世代間格差

高齢社会白書によれば、高齢化率は上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。また1980年代では20代の後半ともなると多くが結婚していた若年層が、現在では結婚を望んでいるものの大半が未婚となっています。ニッセイ基礎研究所では高齢者雇用、若者の消費・雇用・暮らし、家計金融資産、公的年金制度、シルバー民主主義等、世代間格差をテーマにした分析提言を行っており、随時情報を提供しています。

年で絞り込む

2019年03月14日

韓国の貧富の格差がさらに拡大―持てる者(5大財閥グループ)の土地資産は急増、持たざる者(所得下位20%世帯)の所得は大きく減少―

61098_ext_03_0_S.jpg

韓国の5大財閥グループが保有している土地の帳簿価格は2007年の23.9兆ウォンから2017年には67.5兆ウォンに43.6兆ウォンも増加している。5大グ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2019年01月29日

広がる物価の世代間格差~先行きは消費税率引き上げに伴い一段と拡大~

60696_ext_03_0_S.jpg

2018年の消費者物価指数(総合、以下CPI)は前年比1.0%と2017年の同0.5%から伸び率が拡大した。一方、世帯主の年齢別にみると、39歳以下は0....

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2019年01月07日

データで見る「夫婦の働き方」と子どもの数-超少子化社会データ考-変わる時代の家族の姿

60469_ext_03_0_S.jpg

1980年代以降、非農林業において日本の夫婦の働き方は大きな変貌を遂げた。本レポートは、データによって夫婦の働き方の変化、そしてそのことによる「夫婦の持つ...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年12月26日

2018年ニッセイ基礎研シンポジウム 「「働き方改革」を活かした企業の成長戦略」

60343_ext_03_0_S.jpg

本日は、「『働き方改革』を活かした企業の成長戦略」をテーマに掲げました。。先般、「働き方改革関連法」が成立し、働き方改革を成長に結び付けることが全ての企業...

続きを読む

2018年12月19日

消費税対策としてのキャッシュレス化

60402_ext_03_0_S.jpg

政府は、2019年10月に行う消費税率10%への引き上げに向けた景気対策として、クレジットカードなどキャッシュレス決済を行った消費者を対象に、ポイント還元...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2018年12月03日

健康・医療データ利活用に向け、オランダの先進事例から学ぶもの~次世代ヘルスケア・システム成功の鍵を考える~

60253_ext_03_0_S.jpg

健康・医療分野においても、データ活用は重要で、そのインフラとなる情報基盤の整備が進められている。健康・医療の情報基盤は成長戦略上でも重視されているが、海外...

続きを読む

牧野 敬一郎

牧野 敬一郎

総合政策研究部

2018年07月06日

超就職氷河期世代よりも老後が心配な世代-年代別黒字率の変化に思う

59005_ext_03_0_S.jpg

家計調査によると、勤労者世帯における年代別黒字率が最も高いのは29歳以下である。2002年は30歳台の黒字率が最も高かったのだが、ここ15年で逆転したのだ...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年05月14日

初婚・再婚別にみた「年の差婚の今」(上)-未婚少子化データ考- 平成ニッポンの夫婦の姿

58654_ext_03_0_S.jpg

1990年の国勢調査以降、日本において未婚化が急激に進行したことから、未婚者の意識調査、実態調査が様々なところで行われている。国の大規模調査では依然として...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年12月15日

資産の世代間移転の状況-現役世代への資産移転は進んでいるか

54573_ext_03_0_S.jpg

わが国の家計金融資産は、かねてより高齢世帯に集中しており、現役世帯への資産移転が進んでいないことが、家計消費低迷の一因として指摘されてきた。こうした指摘に...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2016年10月27日

「年金カット法案」という決め付けに、若者は怒れ!

54185_ext_03_0_S.jpg

現在の臨時国会に付されている公的年金の改正法案(「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律案」)に対して、野党から「年金...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年12月22日

高齢化と政府財政と世代間格差

日本の人口高齢化が進行し、既に人口減少に陥っていることは、周知の事実である。高齢化によって生じる問題は数多くあるが、中でも、生産年齢人口に対する高齢者人口...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年09月17日

リスク分担型DB(仮称)の導入意義とは-公的年金を補完する役割としてのDB・DC制度の違いから考える

■要旨社会保障審議会の下に設置された企業年金部会での議論が9月11日に再開された。今年1月に一旦打ち切られるまでに結論が得られなかった弾力的なDB制度の運...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2015年09月03日

企業年金の受給見込み等の通知

公的年金に関しては、基本的に「ねんきん定期便」によって保険料の納付状況を確認し、将来に受取る年金給付の見込み額を知ることができる。これらは、老後の生活設計...

続きを読む

2015年07月31日

“下流老人”にならないために(2)~50代では遅い? “備えあれば、憂いなし”で迎える老後~

実は、日本の公的年金制度においては、“年金保険”と呼称される制度の趣旨が必ずしも十分に理解されていないことも、公的年金に対する理解...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年07月29日

“下流老人”にならないために(1)~50代では遅い? “備えあれば、憂いなし”で迎える老後~

2014年に行われた公的年金の財政検証においては、公的年金の給付による所得代替率が50%を維持できるよう制度設計されている。50%の所得代替率と「100年...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年03月04日

マクロ経済スライドが発動、先行きはなお不透明

公的年金の財政安定化を目指すマクロ経済スライドによる給付水準の調整が、4月に初めて実施されることになった。2007年度に導入されて以降、デフレを背景に一度...

続きを読む

2015年03月03日

公的年金のモデル世帯は少数派~国民の年金に対する意識を更に引上げよう~

政府は昨年に実施した財政検証に基づいて、公的年金制度に対する見直しを進めている。もっとも、当初完全実施を予定したマクロ経済スライドについて、物価下落時に発...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2015年02月10日

アベノミクスで苦しむ氷河期世代~内定率上昇・雇用者増の一方、30代は正規雇用者が減少。就職期が生む雇用環境の格差。

アベノミクスによる企業収益の拡大で雇用環境が改善している。厳しい就職活動を強いられてきた学生の状況も緩和され、今春卒業予定の学生の就職内定率はリーマン・シ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2014年11月27日

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~

早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。これに対し民主党...

続きを読む

前田 俊之
2014年11月25日

働いて納税していても選挙権のない人々―若年層への選挙権拡大に国民的議論を!―

衆議院は11月21日の本会議で解散され、12月14日の投開票に向けて、日本列島は選挙ムード一色です。しかしながら、日本国民であり、しっかり働いていて納税ま...

続きを読む

中村 昭

中村 昭

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

世代間格差のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世代間格差のレポート Topへ