新着情報

年度で絞り込む

2021年度

公開日 タイトル
2021/08/02

株価の日米格差は縮小へ ワニの口は年内に閉じる
株価の日米格差が拡大している。日経平均株価は今年2月に一時3万円を回復した後、軟調な展開が続き7月末までに約10%下落した。一方、米国では主要株価指数が7...続きを読む

2021/08/02

世界各国の金融政策・市場動向(2021年7月)-中国では規制強化で株価が大幅下落
まず、主要地域の金融政策を見ていく。7月は6月に続いて日本・米国・ユーロ圏で決定会合が開催されている。日本では政策手段の変更はなかったが、先月に決定した気...続きを読む

2021/08/02

コロナ禍で注目浴びる在籍型出向-高年齢者の安定した雇用確保のために活用を-
新型コロナウイルスが長期化する中で在籍型出向が注目を浴びている。1980年代後半の在籍型出向は造船、鉄鋼、自動車など製造業同士で多く行われていたが、最近で...続きを読む

2021/08/02

ユーロ圏失業率(2021年6月)-失業率は7.7%、雇用環境の改善が続く
ユーロ圏の6月の失業率は7.7%と前月から低下した。前月までの改定値は5月が7.9%から8.0%と悪化方向にわずかに修正されたのみだった。失業者数は42....続きを読む

2021/08/02

ユーロ圏消費者物価(7月)-再び2%超を記録
7月のHICP上昇率(前年同月比)は全体で+2.2%となり、前月(+1.9%)から再び加速した。一方、「コア部分(=エネルギーと飲食料を除く総合)」は+0...続きを読む

2021/08/02

カナダの生命保険会社に対する資本規制を巡る動向-OSFI(金融機関監督庁)の対応-
カナダの保険監督当局であるOSFI(金融機関監督庁)は、カナダの連邦制によって規制された金融機関と年金制度の健全性規制及び監督に対して責任を負うカナダ政府...続きを読む

2021/08/02

ユーロ圏GDP(2021年4-6月期)-制限緩和で大幅反発
2021年4-6月期の成長率は前期比2.0%(年率換算8.3%)となり、2四半期連続でのマイナス成長から大幅に反発、コロナ禍後のピークであった20年7-9...続きを読む

2021/08/02

米個人所得・消費支出(21年6月)-対面型サービス消費主導で個人消費支出は前月から大幅に増加
7月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は6月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.1%(前月改定値:▲2.2%)と▲2....続きを読む

2021/07/30

2021年4-6月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.5%)を予測~
8/16に内閣府から公表される2021年4-6月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.5%)と2四半期ぶりのプラス成長になったと推計される。緊急...続きを読む

2021/07/30

賃貸マンション市場の動向-収益性安定で着工増、数年後の需給バランスには注意が必要か
コロナ禍の不動産市場では、賃貸マンション、物流施設、開発用地への投資が活発になってきている。なかでも賃貸マンションに対する国内外の機関投資家等の投資姿勢は...続きを読む

2021/07/30

“DXの勝者”が次に目指しているもの~「デジタル×グリーン×エクイティ」の時代
オンラインで開催された世界最大のテクノロジー見本市「CES2021」において打ち出された価値観を3つのキーワードに落とし込むならば、それはデジタル、グリー...続きを読む

2021/07/30

ワクチン接種意向とヘルスリテラシー~情報収集に自信がない人にも納得できる情報開示が必要
医療従事者、高齢者に続き、現役世代においても新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている。しかし、ワクチン接種を希望していない人も一定数いる。特に、新型...続きを読む

2021/07/30

米GDP(21年4-6月期)-前期比年率+6.5%と前期(同+6.3%)から上昇、市場予想(同+8.4%)は下回る
7月29日、米商務省の経済分析局(BEA)は21年4-6月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。4-6月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調整...続きを読む

2021/07/30

TOPIXの見直しが指数の騰落率に与える影響は?
東京証券取引所は2022年4月4日付で、現在の5つの市場区分から3つの市場区分(プライム市場・スタンダード市場・グロース市場)に移行する。新市場区分への移...続きを読む

2021/07/30

鉱工業生産21年6月-自動車生産が急回復
経済産業省が7月30日に公表した鉱工業指数によると、21年6月の鉱工業生産指数は前月比6.2%(5月:同▲6.5%)と2ヵ月ぶりに上昇し、事前の市場予想(...続きを読む

2021/07/30

雇用関連統計21年6月-緊急事態宣言の影響で厳しい状態が続く
総務省が7月30日に公表した労働力調査によると、21年6月の完全失業率は前月から0.1ポイント低下の2.9%(QUICK集計・事前予想:3.0%、当社予想...続きを読む

2021/07/30

中国経済の回復はまだ続くのか?-そのカギを握る4つの注目点
新型コロナウイルス感染症とのこれまでの闘いを振り返ると、中国を発火点に、韓国、欧州・米州・豪州、その他新興国へと拡散して、世界では現在も猛威を振るっている...続きを読む

2021/07/29

治験の概要-臨床試験の現状 (前編)
現代の医療において、臨床試験は必要不可欠なものと位置づけられている。医薬品や医療機器などの品質を維持し、医療の安全性と有効性を担保する手段として、臨床試験...続きを読む

2021/07/29

米FOMC(21年7月)-予想通り、金融政策を維持。声明でテーパリング開始条件の達成に向けた進展を示唆
連邦公開市場委員会(FOMC)が7月27-28日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、現行の実質ゼロ金利、量的緩和政策の維持を全会一致で決定...続きを読む

2021/07/28

ESGのGとは-重要視されるコーポレートガバナンス
ESGを構成するE(環境)、S(社会)、G(ガバナンス)の3つの要素のうち、ガバナンスを最も重視する機関投資家は多いが、上場企業の間でもコーポレートガバナ...続きを読む

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る