岩﨑 敬子

保険研究部 研究員

岩﨑 敬子(いわさき けいこ)

研究・専門分野
災害復興、金融・健康行動、メンタルヘルス、ソーシャル・キャピタル

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 災害復興、金融・健康行動、メンタルヘルス、ソーシャル・キャピタル
自己紹介

メンタルヘルスや心理的特性、ソーシャル・キャピタルといった視点から、災害復興や、金融・健康行動について、計量分析を行っています。行動経済学をはじめとして、公衆衛生学、社会学、人類学など、様々な分野の視点を取り入れた実証研究で、社会的なセーフティーネットの形成や、人々の生活の質、幸福感の向上につながる政策的示唆を発信していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2010年 株式会社 三井住友銀行
 2015年 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員
 2018年 ニッセイ基礎研究所 現職

【加入団体等】
 日本経済学会、行動経済学会、人間の安全保障学会
 博士(東京大学、国際貢献)

岩﨑 敬子のレポート

2021年05月12日

他人の幸せの為に行動すると、幸せになれるのか? -利他的行動の幸福度への影響の実験による検証

他人の幸せの為に行動すると、幸せになれるのだろうか。世界各国で、寄付のように他人に利益を与える行動をする人は、幸福度が高い傾向があることが示されている。こ...

続きを見る

2021年03月29日

「最強」制裁継続でさらに深刻化するイランの人々の暮らし

2015年にイランとEU3(英国、仏国、ドイツ)+3(米国、ロシア、中国)の間でイラン核合意が結ばれ、本合意は国連の安全保障理事会で承認された。この合意は...

続きを見る

2021年03月26日

他人の幸せの為に行動すると、幸せになれるのか?―利他的行動の幸福度への影響の実験による検証―

他人の幸せの為に行動すると、幸せになれるのだろうか。世界各国で、寄付のように他人に利益を与える行動をする人は、幸福度が高い傾向があることが示されている(A...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

岩﨑 敬子のパブリシティ

著書

  • 福島原発事故とこころの健康-実証経済学で探る減災・復興の鍵
    福島原発事故とこころの健康-実証経済学で探る減災・復興の鍵
    著者:
    岩崎 敬子(著)
    出版社:
    日本評論社
    発行年月:
    2021年03月
    定価:
    ¥3,520


    ※当研究所岩﨑敬子が執筆。


    震災後10年。福島県双葉町の人々に寄り添い調査してきた著者が、実証分析で災害の影響からこころを守るためのエビデンスを示す!

著書をもっと見る

講演・学会報告

講演日 講演タイトル 主催
2021年02月18日 "Happiness Makes Workers More Productive:Evidence from Large-Scale Experiments" Western Economic Association International
2021年01月04日 “Happiness Makes Workers More Productive:Evidence from Large-Scaled Experiments” American Economic Association (全米経済学会)
2020年12月13日 “Happiness Makes Workers More Productive:Evidence from Large-Scaled Experiments” 行動経済学会

講演・学会報告をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年11月 日精診ジャーナル 第249号 9-15P 通勤時間と幸福度、果たして在宅勤務は幸せなのか
2019年06月号 Journal of The Japanese and International Economies 78-89P Verifying reference-dependent utility and loss aversion with Fukushima nuclear-disaster natural experiment

雑誌等掲載をもっと見る

受託実績

年度 タイトル
2019年度

愛媛県子どもの生活実態調査
子どもにかかわる総合的な計画として愛媛県が策定する「えひめ・未来・子育てプラン(後期計画)」(計画期間:2020年度~2024年度)の検討にあたり実施された、愛媛県の全ての公立小学校2年生、5年生、中学校2年生、県立高校2年生とその保護者、3歳児検診保護者を対象とした、国の調査レベルの規模ともいえる大規模アンケートをもとに作成されている。
アンケートは全公立ならびに県立校を対象としたため、愛媛県全自治体・教育委員会の協力のもと、県と全市町が綿密に連携し、子どもの安全・安心な回答環境と回収率の向上に尽力した。
本報告書は、子どもの生活状況、現在の幸福度、将来展望や子育て家庭が抱える不安・心配事などを把握し、愛媛の子どもたちが自信と希望をもって成長し、未来に向かってチャレンジするために必要な取組みや重点施策等の参考資料とすることを目的として作成された。

※ 内容につきましては委託機関へお問合せください。
  愛媛県のホームページにて報告書全文公開
  https://www.pref.ehime.jp/h20300/kodomo_tyousa/gaiyou.html

愛媛県

  • 公開中

受託実績をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る