日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2019年02月18日

都道府県別にみた宿泊施設の稼働率予測~インバウンド拡大に伴うホテル建設が進み、一部地域では供給過剰も~

60899_ext_03_0_S.jpg

訪日外国人は、2018年に3,000万人を突破した。政府は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人を目指しており、今後も増加が見込まれる。訪...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2019年02月15日

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2019年)

60891_ext_03_0_S.jpg

東京都心部Aクラスビルの需給改善は継続しており、2018年第4四半期の空室率は1%を下回り、2000年以降で過去最低水準となった。極めて逼迫した需給環境を...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年02月15日

2019・2020年度経済見通し(19年2月)

60892_ext_03_0_S.jpg

2018年10-12月期の実質GDPは前期比年率1.4%と2四半期ぶりのプラス成長となったが、自然災害の影響で同▲2.6%となった7-9月期の落ち込みを取...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年02月14日

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.3%(年率1.4%)-2四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

60877_ext_03_0_S.jpg

2018年10-12月期の実質GDPは、前期比0.3%(年率1.4%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。自然災害の影響で7-9月期に減少した民間消費(前...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年02月08日

良好な環境が続くも、見通しはやや悲観的に~価格のピークは今年中が最多、米中関係に注視-第15回不動産市況アンケート結果

60819_ext_03_0_S.jpg

不動産市況の現状および今後の方向性を把握すべく、不動産分野の実務家・専門家を対象に「不動産市況アンケート」(第15回)を実施した(回答者数114名、回収率...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2019年02月07日

消費税対策としてのキャッシュレス化

60718_ext_03_0_S.jpg

政府は、2019年10月に行う消費税率10%への引き上げに向けた景気対策として、クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2019年02月07日

平成の終わりー次の時代の課題

60708_ext_03_0_S.jpg

バブル景気の絶頂から始まった平成は間もなく終わり、新しい時代を迎えようとしている。平成元年(1989年)12月に日経平均株価は史上最高値をつけたが、平成2...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2019年02月07日

動画アプリ「TikTok」のヒットが意味することー今こそ正念場、ベンチャー育成に向けた産官学の力強い取組みを期待する

60727_ext_03_0_S.jpg

ショート動画配信アプリTikTok(ティックトック)が日本の若者の間でヒットしている。日本経済新聞社がまとめた2018年の「日経MJヒット商品番付」では、...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2019年02月07日

2019年はどんな年? 金融市場のテーマと展望

60729_ext_03_0_S.jpg

2019年の金融市場は、開始早々大幅な円高・株安が発生し、波乱の幕開けとなった。市場の先行き不透明感が強いなか、改めて今年の市場のテーマと動向を展望したい。

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2019年02月07日

女性のライフコースの理想と現実ー最も人気の「両立コース」の実現度は3 割弱、働き方や母親のライフコースなど周りの影響が大

60731_ext_03_0_S.jpg

M字カーブは解消傾向にあり、子育て期も働く女性は増えている。未婚化・晩婚化、晩産化も進行することで、女性のライフコースは多様化している。一方で女性たちはラ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年02月05日

大企業の「出島」戦略

60771_ext_03_0_S.jpg

大企業の間で、イノベーションを生み出すための拠点を作る動きが見られる。「×××ラボ(研究所)」、「イノベーション××部(課)」、「コーポレート・ベンチャー...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2019年02月01日

「機微技術」をめぐる米中攻防戦~安全保障か経済か、厳しい選択を迫られる日本~

60755_ext_03_0_S.jpg

米国と中国の貿易摩擦、そして覇権争いがエスカレートしている。その影響もあって、中国の経済指標の悪化が目立つ。中国の2018年自動車販売台数は28年ぶりの対...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2019年01月31日

研究学園都市が挑む、「つくば市スタートアップ戦略」

60737_ext_03_0_S.jpg

日本のベンチャーは「東京一極集中」の傾向が強い中ではあるが、いくつかの地方自治体において、革新的なベンチャー企業を創出し育成しようという取り組みが見られる...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2019年01月31日

景気拡大期は戦後最長となったか?~長さより回復の自律性が問題だ~

60738_ext_03_0_S.jpg

発達した熱帯低気圧は発生した地域によって、台風(typhoon)、ハリケーン、サイクロンと呼び名が変わる。2005年にニューオーリンズ市に甚大な被害をもた...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2019年01月31日

2018年10-12月期の実質GDP~前期比0.3%(年率1.3%)を予測~

60736_ext_03_0_S.jpg

2/14に内閣府から公表される2018年10-12月期の実質GDPは、前期比0.3%(前期比年率1.3%)と2四半期ぶりのプラス成長になったと推計される。...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年01月31日

鉱工業生産18年12月-2四半期ぶりの増産も、実態は横ばい圏

60734_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が1月31日に公表した鉱工業指数によると、18年12月の鉱工業生産指数は前月比▲0.1%(11月:同▲1.0%)と2ヵ月連続で低下し、ほぼ事前の...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年01月29日

広がる物価の世代間格差~先行きは消費税率引き上げに伴い一段と拡大~

60696_ext_03_0_S.jpg

2018年の消費者物価指数(総合、以下CPI)は前年比1.0%と2017年の同0.5%から伸び率が拡大した。一方、世帯主の年齢別にみると、39歳以下は0....

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2019年01月29日

日本の漁業、成長への道筋-70年ぶりの漁業法大改正を受けて

60695_ext_03_0_S.jpg

昨年12月の臨時国会で、70年ぶりとなる改正漁業法が成立した。同法案の改正は、企業の新規参入を促すなど、漁業を成長産業につなげるための第一歩となる。今回の...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2019年01月23日

外国人労働者との共生、優先課題は?-高齢者活躍で日本語教育の強化を

60618_ext_03_0_S.jpg

2018年12月、新たな在留資格の創設を盛り込んだ改正入国管理法が成立した。2019年4月の同法施行により、今後5年間に最大34.5万人の新たな外国人材の...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2019年01月23日

貿易統計18年12月-輸出失速のリスクが高まる。10-12月期の外需寄与度は前期比▲0.3%程度のマイナスに

60607_ext_03_0_S.jpg

財務省が1月23日に公表した貿易統計によると、18年12月の貿易収支は▲553億円と3ヵ月連続の赤字となり、ほぼ事前の市場予想(QUICK集計:▲297億...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