高齢者のQOL(生活の質)

男女とも平均寿命が80歳を越える高齢社会においては、さらに寿命をのばすことではなく、健康寿命をのばし、よりよい生活をおくるといった生活の質が求められています。この「高齢者のQOL(生活の質)」の一覧では、高齢者の生き方、住まい方、、ワークラーフバランス、生活課題について分析し、提言を行います。

年で絞り込む

2019年05月10日

高齢者による運転免許返納の都道府県差 ~団塊世代の免許保有率は高く、今後高齢ドライバーは増加する

61492_ext_03_0_S.jpg

高齢ドライバーの操作ミスが原因と思われる交通事故への注目が高まり、対策として、運転免許の自主返納が進められている。本稿では、自主返納の地域差、およびその他...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年04月23日

政策指標としての「健康寿命」が抱える課題

61417_ext_03_0_S.jpg

2018年10月、厚生労働省は「2040年を展望した社会保障・働き方改革」を掲げ、多様な就労・社会参加の環境整備、健康寿命の延伸、医療・福祉サービスの改革...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年03月22日

高齢者による運転免許返納率の都道府県差

61145_ext_03_0_S.jpg

警察庁の「運転免許統計」によると、2017年に運転免許を自主返納したのは、およそ42.4万人(75歳以上が25.4万人)と、2016年と比べると7.8万人...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年03月07日

65歳の人が、今後“健康”でいられる期間は? ー人生100年時代は、「健康寿命」ではなく「健康余命」で考える

60984_ext_03_0_S.jpg

日本は諸外国と比べても、寿命が長い国の1つであり、今なお、平均寿命は延び続けている。しかし、“健康”で長生きすることが多くの人の願いであり、最近では、「健...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年03月05日

歩道領域の自動運転システム開発へ-利用者のラストマイルを支援しQOLを向上-

61010_ext_03_0_S.jpg

近年、カーシェアリングや配車サービスなどの普及、さらに自動運転車の開発・実証試験に続きMaaS(マース)という新しい概念の移動サービスが世界的にも注目され...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2019年02月07日

健康寿命が延びたら国の医療費を削減できるの?

58037_ext_03_0_S.jpg

健康寿命への関心が高まっています。健康寿命への関心が高まっています。「健康寿命の延伸」は、骨太方針2018においても、目標として掲げられ、特定健診(いわゆ...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2019年01月15日

65歳の人が、今後“健康”でいられる期間は?~人生100年時代は、「健康寿命」ではなく「健康余命」で考える~

60569_ext_03_0_S.jpg

日本は諸外国と比べても、寿命が長い国の1つであり、今なお、平均寿命は延び続けている。しかし、“健康”で長生きすることが多くの人の願いであり、最近では、「健...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2018年12月20日

「定年退社」します!-「生涯現役」という人生の「道楽」

60403_ext_03_0_S.jpg

政府の未来投資会議は、希望する高齢者がより長く働けるように企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明した。働く高齢者を増やすことで人手不足...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年12月18日

超高齢社会の深化で必要性高まる多彩なハイテク福祉機器-「H.C.R.2018」の開発最前線に見るアートやICT、IoTの活用-

60385_ext_03_0_S.jpg

2018年10月中旬に第45回国際福祉機器展2018(主催:一般財団法人 保健福祉広報協会)が東京ビッグサイトで開催された。3日間の会期で約12万人の来場...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

2018年11月28日

「人生100年時代」の暮らし方-どう過ごす?! 定年後の「10万時間」

60215_ext_03_0_S.jpg

2017年の日本人の平均寿命は男性81.09歳、女性87.26歳。近い将来、「人生100年時代」が訪れるという。百歳高齢者表彰が始まった昭和38年の百歳以...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年10月30日

運動したら、健康になれるの?

59982_ext_03_0_S.jpg

日ごろの体調や生活習慣に関する最大の課題が「運動不足」である。肥満防止、ストレス解消、高齢期の運動機能の維持など、運動には様々な役割があることが知られてお...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2018年10月23日

「幸せ」実感できぬ社会-豊かな時代のあらたな課題

59947_ext_03_0_S.jpg

東京オリンピックまで2年を切った。前回の1964年大会当時、日本は高度経済成長の真只中にあり、東海道新幹線の開業や首都高速道路の開通に沸いていた。あれから...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年10月19日

人工透析の増加-慢性腎臓病の早期発見は進むか?

59910_ext_03_0_S.jpg

日本では、慢性腎臓病の患者の増加に伴い人工透析が増えている。人工透析は、透析にかかる時間や手間の点から、患者のQOL(生活の質)に大きな影響を与えている。...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2018年09月25日

加齢による「身体感覚」の劣化-「空気を読めない」高齢者にならないために!

59680_ext_03_0_S.jpg

内閣府『平成29年版高齢社会白書』によると、2012年の日本の認知症患者数は約462万人、団塊世代が後期高齢者になる2025年には700万人程度にのぼり、...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年08月28日

定年後「10万時間」の使い方-地域社会への「再就職」を考えよう!

59465_ext_03_0_S.jpg

総務省『平成28年社会生活基本調査』から65歳以上の高齢者の生活時間をみると、1次活動(睡眠、食事など)が11時間38分、2次活動(仕事、家事関連など)が...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年07月24日

「人生100年時代」の憂慮-長寿は「結果」であり、「目的」ではない、と思う。

59150_ext_03_0_S.jpg

近い将来、日本は「人生100年時代」を迎えるという。日本社会では長寿時代に向けて、長くなった人生を全うするために教育、雇用、社会保障などのあり方が見直され...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年07月09日

運動したら、健康になれるの?

58036_ext_03_0_S.jpg

日ごろの体調や生活習慣に関する最大の課題が「運動不足」である。肥満防止、ストレス解消、高齢期の運動機能の維持など、運動には様々な役割があることが知られてお...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2018年05月09日

定年後の「孤立」リスクー求められる現役時代の「個立」ー

58558_ext_03_0_S.jpg

定年後の3大リスクは、「お金」、「健康」、「孤立」ではないだろうか。高齢期の暮らしを支えるために経済面では年金制度が、健康面では医療・介護保険制度がある。...

続きを読む

土堤内 昭雄
2018年05月01日

健康寿命の都道府県格差

58573_ext_03_0_S.jpg

今年3月、厚生労働省から2016年の都道府県別健康寿命が公表された。現在、国では、平均寿命の延伸とそれを上回る健康寿命の延伸、および地域差縮小を目標とした...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

2018年03月29日

もっと知ろう!福祉用具や介護ロボットのこと-国際福祉機器展や福祉用具のセミナーに参加してみよう-

58273_ext_03_0_S.jpg

英国の世界的な物理学者スティーヴン・ホーキング博士(76歳)が3月14日(現地時間)に亡くなった。博士は「車いすの物理学者」として世界的に知られ、難病(A...

続きを読む

青山 正治

青山 正治

社会研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

高齢者のQOL(生活の質)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者のQOL(生活の質)のレポート Topへ