森下 千鶴

金融研究部 研究員

森下 千鶴(もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

自己紹介 経歴

研究分野・専門分野 株式市場・資産運用
自己紹介

株式市場を中心に資産運用の調査、研究をしています。
トレーダーとしての実務経験を活かし、株式市場の動向を分析し、みなさまの資産運用に役立てていただける情報発信を心がけます。
合わせて、コーポレートガバナンス・コードの導入や、取引所の市場構造見直しなど、制度の変化による株式市場や企業経営への影響についても注目していきたいと思います。

経歴 【職歴】
 2006年 資産運用会社にトレーダーとして入社
 2015年 ニッセイ基礎研究所入社
 2020年4月より現職

【加入団体等】
 ・日本証券アナリスト協会検定会員
 ・早稲田大学大学院経営管理研究科在学中(MBA、ファイナンス専修)

森下 千鶴のレポート

2021年08月31日

2020年度株式分布状況調査~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~

2020年度株式分布状況調査によると、外国法人等、個人・その他、信託銀行などの保有比率が上昇した一方、事業法人等、都銀等の保有比率が低下した。バブル経済崩...

続きを見る

2021年07月30日

TOPIXの見直しが指数の騰落率に与える影響は?

東京証券取引所は2022年4月4日付で、現在の5つの市場区分から3つの市場区分(プライム市場・スタンダード市場・グロース市場)に移行する。新市場区分への移...

続きを見る

2021年05月28日

2021年4~5月の企業の業績見通し開示状況と自社株買い動向~業績見通し発表企業数は正常化、自社株買いの設定も回復傾向に~

2021年4~5月の業績見通し発表企業数と自社株買い動向について集計し、2020年4~5月と比較してどのような変化があったのか調べた。2020年4~5月は...

続きを見る

レポートをもっと見る    タイル形式   一覧形式

所属部署

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る