株式

年で絞り込む

2020年08月11日

気候変動のリスク指数開発-アクチュアリーは異常気象による損害リスクを、どう表現するのか?

65139_ext_03_0_S.jpg

アメリカでは、気候リスク指数が開発され、2020年1月に、アクチュアリー会のホームページで公表されている。この指数は、日本での気候変動関連のリスク管理にお...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2020年08月06日

「老後2,000万円」騒動から1年、コロナ襲来で「つみたて投資」はやめるべきか、続けるべきか

65092_ext_03_0_S.jpg

去年6月の「老後2,000万円」騒動をきっかけに、つみたて投資を始めた人は多い。。一念発起して投資家の仲間入りしたものの、1年も経たずにコロナ禍に見舞われ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年08月05日

リバランス再論

65020_ext_03_0_S.jpg

新型コロナの感染の広がりをきっかけにした、2月から3月末までの世界株価の下落幅は30%を超えた。ところがその後株価は回復し、6月末までにおよそ8割を戻した...

続きを読む

2020年07月31日

新型コロナウイルスのグローバルM&Aマーケットへの影響-各国で広がる外資規制の強化

65049_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの流行の影響を受けて、世界のM&A取引は低調となっている。これは、企業業績の悪化や移動制限により企業買収に必要な現地調査が難しくなってい...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年07月30日

国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識

65045_ext_03_0_S.jpg

国内外の株式に投資をする場合、どうしたら良いのだろうか。初心者が投資を始める場合は一般的に投資信託のインデックスファンドからスタートすることが多いと思われ...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2020年07月24日

コロナ禍でも業績が上振れしそうな企業

65011_ext_03_0_S.jpg

まもなく2020年度第1四半期(4~6月)の決算発表が本格化する。例年このタイミングで業績予想を変更する企業は少ないが、年度末まで9ヶ月残っているにもかか...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年07月17日

楽観的な金融市場と実体経済の乖離-IMF国際金融安定性報告書(GFSR)より

64975_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大により、グローバル金融市場は不安定な状況が続いている。こうした中、国際通貨基金(IMF)は6月25日、国際金融安定性報告書(G...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年06月22日

「老後2,000万円」騒動から1年 コロナ襲来で「つみたて投資」はやめるべきか、続けるべきか

64755_ext_03_0_S.jpg

「老後2,000万円騒動」から1年が過ぎた。騒動をきっかけに「つみたて投資」を始めた矢先のコロナ禍で株価が急落。肝を冷やした人も少なくないだろう。幸い株価...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月15日

期待先行の株高はもって1年~リーマン・ショック後と似た展開となった日本株式~

64722_ext_03_0_S.jpg

日本株式は足元、業績回復期待を支えに高値圏で推移している。■ 新型コロナウイルス次第ではあるが、共生がうまくいった場合には最大で1年程度、この業績回復期待...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年06月09日

構造化年金のアメリカでの普及-第4の年金は、どういう特徴を持っているのか?

64693_ext_03_0_S.jpg

アメリカでは、2010年代に個人年金分野に新たな年金が登場している。近年、販売が徐々に拡大しているという。本稿では、この構造化年金について、概要をみていく...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2020年06月09日

日経平均2万3000円回復 今後の展開は?

64690_ext_03_0_S.jpg

日経平均が2万3,000円を回復した。3月の最安値から3ヶ月弱で40%の急上昇だ。国内外で経済活動が段階的に再開され市場の期待は膨らんでいるが、今後は先行...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月05日

「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方

64668_ext_03_0_S.jpg

年金に関する批判的な報道が再び増えそうだ。新型コロナウイルスの影響で世界中の株価が急落し、年金積立金の運用が大幅な損失となった可能性が高いからだ。一部のメ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月04日

日銀も低コスト投信にシフト!? 国民負担の軽減は極めて限定的

64635_ext_03_0_S.jpg

日本銀行がETF(上場投資信託)の買入方法を変更した。年間6兆円のうち集中的に買入れてきたETFは信託報酬率(保有コスト率)が相対的に高いが、今後はコスト...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年06月03日

日本銀行によるETF 買入がもたらす市場の歪み

64530_ext_03_0_S.jpg

今般のコロナ禍による株価の急激な下落に対し、日本銀行は上場投資信託(ETF)を積極的に買い入れ、株価を支えている。この金融政策はどこまで許容されるのだろう...

続きを読む

川北 英隆
2020年05月27日

日本株、下落前の水準に戻るのに3年以上かかる可能性

64552_ext_03_0_S.jpg

現在、日本株式はPBRが1倍をやや上回った水準にある。当面、企業業績が低迷し、資本コストを上回るだけ収益が上がらず、株価はPBR1倍前後の水準が続くと思わ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2020年05月22日

4~5月の自社株買いが急減

64517_ext_03_0_S.jpg

例年であれば、5月は自社株買いの設定が、1年で最も多い時期である。しかし、今年はコロナ禍の影響から、自社株買いを設定する企業は極端に少なかった。いずれ経済...

続きを読む

森下 千鶴

森下 千鶴

金融研究部

2020年05月18日

新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価

64456_ext_03_0_S.jpg

上場企業の決算発表がピークを越えた。新型コロナウイルスが世界経済を揺さぶる中、今年度の業績予想を公表できない企業が急増するという異例の事態となっている。株...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年05月08日

GPIFの運用を考える

64291_ext_03_0_S.jpg

コロナ・ショックによる世界的な株価急落の影響で、GPIFの2019年度運用実績はリーマン・ショックが発生した2008年度に次ぐ規模の損失となった模様だ。メ...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾

金融研究部

2020年04月28日

適温相場からの急落の背景-近年の金融市場のテールリスクについての考察

64319_ext_03_0_S.jpg

新型コロナウイルスの感染が拡大する前までは、金融市場はボラティリティが低下し、一見、平穏な「適温相場」と言われていた。これは、グローバル経済の低成長化やサ...

続きを読む

原田 哲志

原田 哲志

金融研究部

2020年04月24日

「逆張り投資」でも時間分散を~予想外に下落することに備えよう~

64305_ext_03_0_S.jpg

2月下旬から3月中旬に世界的に株式が下落する中、逆張り投資をする個人投資家が多かった。ただ、株価が下落するとともに資金流入が細っていた。投資家にとって想定...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

株式のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

株式のレポート Topへ