マーケティング

「マーケティング」の一覧では、女性の消費実態、若年層の生活意識や消費行動、拡大するシニア市場への取り組み等、消費者の行動について、市場調査、アンケート調査等の実態調査を詳細に分析し将来を見通します。また、生保にかかわるマーケティングについては、近年急増する保険ショップの実態、アフターサービスとして実施している契約後確認活動の評価と効果、生保への加入行動等について継続的な分析を行っています。

年で絞り込む

2018年11月12日

働く女性の消費志向-独身と妻は「こだわり」、母は「安価重視」「環境安全」と「衝動買い」

60082_ext_03_0_S.jpg

30代前後の結婚・子育て期で働く女性が増えている。本稿では未既婚や子の有無などに注目して、働く女性の消費志向の特徴を捉える。分析には、ニッセイ基礎研究所が...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年11月07日

日本の家庭に眠る”かくれ資産”総額は推計37兆円以上-フリマアプリでの平均売買価格から算出、1世帯あたり約70万円、金融・不動産に続く第三の資産

60063_ext_03_0_S.jpg

株式会社ニッセイ基礎研究所では、「みんなのかくれ資産調査委員会」による、”平成再最後の大掃除”と言われる2018年の大掃除にむけて、家庭内の不要品の整理・...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年10月30日

なぜ消費は活性化しないのか~活性化を阻む6つの理由

59983_ext_03_0_S.jpg

個人消費は力強さに欠ける状況が続く。この要因の1つには、実質賃金の伸び悩みがある。しかし、賃金は改善傾向を示す一方で、依然として消費は低迷している状況を見...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年10月29日

2019年10月消費増税の家計への影響-前回より負担が抑えられる3つの理由

59980_ext_03_0_S.jpg

2019年10月に消費税率は10%へ引き上げられる。前回の消費増税時と比べて今回は主に3つの理由から家計の負担を抑えられるだろう。1つは、税率の引き上げ幅...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年10月25日

シリーズ・IT婚時代の「運命の人の探し方」-第2回 「フィルターバブル」の罠

59952_ext_03_0_S.jpg

当シリーズでは、近年、大きく変容しつつある婚活のスタイルについて、情報技術は人々の活動様式を変えるだけではなく「結婚への価値観」にも影響を与えているという...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年10月18日

なぜ今、シェアリングサービスなのか?-市場拡大の3つの理由、既存サービスとの違いは

59902_ext_03_0_S.jpg

シェア経済が拡大している。内閣府の推計では2016年の市場規模は約5,000億円、うち6割が「モノ」のシェアだ。シェアが伸びる理由は消費者の節約志向で語ら...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年10月09日

縮小するアルコール市場、その活路は?

59769_ext_03_0_S.jpg

ビールの消費は、12月の忘年会シーズンに次いで7~8月の夏の時期に増える(総務省「家計調査」における二人以上世帯の支出額)。今年の夏は厳しい暑さが続いたが...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年09月25日

シリーズ・IT婚時代の「運命の人の探し方」-第1回 意味づけ「単純化」の罠

59679_ext_03_0_S.jpg

近年、ITによる情報技術が、人々の行動様式に変化をもたらす事例が増えてきている。個人のパートナー探し(婚活というとキャッチーではあるものの、まるで就職活動...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年09月20日

縮小するブライダル・マーケットとその活路-少子化や未婚化、「ナシ婚」「ジミ婚」で市場縮小~消費者の今を知る

59655_ext_03_0_S.jpg

日本では過ごしやすい秋や春に結婚式が多く、真夏や年末年始は結婚式が少ない。一方で共働きも増え、何かと忙しい現代社会では、結婚式と入籍の時期が一致するカップ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年09月13日

コンビニは若者からシニアのものへ-来店客は人口以上に高齢化~消費者の今を知る

59608_ext_03_0_S.jpg

コンビニ市場のシェア4割を占めて業界首位のセブン-イレブンの来店客の年齢分布を見ると、1989年から2017年にかけて、20代以下は6割から2割へ、50歳...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月27日

