世代間格差

高齢社会白書によれば、高齢化率は上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。また1980年代では20代の後半ともなると多くが結婚していた若年層が、現在では結婚を望んでいるものの大半が未婚となっています。ニッセイ基礎研究所では高齢者雇用、若者の消費・雇用・暮らし、家計金融資産、公的年金制度、シルバー民主主義等、世代間格差をテーマにした分析提言を行っており、随時情報を提供しています。

年で絞り込む

2020年08月06日

政治的不安定が続く韓国の社会政策に対する考察-社会保障や労働市場関連政策を中心に-

65109_ext_03_0_S.jpg

韓国の政治体制は日本と異なり、国民が直接選挙で大統領を選ぶ大統領制を採用しており、任期は5年で再選(重任)を禁じている。再選が認められておらず、政策の実施...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2020年03月06日

30歳代と50歳以上の物価上昇率格差は消費増税後に3%まで拡大

63824_ext_03_0_S.jpg

消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)上昇率は2019年10月の消費税率引き上げ後もゼロ%台で推移している。前回の税率引き上げ時(2014年4月...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2020年01月29日

Z世代の情報処理と消費行動(1)-Z世代が歩んできた時代

63536_ext_03_0_S.jpg

「スノボー」、「カラオケ」、「アムラー」そして「タピオカ」と、いつの時代も流行の中心には若者がいる。変わりゆく消費文化の中で、その先頭にいたのはいつも「若...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2020年01月17日

30歳代と50歳以上の物価上昇率格差は消費増税後に3%まで拡大

63419_ext_03_0_S.jpg

消費税率は2019年10月に8%から10%に引き上げられた。前回(2014年4月)の税率引き上げ時には消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)が前...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2019年11月15日

鬱憤社会、韓国:なぜ若者は鬱憤を感じることになったのか?

63011_ext_03_0_S.jpg

最近、韓国では「鬱憤(embitterment)」に関連した調査結果が公表され、社会の注目を集めている。日本国語大辞典では、鬱憤を「内にこもりつもった怒り...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年11月11日

人口減少社会データ解説「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」(下)-女性人口を東京へ一体なにが引き寄せるのか

62980_ext_03_0_S.jpg

人口減少社会データ解説「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」は3回シリーズで、少子化が叫ばれる日本において、東京都だけが子ども人口を20年以上増加さ...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2019年10月01日

現代消費文化を斬る-若者が映画館から離れた「4つの理由」

62629_ext_03_0_S.jpg

筆者が前回「若者の○○離れ」についてのレポートを発表した日、奇しくもTwitterのトレンド上位に若者の○○離れが入っていた。調べてみると、若者の45%が...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2019年09月17日

現代消費文化を斬る-「今時の若いもんはなぜ消費しないのか」という問いに対する試論

62515_ext_03_0_S.jpg

「いまどきの若いもんは」と言われていた筆者も、近頃の若者の行動に首をかしげることが多くなってきた。「いまどきの若いもんは」。この言葉は、誰しもが言われ、誰...

続きを読む

廣瀨 涼

廣瀨 涼

生活研究部

2019年09月04日

年金と保険に対する認識

62364_ext_03_0_S.jpg

年金は、生存を条件として給付を受け取る保険の一種であると説明できる。実際に、厚生年金の根拠法は、厚生年金保険法である。また、国民年金の根拠法は国民年金法で...

続きを読む

2019年07月17日

年金を通して夫婦を考える(1)-パートナーってありがたい

62049_ext_03_0_S.jpg

「公的年金だけでは生活できないってことですか?」これは、2か月前に公表した退職前の生活水準を維持するための必要資産額を年収別に試算した筆者のレポートに対し...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2019年07月12日

平成における消費者の変容

62034_ext_03_0_S.jpg

平成から令和へ元号が変わり、新時代が始まった。三十年余り続いた平成時代の間に、消費者の暮らしや価値観は大きく変わり、消費行動の土台が変化した。そして、この...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年07月04日

平成経済を振り返る~令和に残された課題~

61961_ext_03_0_S.jpg

平成元年(1989年)はバブル景気の絶頂だったが、ほどなく株価や地価のバブルは崩壊し、日本経済は長期にわたって後遺症であるバランスシート調整に悩まされるこ...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一
2019年07月02日

求められる氷河期世代の救済-経済格差は家族形成格差、高齢期の貧困・孤立問題を生む

61935_ext_03_0_S.jpg

今年の「骨太の方針」では「就職氷河期世代の支援」に焦点が当てられている。現在の30代半ばから40代半ばの就職氷河期世代は世代間・のみならず同世代内の経済格...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年06月26日

70歳雇用推進の背景と今後の課題 - 企業や個人の状況に合わせたより多様な定年制度の実施を -

61906_ext_03_0_S.jpg

政府は今年の5月15日に開催された未来投資会議で、希望する高齢者に対し70歳までの雇用確保を企業に求める高年齢者雇用安定法の改正案の骨格を示した。政府が7...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年05月30日

平成経済を振り返る~令和に残された課題~

61668_ext_03_0_S.jpg

平成元年(1989年)はバブル景気の絶頂だったが、ほどなく株価や地価のバブルは崩壊し、日本経済は長期にわたって後遺症であるバランスシート調整に悩まされるこ...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一
2019年05月30日

積立投資 いつ、どうやって始める?-若い世代の資産形成 Part4

61666_ext_03_0_S.jpg

このシリーズでは「株は長期的には上がるもの」「若者こそ積立投資で時間を味方に付けよう」「投信選びはコスパで」などの話をしてきた。最後に、「いつ、どうやって...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2019年05月23日

投資信託はコスパ重視で賢く選ぼう-若い世代の資産形成 Part3

61605_ext_03_0_S.jpg

前回、「株式は長期では値上がりが期待できる」と述べた。もちろんこれは一般論で、個別企業ごとに業績や株価が異なる動きをする。最悪の場合、事業に失敗して倒産す...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2019年05月16日

若いほど有利、時間を味方に付ける「積立投資」-若い世代の資産形成 Part2

61553_ext_03_0_S.jpg

若い世代は仕事の“伸びしろ”も大きい。一番大事なのは本業の仕事で「稼ぐ力」を高めることだが、シリーズ第1回に述べたような社会情勢の変化を考えると、「毎月1...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2019年05月09日

国の年金は実質目減り 若い世代こそ資産防衛を考えよう-若い世代の資産形成 Part1

61491_ext_03_0_S.jpg

初任給を受け取ったときに「学生時代のバイト代よりずっと多い!」と感じた人は少なくないだろう。かつて筆者もそう思った。給料やボーナスを何に使うか考えるのは楽...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2019年03月14日

韓国の貧富の格差がさらに拡大―持てる者(5大財閥グループ)の土地資産は急増、持たざる者(所得下位20%世帯)の所得は大きく減少―

61098_ext_03_0_S.jpg

韓国の5大財閥グループが保有している土地の帳簿価格は2007年の23.9兆ウォンから2017年には67.5兆ウォンに43.6兆ウォンも増加している。5大グ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

世代間格差のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世代間格差のレポート Topへ