高齢者世帯の家計・資産

少子高齢化により公的年金の給付水準が今後一段と低下していくことが避けられず、公的年金を補完する自助努力として個人年金をはじめとする老後生活資金の準備と運用が必要となります。この「高齢者世帯の家計・資産」の一覧では、高齢者の貯蓄・消費・経済状況、金融行動、個人金融資産の運用、リバースモーゲージの活用等について考察します。

年で絞り込む

2019年03月18日

貯蓄額よりも貯蓄率-リタイアメント・リスクについて考える

61106_ext_03_0_S.jpg

ボストンカレッジの退職研究センター(Center for Retirement Research at Boston College)が、定期的にナショナル・リタイア...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2019年02月20日

都市農地貸借の要件-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その1) 

60937_ext_03_0_S.jpg

昨年9月に、都市農地の貸借の円滑化に関する法律(以下、都市農地貸借法)が施行された。法の詳細は2018年2月のレポートで解説したところであるが、その時点で...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2019年02月18日

認知症・相続対策としての民事信託-成年後見制度を補完する可能性としての信託

60897_ext_03_0_S.jpg

家族が認知症になってしまった場合においては成年後見制度が唯一の対応する法制度であるが、成年後見人選任に当たって家庭裁判所の審判を要するなどハードルが高い。...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2019年01月29日

広がる物価の世代間格差~先行きは消費税率引き上げに伴い一段と拡大~

60696_ext_03_0_S.jpg

2018年の消費者物価指数(総合、以下CPI)は前年比1.0%と2017年の同0.5%から伸び率が拡大した。一方、世帯主の年齢別にみると、39歳以下は0....

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2019年01月23日

2019年度年金額改定の意味- 消費税増税前に調整の“ツケ”を解消し、健全化ペースが回復

60608_ext_03_0_S.jpg

2019年1月18日に、2019年度の公的年金額が前年度と比べて+0.1%増額されることが発表された。物価や賃金が上昇している中で小幅の伸びにとどまったが...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2019年01月08日

60歳を迎えて老後の生活資金を考える-お得な年金受取方法と資産運用とは何か-

60495_ext_03_0_S.jpg

年金の受取り方と老後の資産運用をどうすべきかについて、会社員や公務員を主な対象に、基本的なことに関しての考え方について私見を述べていきたい。まず、厚生年金...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

2018年12月05日

今こそ確定拠出年金制度の見直しが必要

60193_ext_03_0_S.jpg

従業員向けの退職給付制度として確定拠出年金(DC)を採用する企業数は年々増加している。DBで生じ得る企業側の思わぬ負担増を抑制するためには合理的な行動であ...

続きを読む

2018年11月07日

家族が認知症になったらー成年後見制度を見てみる

60053_ext_03_0_S.jpg

認知症が重度になると判断能力が衰え、重要な契約などが当人ではできなくなる。そのときのために用意されている法的な制度が成年後見である。成年後見制度には家庭裁...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2018年09月26日

家族が認知症になったら-成年後見制度を見てみる

59688_ext_03_0_S.jpg

厚生労働省の資料によれば、2012年では認知症高齢者数が462万人と、65歳以上の高齢者の約7人に1人(有病率15.0%)であったが、2025年には約5人...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2018年08月21日

増え行く単身世帯と消費市場への影響(2)-勤労者世帯は食や買い物先で利便性重視、外食志向が強いものの近年は中食へシフト

59399_ext_03_0_S.jpg

総務省「家計調査」を用いて単身世帯の具体的な消費内容を捉えた。可処分所得は、壮年(35~59歳)男性>若年(~35歳)男性>壮年女性>若年女性の順に多く、...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月20日

韓国、国民年金の第4回財政再計算の結果を発表―財政安定化政策のみならず、雇用安定化政策の同時実施を―

59382_ext_03_0_S.jpg

今年は韓国が公的年金(以下、国民年金)を導入してから30年を迎える年である。国民年金制度発展委員会(以下、委員会)が8月17日に発表した第4次財政推計によ...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2018年08月08日

高齢者を直撃する物価上昇~世代間で格差~

59275_ext_03_0_S.jpg

2017年の消費者物価指数( 持家の帰属家賃を除く総合、以下も同じ)は前年比0.6%となった。この上昇率は平均的な世帯が消費する財・サービスが基準になってい...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年08月06日

相続プランを考えてみよう-2018年度成立改正相続法の解説

59274_ext_03_0_S.jpg

民法(相続法)の改正が2018年7月6日参議院で可決・成立した。改正法成立後、1年以内に施行される予定となっている。今回の改正は超高齢社会・大相続時代を...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2018年08月03日

余命にみる高齢者の多様性

59174_ext_03_0_S.jpg

2016年の簡易生命表によれば、男女の平均寿命はそれぞれ81歳、87歳に達し、男性では60人に1人、女性なら15人に1人が100歳まで生きると言う。人生1...

続きを読む

2018年07月04日

多くの人の確定拠出年金は、ほとんどをリスク性資産に

58949_ext_03_0_S.jpg

企業型DCや個人型DC(iDeCo)の平均的な資産配分では、預金や保険といった元本確保型商品が5 割以上を占めている。しかし、世帯の保有する資産全体を見た時...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2018年06月19日

高齢者を直撃する物価上昇~世代間で格差~

58861_ext_03_0_S.jpg

2017年の消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合、以下も同じ)は前年比0.6%と2016年の同▲0.1%から2年ぶりにプラスに転じた。この上昇率は平均...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年06月05日

DC改正法施行後も求められる高齢期の所得確保策の検討

58745_ext_03_0_S.jpg

2016年5月に成立したDC制度の普及拡大を促す改正法が、この5月にすべて施行されるに至った。しかし、施行から1年半が経過する個人型DC(iDeCo)の普...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹

金融研究部

2018年05月14日

超就職氷河期世代よりも老後が心配な世代-年代別黒字率の変化に思う

58650_ext_03_0_S.jpg

家計調査によると、勤労者世帯における年代別黒字率が最も高いのは29歳以下である。2002年は30歳代の黒字率が最も高かったのだが、ここ15年で逆転したらし...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年05月08日

資産が枯渇しない生活水準を考える-適正支出に対するアドバイス力強化に期待する

58596_ext_03_0_S.jpg

近年、個人型確定拠出年金iDeCoや積立NISA等、個人の資産形成を促す制度が拡充されてきている。また、インターネットの普及により投資商品の選び方に関する...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年05月07日

長寿化リスクへの備えは公的年金のみ

58541_ext_03_0_S.jpg

少子高齢化が必ずしも長寿化を伴わない可能性はあるが、事実として日本人の平均寿命は、男性で79.55 歳(2010 年)から80.75 歳(2015 年)へ、女性は...

続きを読む

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

高齢者世帯の家計・資産のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者世帯の家計・資産のレポート Topへ