森下 千鶴

金融研究部 研究員

森下 千鶴(もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 株式市場・資産運用
自己紹介

株式市場を中心に資産運用の調査、研究をしています。
トレーダーとしての実務経験を活かし、株式市場の動向を分析し、みなさまの資産運用に役立てていただける情報発信を心がけます。
合わせて、コーポレートガバナンス・コードの導入や、取引所の市場構造見直しなど、制度の変化による株式市場や企業経営への影響についても注目していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2006年 資産運用会社にトレーダーとして入社
 2015年 ニッセイ基礎研究所入社
 2020年4月より現職

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会検定会員
 ・早稲田大学大学院経営管理研究科在学中(MBA、ファイナンス専修)

森下 千鶴のレポート

2021年11月22日

ESG関連ファンドの動向~一過性の投資テーマで終わらないために大切なことは~

環境・社会・ガバナンス(ESG)を意識した運用を行っている投資信託(ESG関連ファンド)が、個人投資家が中心の投信市場でも注目を集めている。2020年以降...

続きを見る

2021年10月13日

株式市場での「解散は買い」のアノマリーは有効か-2000年以降の衆院解散・総選挙と海外投資家売買動向

2021年9月29日の自民党総裁選挙にて岸田文雄前自民党政務調査会長が選出され、10月4日召集の臨時国会にて岸田新内閣が発足した。同日夜に岸田総理は10月...

続きを見る

2021年08月31日

2020年度株式分布状況調査~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~

2020年度株式分布状況調査によると、外国法人等、個人・その他、信託銀行などの保有比率が上昇した一方、事業法人等、都銀等の保有比率が低下した。バブル経済崩...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る