新着情報

年度で絞り込む

2021年度

公開日 タイトル
2021/12/06

米雇用統計(21年11月)-雇用者数(前月比)は市場予想を大幅に下回った一方、失業率は予想を上回る低下
12月3日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+21.0万人の増加 (前月改定値:+54.6万人)と、+53...続きを読む

2021/12/03

株式インデックス投資の手数料はどのくらいなのか-手数料を引いたら最終残高がどれだけ減るのか
人生100年時代の資産形成には株式インデックスへ積立投資がとても有効である。信託報酬等の手数料がないことを前提に試算したところ、長期的に適切な株式インデッ...続きを読む

2021/12/03

コロナ後はインフレかデフレか
コロナ前には、低インフレ、低金利と低成長を基調とする「長期停滞論」が注目を集めていたが、このところ、米国や欧州ではむしろインフレに対する懸念が強まっている...続きを読む

2021/12/03

2022年はどんな年? 金融市場のテーマと展望
2021年のこれまでの市場を振り返ると、日本株は一進一退が続いて総じて上値の重い展開となり、ドル円は大幅な円安ドル高となった。米経済が順調に回復し、インフ...続きを読む

2021/12/03

ブラジルGDP(2021年7-9月期)-2四半期連続のマイナス成長に
7-9月期の実質GDP伸び率は前期比▲0.1%(季節調整値、年率換算▲0.4%)となり、昨年7-9月期(前期比▲0.4%)に続いて2四半期連続のマイナス成...続きを読む

2021/12/03

ユーロ圏失業率(2021年10月)-失業率は6か月連続で低下、7.3%に
ユーロ圏の10月の失業率は7.3%と前月の7.4%から低下した。また、前月までの改定値もほぼ変更がなく、ほぼコロナ禍前の水準まで回復している。失業者数は1...続きを読む

2021/12/03

分配なくして成長なし
今秋の衆院選における政策議論の中で「分配なくして成長なし」という主張が、与野党双方から類似した形で聞かれた。新型コロナの影響だけでなく、少子高齢化によって...続きを読む

2021/12/03

2022年の米利上げは最大1回か
米FRBがテーパリングを開始し、今後の焦点は正常化の次のステップである「利上げ」に移った。カギを握るのはインフレと雇用だ。パウエル議長が「高インフレは一時...続きを読む

2021/12/03

J リート市場のNAV倍率と不動産価格の騰落率を考える
Jリート市場のNAV倍率とその後の不動産価格の騰落率をみると、両者の間に高い相関関係を確認することができる。また、Jリート市場が持続的成長を実現するには、...続きを読む

2021/12/01

無理数について(その1)-無理数同士や有理数との四則演算結果はどうなっているのだろう(πとeの和・積は無理数なのか)-
今後の複数回の研究員の眼では、無理数に関する話題について紹介したい。まずは今回の研究員の眼では、無理数の定義や区分と無理数同士や有理数との四則演算結果等に...続きを読む

2021/12/01

世界各国の金融政策・市場動向(2021年11月)-オミクロン株で株安・ドル高
11月はFRBの公開市場委員会(FOMC)が開催された。FRBは事前の予想通り、量的緩和策の縮小(いわゆるテーパリング)を決定し、12月まで毎月債券購入額...続きを読む

2021/12/01

年末ジャンボ どう狙う?-2つのくじのポートフォリオの考え方
年末の風物詩の1つとしてジャンボ宝くじはすっかり定着している。今年は年初からコロナ禍が続き、さまざまなイベントが延期・中止・縮小された。それだけに、年末ジ...続きを読む

2021/12/01

法人企業統計21年7-9月期-利益、設備ともに改善の動きが一服
財務省が12月1日に公表した法人企業統計によると、21年7-9月期の全産業(金融業、保険業を除く、以下同じ)の経常利益は前年比35.1%(4-6月期:同9...続きを読む

2021/12/01

ユーロ圏消費者物価(11月)-統計データ公表以来の伸び率を記録
11月のHICP上昇率(前年同月比)は全体で+4.9%となり、統計データが公表されている1997年以降で最も高い伸び率を記録した。また、「コア部分(=エネ...続きを読む

2021/11/30

今週のレポート・コラムまとめ【11/16~11/22】:子育て世帯の給付金の使い道-更なる10万円給付、子どものための消費か貯蓄か
■先週のアクセスランキング■新着レポート本数:13本続きを読む

2021/11/30

顕在化する米インフレリスク-消費者物価は31年ぶりの水準に上昇。インフレは来年以降の低下予想も、長期間高止まりする可能性
米国では10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比+6.2%となったほか、個人消費支出(PCE)価格指数も+5.0%と、いずれも1990年以来31年ぶり...続きを読む

2021/11/30

日本年金機構をめぐる不祥事のほか、積立金に関する前財相の発言も話題に-「年金」を含むツイートに含まれるリンクの基礎分析(2021年10月)
ツイートには、熟考の上で投稿されたもの、反射的に投稿されたもの、宣伝、広報、プログラムによって投稿されたものなど、様々なものが混在している。そこで本稿では...続きを読む

2021/11/29

SDGs債への取組みに際して~様々なラベルの意義などを考える~
ESGやSDGsといった概念を前面に持って来た債券の募集が増えている。世界的には、発行体は国、地方公共団体、金融機関、民間企業など様々である。SDGs債と...続きを読む

2021/11/29

ふるさと納税のポイント問題-問題の本質はどこにあるのか
ふるさと納税の仲介サイトを運営する事業者(以下、仲介業者)が過度なポイント還元に関する自主規制を設ける動きに対し、過度なポイントは問題であるとコメントした...続きを読む

2021/11/26

韓国の新規感染者数が初の4000人超え-なぜ、韓国では新規感染者数が増加し続けているのか?
日本では新型コロナウイルス感染症の1日あたりの新規感染者数(以下、新規感染者数)が二桁まで減少していることとは対照的に、韓国では新規感染者数が爆発的に増加...続きを読む

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る