2019年08月26日

外貨建て資産のパフォーマンス評価について-より良い投資選択をする方法-

金融研究部 専務取締役 部長 CFA   安孫子 佳弘

FX 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
  • 日本では低金利が続き、株価も安定しない中、様々な投資家が外貨建て資産への投資でプラスのリターンを獲得しようと努力している。そこで、外貨建て資産のリターンの把握について参考になる方法について紹介したい。
     
  • まず最初に、投資はリスクを取らないとリターンを取ることができないという前提で、期待リターンは以下のような式で表現できる。期待リターンはリスクプレミアムの大きさで決まるという考え方である。
      ○投資リターン = リスクフリーレート + リスクプレミアム
    一方で外貨建て資産のリターン(円建て)は一般的に以下の式のように、外貨建てのリターンと為替単独のリターンの2つのに分解されることが多い。
      ○外貨建て資産リターン(円建て) = 外貨建てでのリターン + 為替リターン
    しかし、この方法では正しい投資意思決定やアロケーション、パフォーマンス分析ができない場合がある。
     
  • そこで紹介したいのが外貨建て資産のリターンを以下の式のようにリスクプレミアムに注目して、2つに分解することである。(1)がリスクプレミアムである。
      (1) 外貨建て資産のリターン(外貨建て)-外貨建てリスクフリーレート(外貨建て)
      (2) 外貨建てリスクフリーレート(外貨建て)+為替リターン
    この2つに分ける方法だと、より良い投資判断、アロケーション、パフォーマンス分析が可能となる。今後、こうしたリスクプレミアムに注目した考え方や手法が投資実務において活用されていくことを期待したい。

■目次

1―― 外貨建て資産のリターンとは何か
2―― 外貨建て資産の外貨リターンと為替リターンに2つに分ける方法の欠点
3―― アセットアロケーションでの活用方法
4―― 一般的なパフォーマンス測定では問題が生じうる
5―― リスクプレミアムに注目したパフォーマンス測定
6―― 最後に
【補足】
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
55480_ext_01_0.jpeg

金融研究部   専務取締役 部長 CFA

安孫子 佳弘 (あびこ よしひろ)

研究・専門分野
資産運用、運用リスク管理

アクセスランキング

レポート紹介

【外貨建て資産のパフォーマンス評価について-より良い投資選択をする方法-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

外貨建て資産のパフォーマンス評価について-より良い投資選択をする方法-のレポート Topへ