久我 尚子

生活研究部 主任研究員

久我 尚子(くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング
自己紹介 人々の暮らしをデータから読み解いています。

若者や女性、共働きやパワーカップル、子育て世帯などを中心に、消費行動の特徴やその背景にある働き方、恋愛や結婚、出産、子育ての状況、価値観の変化について分析し、政策課題にも言及しています。

また、今、日本で急成長しているシェアリングサービスなどの新しいサービスや話題の商品などにも注目し、消費構造全体の変容についても注目しています。

データから見える意外な事実、そして、皆さまの疑問の解消にお役に立てるような情報を分かりやすくお伝えできるように、日々、講演活動や執筆活動に励んでおります。
経歴 プロフィール
【職歴】
 2001年 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ入社
 2007年 独立行政法人日本学術振興会特別研究員(統計科学)採用
 2010年 ニッセイ基礎研究所 生活研究部門
 2016年7月より現職

・内閣府「統計委員会」専門委員(2013~2015年)
・神奈川県「神奈川なでしこブランドアドバイザリー委員会」委員(2013年~)
・総務省「速報性のある包括的な消費関連指標の在り方に関する研究会」委員(2016~2017年)
・東京都「東京都監理団体経営目標評価制度に係る評価委員会」委員(2017~2018年)
・東京都「東京都政策連携団体経営目標評価制度に係る評価委員会」委員(2019年~)
・東京都「東京都立図書館協議会」委員(2019年~)
・総務省「統計委員会」臨時委員(2019年~)
・総務省「衛星放送の未来像に関するワーキンググループ」委員(2020年~)

【加入団体等】
 日本マーケティング・サイエンス学会、日本消費者行動研究学会、
 生命保険経営学会、日本行動計量学会、Psychometric Society

久我 尚子のレポート

2021年05月27日

世帯年収別に見たコロナ禍の家計収支の変化-中低所得層の現役世帯で夫の収入の減少幅大、給付金が家計を下支え

2020年の二人以上勤労者世帯の実収入は、給付金や妻の勤め先収入が増えたことで、収入階級によらず増え、増加幅は上位20~40%を含む比較的高所得世帯を中心...

続きを見る

2021年05月20日

コロナ禍1年の家計消費の変化-ウィズコロナの現状分析とポストコロナの考察

感染状況が悪化しても、当初ほど個人消費は落ち込みにくくなっている。その要因には、再度の緊急事態宣言の発出は一部地域にとどまること、店舗施設の営業自粛要請が...

続きを見る

2021年04月28日

コロナ禍で増す「家飲み」需要-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?

総務省「家計調査」によると、2020年3月以降、二人以上世帯の外食の「飲酒代」は前年同月より減少する一方、「酒類」は増加している。特に「チューハイ・カクテ...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

久我 尚子のパブリシティ

著書

  • 若者は本当にお金がないのか?―統計データが語る意外な真実
    若者は本当にお金がないのか?―統計データが語る意外な真実
    著者:
    久我 尚子(著)
    出版社:
    光文社新書
    発行年月:
    2014年6月
    定価:
    820(税抜き)

    ※当研究所、久我尚子が執筆。


      今の若者は厳しい経済環境にある。しかし、20代の生活満足度は、全ての年代の中で最も高く、所得や貯蓄などの経済面の満足度も40~50代より高い。世間で若者の「クルマ離れ」や「高級ブランド品離れ」、「海外旅行離れ」などが言われるとき、「今の若者はお金がないからだ」という声がよく聞かれる。確かに、クルマもブランド品も高額なものだが、若者はお金がないから消費をしないのだろうか。


      今の若者は実際のところ、月々どれくらいのお金を手にしているのだろうか。


      統計の入門書、若者に関するデータ集としても最適な一冊。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年06月18日 さいたま活性化サロン 「ウィズコロナ・ポストコロナの消費者像」 関東財務局
2021年03月11日 電気通信サービスにおける消費者問題に関する研究会 「データで読み解く-ウィズコロナ・ポストコロナの消費生活」 NTT東日本(東日本電信電話株式会社)
2021年03月08日 第16回日本感性工学会春季大会特別講演 「新型コロナによる暮らしの変化~データで読み解く"ポスト巣ごもり消費"」 日本感性工学会

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2021年05月20日 先進7カ国の中で最下位の賃金 日本は貧しい国? BS11 「報道ライブ21 INsideOUT」
2021年05月16日 コロナ禍1年の仕事の変化 テレビ埼玉 「埼玉ビジネスウォッチ」
2021年05月07日 コロナ禍の母の日 どんな変化がある? 日本テレビ 「ZIP!」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年05月31日 北海道新聞 朝刊 13面 焼き鳥グリルやビールサーバー人気 コロナ下 自宅で外食気分 非日常感味わいストレス解消
2021年05月19日 日本経済新聞 朝刊 27面 身の回り 目線が充実 (キャンパス発この一品)
2021年05月19日 読売新聞 朝刊 15面 捨てずに もうひと花 規格外 安く販売、雑貨に加⼯

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年05月21日 QUICK 中堅住宅株、好調⽀える氷河期世代の「悲しい事情」
2021年05月17日 日経MJ 2面 コロナ禍、労働市場に大きく影響 25%が収入減、生活に打撃 副業・兼業、正社員にも広がる
2021年05月10日号 金融財政ビジネス 14-18P 健康志向で減少するアルコール消費

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2019年度

愛媛県子どもの生活実態調査
子どもにかかわる総合的な計画として愛媛県が策定する「えひめ・未来・子育てプラン(後期計画)」(計画期間:2020年度~2024年度)の検討にあたり実施された、愛媛県の全ての公立小学校2年生、5年生、中学校2年生、県立高校2年生とその保護者、3歳児検診保護者を対象とした、国の調査レベルの規模ともいえる大規模アンケートをもとに作成されている。
アンケートは全公立ならびに県立校を対象としたため、愛媛県全自治体・教育委員会の協力のもと、県と全市町が綿密に連携し、子どもの安全・安心な回答環境と回収率の向上に尽力した。
本報告書は、子どもの生活状況、現在の幸福度、将来展望や子育て家庭が抱える不安・心配事などを把握し、愛媛の子どもたちが自信と希望をもって成長し、未来に向かってチャレンジするために必要な取組みや重点施策等の参考資料とすることを目的として作成された。

※ 内容につきましては委託機関へお問合せください。
  愛媛県のホームページにて報告書全文公開
  https://www.pref.ehime.jp/h20300/kodomo_tyousa/gaiyou.html

愛媛県

  • 公開中

受託実績をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る