調査月報

年で絞り込む

  • 1997年03月01日

    企業内福祉の再構築に向けて-役割の変化を踏まえた課題への実証的アプローチ-

    <要旨>企業内福祉は、経済社会の変化に合わせながら随時修正が重ねられてきたが、今後の少子高齢社会を見据えた社会保障制度体系の再編の進行、あるいは雇用システムの変化や従業員意識の変化等を背景にして、構造的...

    武石 恵美子

  • 1997年03月01日

    経済の動き

    ■見出し1.日本の景気は足もと持ち直し、4月以降足踏みへ2.日本の金融市場では景気の先行き悲観が支配的3.米国景気は堅調、大陸欧州は低調4.為替市場では円安が進行■introduction景気は持ち直し傾向が強まっ...

    経済調査部門

  • 1997年03月01日

    伸びゆくオーストラリアのワイン産業

    ■見出し・はじめに・オーストラリアワインの歴史・オーストラリアワインの国内消費量と急成長の背景・オーストラリアワインの輸出状況・ワイン業界と経済・2025年に向けた展望・おわりに■introduction週末の夜、...

    高野 誠

  • 1997年03月01日

    アジア経済の中の沖縄と台湾

    <要旨>今回行った試算によると、沖縄経済は、基地返還を含む沖縄県・政府の振興策の実施によって、この先約20年にわたって年平均4~5%程度の成長を実現しうる。しかし、公共支出への依存度を全国平均並みに漸減...

    牛越 博文

  • 1997年03月01日

    歴史の活用

    戦後繁栄を続けてきた日本の経済や国力の優位性が翳りをみせている。その原因として、戦後賛美されてきた日本的やり方とか考え方が批判されている。これまでの日本の発展は素晴らしく、「ジャパン アズ ナンバーワン」のように日...

    細見 卓

  • 1997年02月01日

    信用リスクの計量化と管理手法

    <要旨>近年の規制緩和の流れや、不良債権問題、相次ぐ銀行・商社等の巨額損失事件などを通じて、金融機関を中心に、リスク管理の重要性が再認識されつつある。このような環境下で、金融工学の発達を受けて、市場リス...

    室町 幸雄

  • 1997年02月01日

    経済の動き

    ■見出し1.米国経済2.欧州経済・アジア経済3.日本経済4.国内金融・為替■introduction米国景気は、家計部門を中心に減速している。ドイツでは景気回復の初期段階にあり、英国景気は加速している。アジアでは高...

    経済調査部門

  • 1997年02月01日

    カナダの公的年金制度見直しの動きについて

    ■見出しはじめに1.カナダにおける老齢者所得保障制度の概要2.CPP財政悪化の原因3.CPP財政再建に向げた政府提案4.政府提案に対する国民の反応5.その後の動き終わりに■introductionカナダペンションプ...

    清水 敬

  • 1997年02月01日

    都道府県別要介護老人数の推計と介護実態

    <要旨>いったん要介護状態になると24時間365日休み無く介護を続けなければならない。しかし、介護を家庭だけでおこなうには現代の家庭状況から見て困難である。本レポートはこうした視点から、今後どの程度の介...

    岸田 宏司

  • 1997年02月01日

    改革に指導性を

    昨年末、米国のワシントンポスト紙は「日本のスキャンダル」と題する社説を掲げた。その内容は概ね次の通りである。「これまで経済発展してきた日本は、世界で唯一の社会主義的資本主義で成功した国である。官僚が日本の産業の指導...

    細見 卓

関連カテゴリ

アクセスランキング

調査月報のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

調査月報のレポート Topへ