2022年03月09日

コロナ禍における人間関係の疎遠化と孤立・孤独

「第7回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」より

生活研究部 准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任 坊 美生子

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染拡大後、外出自粛や外食の減少、在宅勤務やオンライン授業の増加などにより、人と会って話す機会が減り、人間関係が疎遠化している。ニッセイ基礎研究所が昨年12月に実施したインターネット調査によると、コロナ後に、対面コミュニケーションが減った人は約4割、1人で過ごす時間が増えた人は約3割だった。また、コミュニケーションの減少により、孤独や孤立を不安に感じている人は4人に1人の割合に上った。年代別でみると、20歳代では不安を感じている人が最多の約3割に上った。また、孤独や孤立に不安を感じている人は、うつ病や認知機能低下に対しても、不安を抱えている傾向が非常に強いことが分かった。

■目次

1――はじめに
2――コロナ禍における人間関係の変化
  1|コロナ禍におけるコミュニケーションの減少
  2|コロナ禍における人間関係の不安
3――コロナ禍における孤独・孤立
  1|年代別と性別でみた孤独・孤立への不安
  2|孤独・孤立と、うつ病や認知機能低下への不安
4――終わりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部   准主任研究員・ジェロントロジー推進室兼任

坊 美生子 (ぼう みおこ)

研究・専門分野
中高年女性の雇用と暮らし、高齢者の移動サービス、ジェロントロジー

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍における人間関係の疎遠化と孤立・孤独】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍における人間関係の疎遠化と孤立・孤独のレポート Topへ