2020年10月19日

共働き世帯におけるコロナ自粛中の家事・育児時間の変化~家事・育児時間は男女とも増加。増加割合には男女差。

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナウイルス ワークライフバランス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルスの感染拡大の抑制策として、働き方の見直しや在宅勤務等のテレワーク推進に関する議論がますます活発に行われるようになった。

在宅勤務の導入により、これまで通勤時間や出勤のための身支度に使っていた時間を、子どもや家族と接する時間にあてたり、家事をしながら仕事を進めることができる。内閣府が行った調査1によると、テレワークの利用など、夫の働き方が変化した家庭では、家事・育児での夫の役割が増加する傾向にあったほか、夫の役割が増加した家庭では、今回の新型コロナウイルスの影響による生活満足度の低下幅が、そうでない家庭と比べて小さかった。

しかし、その一方で、コロナ禍による外出制限によって、一時、世界人口の半数にあたるおよそ39憶人が外出を制限される中、ワシントン・ポストのThe Lilyでは、この自粛期間に、学術誌において、男性からの投稿が増えている例がある一方で、女性からの投稿だけが大幅に減っている事例を取り上げ、家庭内で家事・育児の負担が女性に重くのしかかっている可能性を指摘している2

日本は、欧米諸国と比べると外出制限は緩やかだったとされているが、それでも在宅勤務や自宅待機などにより、明らかに人々の外出は減少した。このような中、共働き夫婦の時間の使い方にどのような変化があったのだろうか。ニッセイ基礎研究所が6月末に実施した「第1回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査3」のデータを使って確認する。
 
1 内閣府「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」2020年6月21日(https://www5.cao.go.jp/keizai2/manzoku/pdf/shiryo2.pdf
2 Caroline Kitchener, "Women academics seem to be submitting fewer papers during coronavirus. ‘Never seen anything like it,’ says one editor: Men are submitting up to 50 percent more than they usually would, " The Lily, The Washington Post, 24 April 2020.(https://www.thelily.com/women-academics-seem-to-be-submitting-fewer-papers-during-coronavirus-never-seen-anything-like-it-says-one-editor/
3 2020年6月26~29日に実施。インターネット調査。対象は、全国に住む20~69歳の男女個人(株式会社マクロミルのモニタ)。有効回答数2,062.


■目次

1――雇用されている人の7割は、労働時間がコロナ前と比べて「変わらない~増加した」
  1|分析対象
  2|夫婦ともに雇用されている男女の労働時間の変化
2――労働時間が「変わらない~増加した」人でも2割が出社減少。
  連動して、移動時間は減少、在宅勤務は増加。
3――家族と過ごす時間は4割が増加。家事・育児時間の増加には男女差がある。
  1|家族と過ごす時間、家事時間、育児時間は増加し、買い物時間は減少
  2|女性で休養・くつろぎ時間が増加した割合が高い
  3|家事・育児時間の増加には男女差がある
4――家庭内の家事・育児バランスの見直しも必要。
  1|結果のまとめ
  2|企業における制度拡大にともない、家庭内の役割分担の再考も必要
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療

アクセスランキング

レポート紹介

【共働き世帯におけるコロナ自粛中の家事・育児時間の変化~家事・育児時間は男女とも増加。増加割合には男女差。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

共働き世帯におけるコロナ自粛中の家事・育児時間の変化~家事・育児時間は男女とも増加。増加割合には男女差。のレポート Topへ