基礎研レポート

ニッセイ基礎研究所の各研究分野における研究成果を公表するレポート。

年で絞り込む

2019年03月19日

事業承継税制の活用と、円滑な事業承継に向けたいくつかの方策

61123_ext_03_0_S.jpg

近年、わが国において高齢化が進む中で、次世代にいかに円滑に事業を受け継がせていくかということが、課題となっている。そのために国としても様々な支援措置を用意...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2019年03月11日

インドの生命保険業界及び主要会社の状況-2017年度の決算数値を踏まえての成長性・効率性・収益性・健全性等の動向-

61063_ext_03_0_S.jpg

インドの生命保険市場全体の状況については、これまでもいくつかのレポートで報告してきた。インドの保険監督当局であるIRDAI(Insurance Regula...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2019年03月08日

裁量的な財政政策の効果?-平成を振り返り、次の景気後退に備える

61050_ext_03_0_S.jpg

次に景気後退が起きたら何ができるだろうか。Brexitや貿易戦争といった不確実性の高まりが指摘される中、各国経済は景気循環的にも景気後退を意識せざるを得な...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2019年03月04日

個別銘柄投資が難しい理由~ビギナーズ・ラックが続かないわけ~

60989_ext_03_0_S.jpg

個別銘柄投資は特定の企業の株式(銘柄)に投資する身近な資産運用の一つであるが、難しいことが一般的に知られている。個別銘柄投資が難しい理由として、当たり外れ...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮

金融研究部

2019年02月27日

生産緑地を借りるのは誰?-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その2)

60966_ext_03_0_S.jpg

前回のレポート、その1では、生産緑地法の主たる従事者要件と都市農地貸借法の認定要件を解説した。その2では、都市農地貸借法に基づき生産緑地を借りる事業主体を...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2019年02月27日

デジタル・プラットフォーマーの規制論~成長か規制か

60967_ext_03_0_S.jpg

GAFAに代表されるデジタル・プラットフォーマーは、多くの利用者に便益を与える一方、独占化や寡占化が進みやすいという特徴を有し、世界的にその弊害を懸念する...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2019年02月20日

都市農地貸借の要件-都市農地の貸借円滑化法施行の効果と課題(その1) 

60937_ext_03_0_S.jpg

昨年9月に、都市農地の貸借の円滑化に関する法律(以下、都市農地貸借法)が施行された。法の詳細は2018年2月のレポートで解説したところであるが、その時点で...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2019年02月20日

働く女性のメンタルヘルス-何より経済・体力・時間の余裕のなさが悩みやストレスを増やす。若いと独身、40代以上は既婚者で悩みは多い?

60934_ext_03_0_S.jpg

働く女性が増えているが、男女の管理職比率や賃金における格差、仕事と家庭の両立の難しさなど、女性の就労環境には課題は多く、悩みやストレスを抱えながら働く女性...

続きを読む

久我 尚子

久我 尚子

生活研究部

2019年02月19日

不動産開発と容積率について考える

60924_ext_03_0_S.jpg

不動産開発とは、新しい建物を建てて街づくりをすることの総称で、そのうち既存の建物を取り壊して新しい建物を建築することを建替え、これまで有効利用されていなか...

続きを読む

渡邊 布味子

渡邊 布味子

金融研究部

2019年02月18日

都道府県別にみた宿泊施設の稼働率予測~インバウンド拡大に伴うホテル建設が進み、一部地域では供給過剰も~

60899_ext_03_0_S.jpg

訪日外国人は、2018年に3,000万人を突破した。政府は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人を目指しており、今後も増加が見込まれる。訪...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2019年02月18日

認知症・相続対策としての民事信託-成年後見制度を補完する可能性としての信託

60897_ext_03_0_S.jpg

家族が認知症になってしまった場合においては成年後見制度が唯一の対応する法制度であるが、成年後見人選任に当たって家庭裁判所の審判を要するなどハードルが高い。...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2019年02月12日

住宅資産を老後資金に-転居せずに老後資金の不足を補う新たな方法を考える

60854_ext_03_0_S.jpg

人生100年を前提にすると、老後の生活資金として2,500万円程度用意する必要がある。しかし、大部分が退職一時金を受け取っているであろう60~69歳世帯で...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2019年02月08日

社会保障関係法の「自立」を考える-映画『こんな夜更けにバナナかよ』を一つの題材に

60822_ext_03_0_S.jpg

社会保障における自立とは何か――。現在、公開されている映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』を観て、そんなことを強く感じた。これは筋ジストロフィーの...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2019年01月31日

研究学園都市が挑む、「つくば市スタートアップ戦略」

60737_ext_03_0_S.jpg

日本のベンチャーは「東京一極集中」の傾向が強い中ではあるが、いくつかの地方自治体において、革新的なベンチャー企業を創出し育成しようという取り組みが見られる...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2019年01月23日

2019年度年金額改定の意味- 消費税増税前に調整の“ツケ”を解消し、健全化ペースが回復

60608_ext_03_0_S.jpg

2019年1月18日に、2019年度の公的年金額が前年度と比べて+0.1%増額されることが発表された。物価や賃金が上昇している中で小幅の伸びにとどまったが...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2019年01月22日

あなたの‘信用’、何点ですか?―中国12都市をモデルに進む「社会信用システム」とは?

60596_ext_03_0_S.jpg

中国政府は2020年までに、国民の社会秩序の向上を目指す「社会信用システム」の構築を目指している。アリババのゴマスコアなど商用の信用偏差値とは別の、国によ...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2019年01月15日

サクセッションプランニングの焦点-後継者計画の課題は決め方より育成にある

60565_ext_03_0_S.jpg

2018年6月の「コーポレートガバナンス・コード(以下、コード)」の改訂によって、サクセッションプランニング(後継者計画)が改めて企業の懸案事項となった。...

続きを読む

江木 聡

江木 聡

金融研究部

2019年01月11日

米中対立と習近平経済学(シーコノミクス)

60555_ext_03_0_S.jpg

習近平政権が誕生した2012-13年の中国経済は、改革開放後に始めた成長モデルの成功で世界第2位の経済大国になっていたものの、その成長モデルが限界に達し「...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2019年01月09日

2019年度の社会保障予算を分析する-費用抑制は「薬価頼み」「帳尻合わせ」が継続

60529_ext_03_0_S.jpg

平成最後となる2019年度政府予算案が昨年12月21日に閣議決定された。社会保障関係費の増加や消費税引き上げの影響を緩和する経済対策などで歳出が膨らんだ結...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2019年01月08日

60歳を迎えて老後の生活資金を考える-お得な年金受取方法と資産運用とは何か-

60495_ext_03_0_S.jpg

年金の受取り方と老後の資産運用をどうすべきかについて、会社員や公務員を主な対象に、基本的なことに関しての考え方について私見を述べていきたい。まず、厚生年金...

続きを読む

安孫子 佳弘

安孫子 佳弘

金融研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

基礎研レポートのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

基礎研レポートのレポート Topへ