2023年04月25日

高齢者の免許返納率の推移

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任 村松 容子

文字サイズ

■要旨

2022年12月末時点で免許保有者の平均年齢は50.5歳で、ここ数年は毎年0.2歳ずつ上昇しており、ドライバーの高齢化も進んでいくと考えられる。警察庁の発表によると、2022年の運転免許証の自主返納者数は44万8,476人で、前年より6万8,564人減少した。このうち、75歳以上は27万3,206人で、前年より5,579人減少した。

本稿では、高齢者の免許返納率の推移と、2022年5月からはじまったサポカー限定免許の取得状況や運転技能検査等の実施状況を紹介する。

■目次

はじめに
1――75歳以上ドライバーの免許返納率は4.48%。昨年より0.24ポイント低下
2――コロナ禍で自家用車の利用が増加。公共交通機関を避ける傾向は継続
3――高齢ドライバーの免許更新制度の見直し
  1|実車での「運転技能検査」実施状況
  2|「サポカー限定免許」への切り替えは今のところ限定的
4――検査対象者の選定、評価基準の継続的な見直しに期待
Xでシェアする Facebookでシェアする

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【高齢者の免許返納率の推移】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者の免許返納率の推移のレポート Topへ