廣瀨 涼

生活研究部 研究員

廣瀨 涼(ひろせ りょう)

研究・専門分野
消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア

  • Xでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェアする

03-3512-1776

取材・講演依頼

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 消費文化、マーケティング、ブランド論、サブカルチャー、テーマパーク、ノスタルジア
自己紹介

私は「なぜオタクは消費するのか」という問いを追究し続けてきました。長年にわたりアニメやマンガ、アイドルなど様々なフィールドのオタクコミュニティに自らが参与し、オタクの消費欲求を掻き立てる源泉を研究してきました。オタクほど興味対象に対して貪欲でありつつ、純粋に自らの欲求に従う存在はいないでしょう。彼らの消費行動は本能に忠実で、一種の動物的な側面を持ち合わせており、長らく彼らは奇異な存在とされてきました。しかし、きっかけがあれば誰もがオタクになる可能性を有しており、我々はオタクと隣り合わせなのです。そのため、オタクの消費欲求は、たがが外れて露呈した我々の潜在的な消費欲求であると私は考えています。欲望が渦巻く現代消費社会の中で人々の消費欲求の源泉を分析し、独自の視点から発信していければと考えております。昨今ではオタク文化と親和性の高い、若者特にZ世代(1996年~2012年に生まれた世代)の消費行動や流行や快楽といった無形物の消費について研究しており、日々講演活動や執筆活動に勤しんでいます。

経歴 【経歴】
2019年 大学院博士課程を経て、
      ニッセイ基礎研究所入社

【加入団体等】
・経済社会学会
・コンテンツ文化史学会
・余暇ツーリズム学会
・コンテンツ教育学会
・総合観光学会

廣瀨 涼のレポート

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

廣瀨 涼のパブリシティ

著書

  • タイパの経済学
    タイパの経済学
    著者:
    廣瀨涼(著)
    出版社:
    幻冬舎
    発行年月:
    2023年09月
    定価:
    ¥1,056(税込)


    ※当研究所、廣瀨涼が執筆。


    Z世代を中心に、コスパならぬ「タイパ」(時間対効果)の追求が当たり前となった。時短とは異なり、「限られた時間でより多く」「手間をかけずに観た(経験した)状態になりたい」という欲求が特徴で、モノやコンテンツをコミュニケーションの“きっかけ”“手段”ととらえているという。背景にはサブスクの普及、動画のショート化などの環境変化と、「時間を無駄にしたくない」「いますぐ詳しく(=オタクに)なりたい」といった意識の変化がある。もはや純粋に消費を楽しむことはできないのか? 一見不合理なタイパ追求の現実を、気鋭の研究者がタイパよく論じる。

  • あの新入社員はなぜ歓迎会に参加しないのか:Z世代を読み解く
    あの新入社員はなぜ歓迎会に参加しないのか:Z世代を読み解く
    著者:
    廣瀨涼(編・著)
    出版社:
    一般社団法人 金融財政事情研究会
    発行年月:
    2023年06月
    定価:
    ¥1,870(税込)


    ※当研究所、廣瀨涼が執筆。


    最近の若者はよくわからないというあなたへ
    昔とは違う「オタク」
    「消費しない」って本当?
    自己肯定感が高くて低い若者たち。
    歓迎会を開催しようと思ったら、新入社員が欠席を希望――。
    若者の「消費離れ」って本当? 推し活に勤しむのはなぜ? SNSをどう使っている? 社会貢献意識が高い? 
    若者の消費文化を追ってきた著者がZ世代ならではの価値観、行動を深掘りして徹底解説。
    「今どきの若者はよくわからない」と嘆く上司世代も、当事者世代も必読。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2023年09月22日 リテール・イノベーション研究会 「Z世代の消費の価値観~彼らは何にお金を使いたいのか~」 エス・ビー・システムズ株式会社
2023年07月17日 キャリアコンサルタント交流会 「Z世代のプライオリティから見る幸福感の変化」」 LEC東京リーガルマインド
2020年01月17日 ヤング&シニア・ショッパー研究セミナー 「『わたしとウチら』-Z世代の情報処理と消費行動」 公益財団法人流通経済研究所

講演・学会報告をもっと見る

TV出演

放送日 内容 番組名
2024年02月05日 炎上について STV札幌テレビ 「どさんこワイド179 」
2024年01月17日 #みんなのギモン 恋愛感情も? 過剰な推し活 日本テレビ 「news every.」
2024年01月12日 2024年ヒットのキーワードは“消Time” 若者を惹きつける 時間も年齢も忘れられる「没入体験」 BSテレ東 「ヒットのクスリ+9 【日経プラス9】」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2024年02月27日 産経新聞(大阪版) 夕刊 7面 過激動画、なぜ絶えぬ 視聴者需要と承認欲求リンク/残る複製
2024年01月12日 日本経済新聞 朝刊 14面 ヒットのクスリ 24年消費を占う(上) 「推しの子」世界に知人カフェ トキを超える没入価値
2024年01月11日 日経産業新聞 朝刊 5面 没入感で若者・訪日客狙う 大阪の「ひらかたパーク」 期間限定「イマーシブシアター」

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2024年02月号 静岡経済研究所 調査月報 33P 若年層の消費スタイルにみる、コト消費の未来
2024年02月12日 日経MJ 5面 大丸梅田店、若者ら狙い「キャラの聖地」、近鉄百はサブカル催事場1.5倍
2024年02月08日 DIAMOND online 就職先はマグロ漁船!カラオケはサビだけ…若者の「タイパ至上主義」はここまで来た

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る