2022年12月27日

コロナ禍における移動の現状~移動総量は最大1割減で推移。20歳代は外出のハードルが益々高く~

生活研究部 准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 坊 美生子

文字サイズ

■要旨

政府がコロナ対策を「社会経済活動との両立」に舵を切り、厳しい行動制限が行われなくなった今夏以降、マクロの移動総量は概ね、コロナ前と比べて最大1割マイナスの範囲を推移している。1~2年前に比べれば、社会経済活動の回復基調に伴って、減少幅が縮小したと言える。残った「マイナス1割」には、行動制限がなくても自ら外出を抑制する「不活発層」と、ライフスタイルが変容したために外出習慣が無くなった「バーチャル活動層」がいると考えられる。もともと若者の外出率は近年、低下していたところに、コロナ禍でそれが加速し、バーチャル活動層が増えたと考えられる。このような消費者の現状に対して、対面型サービス業や観光業など、移動を求める業態には、これまで以上に、現場やその地域でしか味わえない「移動による感動体験」を提示することが求められているのではないだろうか。

■目次

1――はじめに
2――移動の総量の現状
  1|国内におけるコロナ禍の移動人口の動向
  2|長期推移でみた外出率の変化
  3|個人の外出頻度の変化
3――移動手段の利用状況
4――まとめ
Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
中高年女性の雇用と暮らし、高齢者の移動サービス、ジェロントロジー

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍における移動の現状~移動総量は最大1割減で推移。20歳代は外出のハードルが益々高く~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍における移動の現状~移動総量は最大1割減で推移。20歳代は外出のハードルが益々高く~のレポート Topへ