2022年03月25日

コロナ禍における高齢者の移動の減少と健康悪化への懸念~先行研究のレビューとニッセイ基礎研究所のコロナ調査から~

生活研究部 准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任   坊 美生子

新型コロナウイルス 高齢者のQOL(生活の質) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルス感染拡大後、人々の移動が減り、高齢者の健康不安が増したことが、先行研究や、ニッセイ基礎研究のインターネット調査によって分かった。

高齢者にとって、積極的に外出(移動)して他者と交流したり、社会参加したりすることは、これまでの先行研究によって、死亡率低下や認知症予防、介護予防等につながることが示唆されてきた。従って、高齢者にとっては、外出自粛が長期化し、習慣化すれば、生活不活発から健康状態が悪化する恐れがある。今後は、感染予防対策を講じながら、できるだけ日常生活と社会参加を継続する「新しい生活様式」を構築する必要があるだろう。

■目次

1――はじめに
2――コロナ禍による高齢者の移動の減少
  1|コロナ禍による日常生活の変化
  2|高齢者の移動の減少と健康への影響
3――高齢者の外出と心身の健康との関連~先行研究のレビューより~
  1|歩行による死亡率低下や認知症予防への効果
  2|社会参加による死亡率低下や認知症予防への効果
  3|外出頻度の重要性
  4|小括
4――終わりに~高齢者の健康維持を目的とした「新しい生活様式」構築を言
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
ジェロントロジー、交通政策・移動サービス、労働

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍における高齢者の移動の減少と健康悪化への懸念~先行研究のレビューとニッセイ基礎研究所のコロナ調査から~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍における高齢者の移動の減少と健康悪化への懸念~先行研究のレビューとニッセイ基礎研究所のコロナ調査から~のレポート Topへ