2021年02月03日

新型コロナ接触確認アプリ(COCOA)リリースから半年で利用意向はどうか

第3回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査より

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

厚生労働省による「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」は、1月28日現在、ダウンロード数は2,439万件、陽性登録者数は累計9,653件である。ダウンロード数は日本の人口1憶2千万人に対して20%、陽性者の登録はアプリがリリースされた7月以降の陽性者約36万2千人に対して2.7%程度にとどまっている。利用者数に比べて、陽性登録件数がかなり少ない状況が懸念される。しかしながら、当初に期待されていたほどには活用されていないものの、少しずつ利用は増えているようだ。

本稿では、12月に実施した「第3回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査*」のデータを使って、9月からの3か月でアプリ利用意向に変化はあったか、また、現在アプリを利用していない人について、どういった場面なら利用を検討するか尋ねた結果を紹介する。
 
* 2020年12月19~21日に実施。インターネット調査。対象は、全国に住む20~69歳の男女個人(株式会社マクロミルのモニタ)。有効回答数2,069.


■目次

1――接触確認アプリのダウンロード数は夏以降一定ペースで増加
2――9月からの3か月間で「ぜひ利用したい(もう利用している)」はあまり伸びていない
3――どうなったら利用すると思うか
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナ接触確認アプリ(COCOA)リリースから半年で利用意向はどうか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナ接触確認アプリ(COCOA)リリースから半年で利用意向はどうかのレポート Topへ