プレミアムフライデーの次はシャイニングマンデー?-定着に向けた課題は

59451_ext_03_0_S.jpg

「プレミアムフライデー」に続いて、経産省が新たに始めようとしているのが月曜午前を休もうという「シャイニングマンデー」だ。7月30日、経産省の職員の3割が午...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月24日

本格化する日本版DMO~インバウンドの拡大を全国津々浦々に~

59450_ext_03_0_S.jpg

2017年の訪日外国人旅行者数は前年比19.3%増の2,869万人となった。6年連続の二桁増となり、政府目標である2020年4,000万人は十分射程圏内に...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年08月21日

増え行く単身世帯と消費市場への影響(2)-勤労者世帯は食や買い物先で利便性重視、外食志向が強いものの近年は中食へシフト

59399_ext_03_0_S.jpg

総務省「家計調査」を用いて単身世帯の具体的な消費内容を捉えた。可処分所得は、壮年(35~59歳)男性>若年(~35歳)男性>壮年女性>若年女性の順に多く、...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月14日

シェアに見る「売る時のことを考えて買う、使う」という価値観-モノの所有から利用へ~消費者の今を知る

59334_ext_03_0_S.jpg

シェアリングエコノミー(シェア経済)が拡大している。内閣府は7月に初めてシェア経済の市場規模の試算結果を公表した。2016年の市場規模は全体で4,700~...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月08日

拡大するシェアリング・エコノミー、シェア志向が強いのは誰? ~安く買いたい若者だけでなく、堅実な公務員、合理的な高年収男性でも強い~

59281_ext_03_0_S.jpg

個人が所有する「モノ」や「スキル」を他人と共有するシェアリング・エコノミーが拡大している。2017年度の国内市場規模は636億円だが、2021年度には1,...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年08月07日

変容する消費構造-モノからサービス、デパートからネット、BtoCからCtoCへ~消費者の今を知る

59284_ext_03_0_S.jpg

個人消費が盛り上がりに欠ける理由として、既出レポートにて、経済不安をはじめとした6つの理由を述べたが、自動車や百貨店業界など、かつて隆盛を極めた業界が低迷...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年07月31日

縮小するアルコール市場、その活路は?-男性の「アルコール離れ」、40代以上の女性は若者より飲む、飲まない若者でも職場の飲み会は重視~消費者の今を知る

59206_ext_03_0_S.jpg

日本のアルコール市場は1996年をピークに縮小傾向にあり、アルコール消費の内訳も変容している。かつてはビールが大半だったが、税率の高さからメーカーが手がけ...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年07月24日

夏に売れるのはアイスクリームと何?-ランドセル商戦の変容と市場拡大~消費者の今を知る

59151_ext_03_0_S.jpg

夏に売れるもの1つにランドセルがある。以前は入学直前の冬がピークだったが、お盆の帰省時に祖父母が孫のために購入する需要を見込み、早々と新商品を展開する百貨...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2018年07月13日

海外のデータ活用事例について~英国 midata(マイデータ)~

59069_ext_03_0_S.jpg

先月閣議決定された「未来投資戦略2018」では、データは「デジタル新時代の価値の源泉」とされ、その重要性が改めて示された。とりわけ重要なのがパーソナルデー...

続きを読む

牧野 敬一郎

牧野 敬一郎

総合政策研究部

2018年07月03日

幸福度を高めるシェア経済-節約やプチ収入だけじゃない、誰かの役に立って嬉しい気持ち

58968_ext_03_0_S.jpg

シェアリングサービスと消費市場という話題になると、とかく日本では、既存企業の利益を奪う、市場がシュリンクするというネガティブな文脈で語られがちだ。日本では...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

マーケティングのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

マーケティングのレポート Topへ