前山 裕亮

金融研究部 准主任研究員

前山 裕亮(まえやま ゆうすけ)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 株式市場・資産運用
自己紹介

国内株式を中心に資産運用の調査、研究をしています。
銀行預金の利息では、普段何気なく利用して引き落とされてしまうATM時間外手数料やコンビニATM利用手数料すらもまかなうのが大変な状況が続いており、個人でも銀行預金以外の資産運用を考える必要性が高まっています。
資産運用に役に立つ情報を分かりやすく発信できればと考えております。

経歴 【職歴】
 大和総研、大和証券キャピタル・マーケッツ(現大和証券)、イボットソン・アソシエイツ・ジャパンを経て2014年10月より現職

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会検定会員

前山 裕亮のレポート

2021年02月05日

テーマ型もインデックス・ファンドで?~2021年1月の投信動向~

2021年1月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国株式に6,900億円もの大規模な資金流入があった。...

続きを見る

2021年02月03日

コロナ・ショックの後遺症がみられるバランス型投信

2020年は外国株式投信を中心に投信販売は総じて堅調であったが、バランス型投信の販売動向にはコロナ・ショックの影響がみられ、ショック後に投資を見送る、もし...

続きを見る

2021年01月07日

外国株式ファンドが投信販売を牽引~2020年12月の投信動向~

2020年12月の日本籍追加型株式投信(ETFを除く。以降、ファンドと表記)の推計資金流出入をみると、外国株式に6,000億円に迫る資金流入があり、11月...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

TV出演

放送日 内容 番組名
2021年02月09日 3日続伸 利益確定売りも NHK-BS1 「東京マーケット情報」
2021年02月05日 2020年の投信市場の振り返り 日経CNBC 「朝エクスプレス」
2020年12月29日 2万7,000円回復 バブル後最高値更新 NHK-BS1 「東京マーケット情報」

TV出演をもっと見る

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル
2020年11月25日 日本経済新聞 朝刊 17面 注目リポートから リスク調整型投信に資金流入
2020年07月22日 日本経済新聞 朝刊 19面 つみたてNISA、5割増
2020年03月05日 読売新聞 朝刊 7面 相場の「変動幅」膨らむ

新聞掲載をもっと見る

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル
2021年02月08日 finasee 投信ウオッチャーが分析 ! 2020年の投信市場振り返り&2021年のキーワード
2021年02月09日号 週刊エコノミスト 33P 特集│ポストコロナの投信選び つみたてNISA 「1年で売却」2割も 長期投資は根付くか
2020年12月07日 ニッキン投信情報 6-7P テーマ型株式インデックスファンドの特徴と注意点

雑誌等掲載をもっと見る

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る