中嶋 邦夫

保険研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター 公的年金調査室長 兼任

中嶋 邦夫(なかしま くにお)

研究・専門分野
公的年金財政、年金制度全般、家計貯蓄行動

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 公的年金財政、年金制度全般、家計貯蓄行動
自己紹介

公的年金制度にとって、財政の健全性と国民の信頼や納得は車の両輪のようなものだと思います。財政が健全でなければ信頼や納得は得られないでしょうし、信頼や納得を得られなければ財政の健全性は保ちにくくなるでしょう。年金財政は社会の映し絵ですので、状況に合わせて制度の見直しが必要になります。
このような視点から、公的年金財政の分析を通じて健全性を考察するとともに、その仕組みを分かりやすく伝えていきたいと思っています。また、個人の貯蓄投資行動の分析や年金に関する情報提供の分析を通じて、老後に向けた準備について考えていきたいと思っています。

経歴 【職歴】
 1995年 日本生命保険相互会社入社
 2001年 日本経済研究センター(委託研究生)
 2002年 ニッセイ基礎研究所(現在に至る)
 ・2007年 東洋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
 ・参議院 厚生労働委員会調査室 客員調査員 (2011~2012年度)
 ・厚生労働省 ねんきん定期便・ねんきんネット・年金通帳等に関する検討会 委員 (2011年度)
 ほか(下記参照)


【加入団体等】
 ・生活経済学会、日本財政学会、ほか
 ・博士(経済学)

中嶋 邦夫のレポート

2022年04月07日

2022年度の年金額は0.4%減額。現役賃金の下落と痛み分け

1月21日に、2022年度の年金額の改定が公表された。本稿ではその仕組みを概観し、次期年金改革への影響を考える。現在の公的年金額の改定(毎年度の見直し)は...

続きを見る

2022年04月05日

この10年で厚生年金加入者は577万人増、国民年金(1号・3号計)は700万人減~年金改革ウォッチ 2022年4月号

年金数理部会が2020年度の財政状況報告をとりまとめた。本稿では、公的年金加入者(被保険者)の構成の変化に注目して考察する。公的年金の加入者は大きく3つに...

続きを見る

2022年03月18日

就職氷河期世代と74歳現役社会を取り上げた記事が話題に-「年金」を含むツイートの基礎的な分析(2021年11月)

本稿では、「年金」を含むツイートが何を契機に投稿されているかを考察するために、基礎的な投稿状況やツイートに含まれるリンクに関する分析などを、2021年11...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

中嶋 邦夫のパブリシティ

著書

  • シリーズ超高齢社会のデザイン 高齢者法:長寿社会の法の基礎
    シリーズ超高齢社会のデザイン 高齢者法:長寿社会の法の基礎
    著者:
    樋口 範雄(編)/関 ふ佐子(編)
    出版社:
    東京大学出版会
    発行年月:
    2019年08月
    定価:
    ¥4,900(税抜き)

     

    ※当研究所の中嶋邦夫が第4章・第1節「高齢者の経済的基盤――主要なもの」を執筆。


    医療・介護・福祉、住まい、経済的基盤、財産管理、家族・相続、虐待・犯罪、裁判制度――高齢者をめぐる法的課題を広範囲にわたって整理し、その解決方法に重要な視角を提供するとともに、高齢者法の具体像を解説する。高齢者の抱える問題に対処するための法的プランニングにも役立つ一冊。

  • 図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    著者:
    ニッセイ基礎研究所 年金総合リサーチセンター(著)
    出版社:
    秀和システム
    発行年月:
    2018年02月
    定価:
    ¥1,300(税抜き)

     

    ※当研究所、中村亮一・德島勝幸・中嶋邦夫・安井義浩が執筆。


    老後の生活は、誰もが不安に思っています。その原因は、年金制度が複雑で直観的に理解することが難しいからです。本書は、老後の所得に不安を抱いているあなたのために、公的年金制度の基礎から老後のための資産運用まで最新の情報を図解でわかりやすく解説した入門書です。公的年金制度の仕組みや、年金額の確認方法、働き方で変わる加入タイプ、投資による資産運用、NISAやiDeCoで資産形成など、年金と運用のすべてがわかります!

  • 日経ホームマガジン 老後貧乏にならない! サラリーマンのための退活読本
    日経ホームマガジン 老後貧乏にならない! サラリーマンのための退活読本
    著者:
    日経マネー(編)
    出版社:
    日経BP社
    発行年月:
    2016年9月
    定価:
    ¥1,000(税抜き)

     

    ※当研究所の中嶋邦夫が「専門家の金言 (1)年金 -年金破綻の心配より、将来の稼ぎを考えて」を執筆。


    ≪実例満載!≫ 退職までにやっておくべきこと。

著書をもっと見る

動画

何でこうなるの? 年金額見直しの仕組み


動画をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2022年03月18日 資本市場を考える会 「『岸田ビジョン』と次期年金改革」 日本証券経済研究所
2022年01月07日 2022 Virtual Annual Meeting "Investment Risk-taking and Benefit Adequacy under Automatic Balancing Mechanism in Public Pension System in Japan" American Economic Association
2021年11月22日 91st Annual Meeting "Investment Risk-taking and Benefit Adequacy under Automatic Balancing Mechanism in Public Pension System in Japan" Southern Economic Association

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2019年09月03日 安定的な“年金”どんな改革必要か? 日テレNEWS24
2019年09月03日 安定的な“年金”・どんな改革必要か 日本テレビ 「Oha!4 NEWS LIVE」
2019年09月02日 どうなる年金制度 BS日テレ 「深層NEWS」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年03月28日 読売新聞 朝刊 23面 老後の支え どう変わる?/制度改正 生活再考の契機に
2022年03月22日 日本海新聞 朝刊 16面 争論 年金制度のこれから 「世代内不公平」の是正を 給付抑制に工夫が必要
2022年03月07日 宮崎日日新聞 朝刊 6面 争論 年金制度のこれから

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2022年03月08日号 週刊朝日 24-25P 年金生活者の生活が苦しい! 物価上昇と年金カットのダブルパンチに
2022年02月26日号 週刊ダイヤモンド 69P マクロ経済スライド同時適用停止で減少率は同じに
2022年02月07日号 日経ビジネス 17P 厚労省試算、実行するなら早期に

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る