2020年12月16日

コロナ禍における生活の変化(1)-「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」からみる生活行動の変化と地域間較差

生活研究部 主任研究員   井上 智紀

このレポートの関連カテゴリ

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウィルス感染症の国内における感染拡大に伴う緊急事態宣言から半年以上が経過した。周知の通り、緊急事態宣言の前後から今日に至るまで、検査体制の拡充もあいまって新規感染者数は7~8月の第二波を超え、足元では第三波の感染拡大の最中にある。この間、我々の生活は従前とは異なるものとなってしまったようにも見受けられる。

新型コロナの感染状況が地域により異なるように、こうした、いわば“ニューノーマル”ともいわれる生活様式にも地域差がみられるかを確認するため、弊社実施の調査より、緊急事態宣言中の4月および各調査時点である6月末、9月末の3時点における生活行動と生活時間について概観した。

その結果、買い物、食事サービス利用、働き方の3つの局面における生活行動および生活時間のいずれについても、緊急事態宣言下の4月および各調査時点である6月末、9月末の3時点における生活行動はそれぞれ様々に変化している上、地域によってもそれぞれ異なっていた。こうした差異は、それぞれの時点、それぞれの地域における感染拡大の状況のほか、キャッシュレス決済やテレワークなどそれぞれの地域固有の特性によっても生じているように思われる。

■目次
1――はじめに
2――買い物行動の変化
  1|増加した買い物行動
  2|減少した買物行動
3――食事サービス利用の変化
  1|増加した食事サービス
  2|減少した食事サービス
4――働き方の変化
  1|増加した働き方
  2|減少した働き方
5――生活時間の変化
  1|増加した生活時間
  2|減少した生活時間
6――結果の総括
Appendix
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

生活研究部   主任研究員

井上 智紀 (いのうえ ともき)

研究・専門分野
消費者行動、金融マーケティング、ダイレクトマーケティング、少子高齢社会、社会保障

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍における生活の変化(1)-「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」からみる生活行動の変化と地域間較差】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍における生活の変化(1)-「新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」からみる生活行動の変化と地域間較差のレポート Topへ