有村 寛

保険研究部 上席研究員 兼 気候変動リサーチセンター 気候変動調査部長

有村 寛(ありむら ひろし)

研究・専門分野
保険商品・制度

  • Xでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェアする

03-3512-1822

取材・講演依頼

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 保険商品・制度
自己紹介

グローバル化が進行する中、内外の保険商品・保険制度について調査・研究を行い、情報提供・提言等を行うことにより、わが国保険業界の発展に貢献するとともに、それらについて、一般向けにわかりやすく情報発信して参りたいと考えております。

経歴 【職歴】
1989年 日本生命入社
1990年 ニッセイ基礎研究所 総合研究部
1995年以降、日本生命にて商品開発部、法人営業企画部(商品開発担当)、米国日本生命(出向)、企業保険数理室、ジャパン・アフィニティ・マーケティング(出向)、企業年金G等を経て、2021年 ニッセイ基礎研究所へ、2023年7月より現職

有村 寛のレポート

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

有村 寛のパブリシティ

著書

  • アジアの生命保険市場II-パンデミックを踏まえた発展・変容と将来展望
    アジアの生命保険市場II-パンデミックを踏まえた発展・変容と将来展望
    著者:
    ニッセイ基礎研究所(編)
    出版社:
    文眞堂
    発行年月:
    2022年10月
    定価:
    ¥3,850(税込)

     

    ※当研究所、三尾幸吉郎・片山ゆき・中村亮一・斉藤誠・松岡博司・松澤登・金明中・有村寛が執筆。


    経済成長の中、アジアの生保市場は発展・変容し続けている。コロナ禍での負の影響だけではなく、消費者のリスク・保険ニーズの意識の向上、商品・販売面での的確な対応、保険企業の経営の近代化・高度化とデジタル化の促進という観点で大きな転換点に立っている。アジアの主要な生保市場の動向・変化の重要点をニッセイ基礎研究所が分析・解説。

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2022年10月06日 令和4年度第1回研究会 「新型コロナウイルスと入院給付金支払」 慶應義塾保険学会

講演・学会報告をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2023年10月 保険研究 第75集(2023年) 147-168P 新型コロナウイルスと入院給付金支払い
2022年07月号 生命保険経営 102-140P アジア、新型コロナにより消費者は家計や健康を懸念

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

週間アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る