松澤 登

保険研究部 取締役 研究理事

松澤 登(まつざわ のぼる)

研究・専門分野
保険業法・保険法、企業法務

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 保険業法・保険法、企業法務
自己紹介 身近でありながら、実はよくわからないことも多い「生命保険」。「生命保険」をとりまく法環境をわかりやすく情報発信します。
具体的には日本生命での調査部課長・法務室長としての勤務経験を活かし、保険業法・保険法を中心として、企業法務一般について最新状況をトレースし、分析の上で適時に解説することを心がけてまいりたいと考えています。
経歴 1985年 日本生命保険相互会社入社
 2014年 ニッセイ基礎研究所 内部監査室長兼システム部長
 2015年4月より生活研究部部長兼システム部長
 2018年4月より現職

松澤 登のレポート

2018年11月26日

保険法早わかりシリーズ第一回-入門、告知義務

60190_ext_03_0_S.jpg

生命保険商品に加入する際には、他の類似する金融商品とは異なる手続きが必要となる。すなわち、生命保険契約に加入しようとする者は保険会社に対して一定の情報提供...

続きを見る

2018年11月07日

家族が認知症になったらー成年後見制度を見てみる

60053_ext_03_0_S.jpg

認知症が重度になると判断能力が衰え、重要な契約などが当人ではできなくなる。そのときのために用意されている法的な制度が成年後見である。成年後見制度には家庭裁...

続きを見る

2018年09月26日

家族が認知症になったら-成年後見制度を見てみる

59688_ext_03_0_S.jpg

厚生労働省の資料によれば、2012年では認知症高齢者数が462万人と、65歳以上の高齢者の約7人に1人(有病率15.0%)であったが、2025年には約5人...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る