2020年08月18日

感染不安と消費行動のデジタルシフト

第1回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査

生活研究部 上席研究員   久我 尚子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • コロナ禍の消費行動には感染不安が密接に関係していると考えられるが、感染不安は、男性より女性、30歳代、大学生や小学生、乳幼児の子のいる生活者、専業主婦、在宅勤務のしにくい就業者、デジタル化が進行すると考えている消費者ほど強い。
     
  • 感染不安によるデジタルシフトの影響が大きいであろう買い物の状況を見ると、新型コロナ感染拡大前と比べた現在や収束後の利用状況は、スーパーやデパートなどのリアル店舗の利用は「減少」が、キャッシュレス決済サービスやネットショッピングなどのデジタル手段の利用は「増加」が目立つ。
     
  • 女性や30歳代、専業主婦など、おおむね感染不安の強い層で買い物のデジタルシフト傾向は強い。一方で、子育て・就労世代など、コロナ禍でも動かざるを得ない生活者では、感染不安の強さに対してリアル店舗の利用が必ずしも減少していない。
     
  • 今回の事態によって、オンライン診療など、これまでリアル(対面)のみでの対応と認識されていたサービスまで一気にデジタルシフトした。もはやリアル店舗でしか対応していないといった形は、消費者に選ばれにくくなっているのではないだろうか。
     
  • 一方で、デジタルシフトによって、五感を使った臨場感のある消費機会という消費者にとって失われた価値もある。デジタルシフトへの対応は必須だが、全てがデジタルに成り代わるわけではない。リアル店舗は、消費者に対して、どのような付加価値を提供できるのか、店舗の在り方が一層問われるようになっている。

■目次

1――はじめに
 ~感染不安や非接触志向の高まりで加速する消費行動のデジタルシフト
2――コロナ禍の感染不安
 ~低年齢や大学生の子がいる者、専業主婦、在宅勤務がしにくい就業者で強い
3――コロナ禍の消費行動
 ~感染不安でデジタルシフト、子育て・就労世代などは進みにくい状況も
  1|全体の状況~リアル店舗は減少、キャッシュレス決済やネットショッピングは増加が
    目立ちデジタルシフト
  2|属性別の状況~感染不安が強いほどデジタルシフト、子育て・就労世代や高齢者では
    不安が強くてもデジタルシフトが進みにくい状況も
4――おわりに
 ~デジタル対応は必須だが五感を使う消費機会は減少、今後、問われる店舗の付加価値
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   上席研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【感染不安と消費行動のデジタルシフト】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

感染不安と消費行動のデジタルシフトのレポート Topへ