投資信託

年で絞り込む

2020年08月05日

投信市場で存在感が高まる積立投資

65023_ext_03_0_S.jpg

2020年上半期は金融市場の混乱や対面販売の自粛など厳しい販売環境であったにも関わらず、投資信託の販売は堅調であった。冷静に行動した投資家が多かった上に、...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年07月27日

つみたてNISA、意外と多い短期志向?~積立投資と合わせて長期投資は根付くのか~

65016_ext_03_0_S.jpg

30代、40代を中心に広がってきた つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。改めて四半期ごとの つみたてNISAの口座数...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年07月24日

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業

65011_ext_03_0_S.jpg

まもなく2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が本格化する。例年このタイミングで業績予想を変更する企業は少ないが、年度末まで9ヶ月残っているにもかか...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年07月15日

30代、40代の活用が進むつみたてNISA

64938_ext_03_0_S.jpg

2018年1月から始まった つみたてNISA(少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度)。つみたてNISA口座からの買付金額が、2年目の20...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年07月07日

株式ファンドは戻り売りで資金流出~2020年6月の投信動向~

64886_ext_03_0_S.jpg

2020年6月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、国内株式、外国債券、外国株式から資金流出があり、国内株...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年06月30日

TOPIXと日経225の違い-どちらに投資した方が有利なのか

64829_ext_03_0_S.jpg

投資の初心者が日本株に投資する場合、一般的に投資信託でインデックスファンドに投資をするのが良いと勧められるケースが多い。ただ、投資信託とは何か、インデック...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2020年06月09日

構造化年金のアメリカでの普及-第4の年金は、どういう特徴を持っているのか?

64693_ext_03_0_S.jpg

アメリカでは、2010年代に個人年金分野に新たな年金が登場している。近年、販売が徐々に拡大しているという。本稿では、この構造化年金について、概要をみていく...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2020年06月05日

バランス型ファンドは市民権を得た?~2020年5月の投信動向~

64675_ext_03_0_S.jpg

2020年5月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国株式、国内REIT、外国REITは先月から引き続き...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年06月04日

日銀も低コスト投信にシフト!? 国民負担の軽減は極めて限定的

64635_ext_03_0_S.jpg

日本銀行がETF(上場投資信託)の買入方法を変更した。年間6兆円のうち集中的に買入れてきたETFは信託報酬率(保有コスト率)が相対的に高いが、今後はコスト...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月03日

「顧客本位の業務運営に関する原則」で投信の手数料は低下したか?

64532_ext_03_0_S.jpg

金融庁は2016年に「顧客本位の業務運営に関する原則」を公表した。同原則は、金融機関に対して顧客の利益を優先する等の業務運営の実現を求めるものである。そこ...

続きを読む

北村 智紀
2020年06月03日

リスクコントロール型ファンドは過剰なリスクを回避できるか

64534_ext_03_0_S.jpg

市場環境に応じて機動的に資産配分を変更するファンドの設立が目立つ。中でも、リスクコントロール型ファンドに多くの資金が流入している。リスクコントロール型ファ...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2020年05月22日

株式市場が急落する中で収益を獲得した投資戦略-2020年1-3月期の各種ヘッジファンド戦略のパフォーマンス

64516_ext_03_0_S.jpg

2020年1-3月期のヘッジファンドのパフォーマンスは、新型コロナウイルスによる世界的な株価急落の影響を受けて幅広い類型で軒並みマイナスとなった。こうした...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年05月18日

新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価

64456_ext_03_0_S.jpg

上場企業の決算発表がピークを越えた。新型コロナウイルスが世界経済を揺さぶる中、今年度の業績予想を公表できない企業が急増するという異例の事態となっている。株...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年05月13日

存在感高まる外株インデックス・ファンド~2020年4月の投信動向~

64428_ext_03_0_S.jpg

2020年4月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国株式、国内REIT、外国REIT、その他(主に原油...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年04月24日

「逆張り投資」でも時間分散を~予想外に下落することに備えよう~

64305_ext_03_0_S.jpg

2月下旬から3月中旬に世界的に株式が下落する中、逆張り投資をする個人投資家が多かった。ただ、株価が下落するとともに資金流入が細っていた。投資家にとって想定...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年04月14日

日本株式は上値が重い展開が続く可能性

64241_ext_03_0_S.jpg

日本株式は2月下旬から大きく下落したが、足元、やや持ち直してきている。ただ、日本株式は足元でPBRが1倍の水準にあるが、企業業績の先行きを考えると、PBR...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年04月08日

投信市場では冷静な投資家が多かった~2020年3月の投信動向~

64199_ext_03_0_S.jpg

2020年3月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国債券こそ資金流出していたが、その他の資産クラスには...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年03月19日

苦戦する国内高配当株投信~なぜリーマン・ショック時の再現にならなかったか~

64029_ext_03_0_S.jpg

国内高配当株投信のパフォーマンスは、リーマン・ショック時に好調であったが、業種の影響などにより足元では厳しい状況となっている。高配当株の属性がリーマン・シ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年03月06日

金への各種投資方法と注意点-基本的な仕組みについて

63913_ext_03_0_S.jpg

米中貿易戦争、新型コロナウイルスなどによる不透明な市場環境を受けて、「金」への投資の人気が高まっている。金は「有事の金」と言われるように、政治・経済の混乱...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年03月05日

国内株は買われ、国内REITは売られる~2020年2月の投信動向~

63886_ext_03_0_S.jpg

2020年2月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、2月は外国株式とバランス型への資金流入があり、ファンド...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

アクセスランキング

投資信託のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

投資信託のレポート Topへ