を積極化。-不動産クォータリー・レビュー2018年第3四半期

60079_ext_03_0_S.jpg

2018年4-6期の実質GDPは、設備投資の高い伸びを受けて前期比0.7%へ上方修正された。一方で鉱工業生産(7-9月)は、自然災害による供給制約を受けた...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2018年11月07日

人口動態から考える今後の新規住宅着工について-都道府県別にみた住宅着工床面積の長期予測

60056_ext_03_0_S.jpg

国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」によれば、2030 年以降、全都道府県で総人口の減少が始まり、本格的な人口減少局面...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

不動産市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産市場のレポート Topへ