2020年07月09日

2020年度特別調査:新型コロナによる暮らしの変化に関する調査

生活研究部 主任研究員   久我 尚子
生活研究部 主任研究員   井上 智紀
生活研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   金 明中
保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

ニッセイ基礎研究所では、新型コロナウイルスの感染拡大によって暮らしが激変する中で、全国の15~69歳の男女2,400名に対して、消費行動や働き方、生活意識、今後の予測などについて、継続的に調査を行っています。

ウィズコロナ、アフターコロナの生活はどう変わっていくのでしょうか。

こちらのページでは、各回の調査結果と調査データを用いたレポートを掲載しております。

調査結果

第3回 調査結果

第2回 調査結果(2020年10月掲載予定)

第1回 調査結果(2020年7月9日公表)
調査目的:
新型コロナウイルスの感染拡大によって暮らしが激変する中で、消費行動や働き方、生活不安などの状況を把握し、ウィズコロナ/アフターコロナの行動を予測する。
調査時期:
2020年6月26日~29日(今後、継続して実施予定)
調査対象:
全国の20~69歳の男女(株式会社マクロミルのモニター)


<この調査に関するお問い合わせ先>
 pr_corona@nli-research.co.jp
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
83_ext_01_0.jpeg

生活研究部

久我 尚子
(くが なおこ)

40_ext_01_0.jpg

生活研究部

井上 智紀
(いのうえ ともき)

32_ext_01_0.jpg

生活研究部

金 明中
(きむ みょんじゅん)

54_ext_01_0.jpg

保険研究部

村松 容子
(むらまつ ようこ)

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年度特別調査:新型コロナによる暮らしの変化に関する調査】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年度特別調査:新型コロナによる暮らしの変化に関する調査のレポート Topへ